リル・ミア

少女が笑った。天使のような微笑み。美しい金髪が軽やかに揺れる。髪は両側に大きな赤いリボンで止め、柔らかくカールさせている。グリーンのチェックのワンピースを着て、細く白い素肌の手足がそこから伸びる。年の頃は12、3か。一番無邪気で、一番好奇心旺盛な年頃である。

「じゃ、そろそろ死ぬ?」

それは確かに少女の口からこぼれ出た言葉であった。相変わらずにこにこしながら、口ではとんでもないことを言った。

「み…見逃してくれ…あんたがそうだなんて、思わなかったんだ」

少女の手前数メートルのところには、いかにも破落戸といった風体の男が尻餅をついて片手を上げていた。素顔はまあまあのものであろうが、恐怖でひきつり、脂汗を滴らせていた。少女に許しを請うているのだ。

「だァめ。あんたブ男のくせに、リルちゃんに触っちゃったんだもの。死ぬしかないでしょ?」

虫も殺さぬ顔で、少女がいう。男は震え上がった。本気で少女を恐れているのである。

「ひぃぃぃ!! わ、悪かった! 悪かったから頼む!」

涙を流し、両手を合わせて頭を垂れる。必死の請願であった。自分をリルと呼んだ少女は、それを見て思案するように顎に拳をあてがい、もう一方の手を肘に添えた。

「…そうね。やめといてあげよっか」

晴れ上がる男の顔。感動している。瞳はきらきらと輝き、えも言われぬ表情をする。

「あ、ありがてぇ! じゃ、じゃあ…」

途端にリルは右目をウィンクさせて、

「ウ・ソ☆」

言うなり右手を男に向けた。掌からオレンジ色の光線が照射される。

光線は完璧な直線で男に注がれた。

「…!!!!!!!!」

悲鳴はなかった。悲鳴が発生する前に、喉は蒸発していたのである。よほどの高熱だったようだ。代わりに聞こえてくるのは、肉をくすぶるじゅうじゅうというイヤな音。後には吐き気を催させる異臭しか残らなかった。男はその存在を一瞬で地上から消されたのである。

「…ふぅ。やっぱりブ男はクサいわ」

美男なら焼かれても馨しいと言うのだろうか。なんでもないといった表情でリルは衣服をぱたぱたとはたき、そして少しだけ頭をかくと、その場を立ち去ってしまった。

少女の名はリル・ミア。魔術師である。そして、若さの魔法によって肉体年齢を少女のままに保っている邪悪な魔法使い。彼女は魔法の天才であった。齢4つで初めて魔法を操るのを見せ、10を過ぎる頃にはその地で知られる魔法はすべて修得し終えていた。以来彼女は世界をまわり、新たな魔法を創始するとともに既存魔法すべての征服を目論み旅を続けている。彼女と敵対して、無事でいた魔法使いはいなかった。

少女はまた類稀な美しさ、可憐さをも持ち合わせていた。天が誤って二物を与えたのであろう。その容貌から、彼女は多くの男(もちろん、その手の趣味を持った男 - あるいは将来を見越してか)を誘惑してきた。だが彼女には、「面食い」というとてつもない欠点があったのである。並大抵の容姿では、彼女のそばに寄ることさえ許されなかった。

もし醜男が寄ったとしたら…それは前述した通りである。もっとも、彼とて酒場に行けば少しは人気者であった。女性にも人気があった。少女愛好という欠点を持ってさえいなければ、あるいは生き残れたのだろうか…。

リルは非常に自尊心が高かった。可憐さと魔法の申し子。そういう自負があった。無論その自負に相応するものを持ってもいたのだが。

実年令は今年19である。本来の姿であっても、充分男を引きつけたことであろう。彼女の好みは当然若い男に限るはずである。とすると実年齢の方が相応しいようにも思える。この一見矛盾を理由を知るものは、恐らく彼女自身を置いて他におらぬであろう。

ともかくも彼女は魔術師との戦いを渇望していた。最近は巷間噂が広まったせいか、腕のよい魔術師に出会うチャンスはめっきり減ってしまった。彼女は持ち前の強大な魔力によって魔術師の住む塔を探し当て、決闘を申しむようにまでなった。勝利の報酬は、無論彼らの持つ魔術書(スペルブック)である。

もちろん大概の魔術師は、彼女がすでに修めて久しい魔術しか持ち合わせていないのだが、極稀に独自の研究によって新たな魔術を起こしたものがいる。それを吸収することで、彼女はより力を増すのだ。すでに3桁に昇る魔術師と対決し、新たな魔術を吸収している彼女とまともに戦うことのできる人間は、今やほとんどいない。

だが彼女は知っていた。というより「感じて」いた。自分のそれをはるかに上回る強大な魔力をもつ存在を。それは人間でありながら、その限界を超越した魔力を有しているのだ。無論彼(彼女はすでに美しい男と決めてかかっていた)と出会ったことはないのだが、強い魔力を持つと、同じく強い魔力を持った存在には気配を消しづらくなるのである。恐らくは、彼の方でもすでに彼女を探知しているであろう。

彼に出会うのが、彼女の今の夢なのである。彼と出会う。そして戦う。そして勝つ! 今のままでは勝てないが、いづれ遠からず自分が上に立つときが来る。彼女はそう信じて疑わなかった。