フェルナンド帝国・レッドストーム作戦

1,629.8.1実施

対ドバヌール王国侵攻のサンダーストーム作戦を8月12日に終了し、翌日亡国ドバヌールの首都フリンキアにて、終戦協定であるフリンキア条約が締結された。だが、その「儀式」の場に参列していたのは主立った政治閣僚のみで、陸海軍の将帥たちの姿はなかった。彼らはどこにいたのか。

アーサー皇帝は、サンダーストーム作戦を単発的な作戦と見てはいなかった。12年来の戦争相手であるシリアに対しての布石だったのである。無論、戦闘が膠着したり、他国の干渉があった場合にはそれどころではなかったが、サンダーストーム作戦は周知のように発動から42日という短期間で、しかも大勝利に終わった。陸海軍の半数はフリンキアに向かいもせず、死の海を迂回して先行してエレイン港に入り、出撃準備を整えていた。驚くべき迅速さであった。

そして14日1600時、大小合計100余隻の艦艇がエレイン港を発進した。戦艦13、巡洋艦26、駆逐艦33、空母8、艦載機は300機を超えた。シリア艦隊は合計でも100隻と見られ、その内戦闘艦艇は50程である。12年前の第一次シリア湾海戦では海流の流れを読むことができず、それを敵将エル・ファリド提督に利用されて敗退(実際には損害は1割ほどであり、本来「撤退」であるが、それまで連戦連勝であった帝国戦史においてこれがどのような意味を持つのか皆判っていた)した。今回は事前の入念な調査を実施しており、さらには敵内部に不和を掻きたて、分裂をもよおさせていた。「神風をおこす」(馬具笊地方の諺)以外、シリア王国に勝機はないと誰もが思っていた。


翌2205時、索敵機が南西300マイルに王国機動部隊を発見した。同時に王国の索敵機によってこちらの位置も知られることとなった。だがどちらも、索敵機に発見されたことに気付かなかった。ヴェルディ元帥(サンダーストーム作戦により昇格が確定していた)にしてはらしからぬ失態であった。

敵の機動部隊は巡洋艦8、駆逐艦10、空母2と報告された。ヴェルディはただちに攻撃隊(艦爆20、艦攻38、戦闘機24)を編成、現地へ赴かせた。敵味方の攻撃機隊が互いの艦列を確認し、即時の攻撃に移ったのもほぼ同時であり、2225時頃のことだった。

王国の攻撃隊は艦攻30、戦闘機(名高いエル・シリアである)20のみであった。だが、エル・シリアに援護された攻撃機は的確に的を定め、輪型陣を敷いた帝国艦隊の側面にその雷撃を集中させ、駆逐艦6隻が瞬く間に大破炎上した。帝国は主力戦闘機のスターバードを多数射出したが大した戦果は上がらなかった。やがて2400時には、攻撃機隊は引き返していった。戦艦1小破、巡洋艦1大破、駆逐艦3撃沈、4大破、1小破、空母1小破であり、与えた損害は艦攻6、戦闘機3撃墜であった。将兵たちは、今更ながらにその性能と練度の差を痛感した。

代わって帝国軍攻撃機隊である。この内戦闘機2が、途中で墜落している。度重なる戦闘で憔悴していたのである。攻撃隊の隊長であるマイケル・ジョーダン少佐は、この4日というもの一睡もしていなかった。2225時、隊長は雲下に二列縦隊を組む王国艦隊を確認、西側からの水平爆撃を伝達する。このとき隊長は、思い付きのある作戦を実施した。戦闘機を前に立て、その後方に雷撃機を配する。こうして戦闘機に守られながら艦に近付き、戦闘機が急上昇した瞬間に魚雷を投下し、自身も上昇するのである。この作戦によって、今回の帝国の損害は戦闘10のみだった。

2250時、艦攻から発射された魚雷がジャッフール・ウル・アッディン提督の旗艦シエネを捕らえ、続け様に4発の爆雷が艦橋付近に着弾、艦は大揺れになりアッディン提督は艦長と折り重なるようにして絶命する。2320時には総旗艦アシュラーハンが航行不能に陥り、第十一艦隊提督のジャニ・アル・アッブール大将が戦死、王国艦隊は全速で逃走し、帝国攻撃隊も母艦へ帰投した。戦果は、巡洋艦2撃沈、2大破、駆逐艦4撃沈、空母1大破であった。