ルシール・ウィンフリー

チャールズ・フェルナンドの主席魔術師である彼女の主な研究課題は時間操作魔法だった。しかし周囲からは周辺国を討ち滅ぼす魔術を求められていた。

ある日、屋敷と部屋を締め切って大きな時間魔法を行使した。自分の顔を撫でて目論見どおり老いが取り除かれていることを確認したが、ふと違和感を覚えた。今は午前中であるのに、部屋が妙に暗い。身に着けていたはずのローブが粉々になっている。さらに見回すと、部屋にあったいくつかの魔法の物品が砕けている。その破砕音が耳に届かなかったことに疑念を懐きつつ机に立て掛けていた自身の名の彫り込まれた杖を手に取ると、すべてのチャージが失われているばかりか魔法の保持能力すら失われている。明け方記憶したはずの魔法も一つもなかった。呪文書を始め身につけているもの、部屋にあるすべての魔法の物品が、砕けるかディスペルされるかしていた。

行使した時間操作魔術は、仮に失敗だとしてもこのような結果をもたらすはずがなかった。さらなる疑念を深めつつ部屋を出た。扉に掛けていた強力な施錠魔法も失われていた。自身を上回る強い魔術師(噂に聞く赤き超導師のような)に侵入されたかとも考えたが、魔法の消失以外にそれを伺わせるものは何もなかったし、ここまでご丁寧にすべての魔法を消している割に自分自身にはなんの影響もなく、混乱するばかりだった。

玄関の扉を開けて、彼女は大きなショックを受けた。自身の屋敷の周囲が、深い木立に覆われていたのだ。西陽を避けるために西側には木々があったが、それが全周に広がっているようだった。自身の魔術の失敗が、外の木に影響し、数百年分の成長を促してしまった…だとしても、他の魔法が失われている理由にはならなかった。

生い茂った木々を西に歩き、王都を確認しようと考えた。これほどの変化が自分の家の周囲だけとは考えがたかったからだった。ただの杖としか役に立たなくなっている杖を手に数分歩いて木々を抜けると、遠目にロウトアーの街が見える…はずだった。しかし、その街には面影があるものの、彼女の知っているロウトアーよりも遥かに大きく、栄えていた。地上10フィート以上ある巨大な建造物が東から街につながっている。その建造物は、彼女の館のある森の南側を通ってはるか東まで伸びているようだった。どうやら、道に並行するように建造されているらしい。水路だろうか。しかしそんな建設予定など知らなかったし、一夜でできるものでもあるまい。

他にすることもなく、彼女はロウトアーまで歩いて行った。本来であれば瞬間移動すれば済むが、肝心の呪文が記憶になく、また呪文書もスクロールも使用不能になっていた。東門に詰めている門兵たちは、彼女になにかの装置を近づけると、「通って良し」とだけ言った。主席魔術師を知らないとはどういうことかと考えたが、混乱していた彼女は何も言わなかった。門兵の身に着ける鎧もまた、彼女の知っているものとは異なるものだった。全員の胸に、小さな不死鳥が描かれているようだ。

街路の多くは知っている通り伸びているのに、両側にある建物は半分以上が違うものだった。先の巨大建造物は、街を突き抜けて西へ伸びている他、南北にも同様の建造物が伸びていて、中心街で交差しているようだった。中央の十字路を北に折れ、途中で左斜め前の細道に入るのが王城への近道…であるはずが、街路が直線に引き直されて直接王城の正面に連結している。その王城もまた、彼女の知っているものとはまったく異なるものだった。城は堀に掛けた跳ね橋を渡って入るはずなのに、城自体が大きく門扉は堀よりも前にあるほどだった。

自身の館だけが、別の並行次元に遷移してしまったという可能性を疑った。何れにしても、ここは自分の知っているロウトアーではないと、確信を深めつつあった。

王城の正面にいる門兵は、さすがにそのまま通してはくれなかった。彼女はまず無駄だろうと思いつつ、「主席魔術師ルシール・ウィンフリーが登城したから、陛下にお伝えください」と告げた。

門兵の一人が、怪訝な顔をしつつ城内に走り去った。

しばらくして、30代半ばと思しき痩身の男が現れた。「帝国情報部長クラウド・ファルマスが応対する。ルシール・ウィンフリーと名乗ったのはあなたか?」と、その男は言った。どことなく見覚えのあるような、そうでもないような男だった。「そうです」と、おそらくは30歳は歳下の相手に丁寧に答えた。「それを証明するものは何かあるか?」と、ファルマス。ルシールは杖を差し出した。「何故かあらゆる魔法が失われてしまっているのですが、私の名は読めるでしょう」。

ファルマスは杖を眺め、何かルシールの知らない装置を当てたりしていた。真顔になったファルマスは、「大変心苦しいのですが、私の後ろに着いて入城してください」と緊張した声でルシールに告げた。逆らってどうなるものでもないため、ルシールは素直にそれに従った。

「申し訳ない、今アーサー陛下は不在です。ひとまず私の私室にお願いします」(アーサー?)ルシールは何も言わなかった。

私室と言っても相当なもので、余裕で10人がくつろげる大きさだった。「情報部長」という肩書は嘘ではないと思わせた。部屋は魔法の灯りがあり、室温調整もなされていた。調度品は魔法と非魔法とが混雑しているが、ルシールが与えられていた私室より遥かに広く快適だった。ファルマスはソファ(これも素晴らしい調度品だ)に座るよう促すと、自身も机を挟んで向かい合うように座った。そして少しだけ思案すると口を開いた。

「何からお話しすべきか…そう、まず『今』についてお伝えします。」

「今?」

「単刀直入に、今日はティアマト暦1,630年…あなたに馴染み深い暦で言い直せばホーメルト暦3,241年7月4日です。」

「…2,946年ではなく。」

「私が知るところでは、あなたは1,335年…2,946年9月、大魔術の実験中に姿を消したことになっています。ちなみにその時あなたは70歳を超えていた。しかし、今のあなたはどう見ても10代です。」

「そう、私は2,946年の9月に、肉体の時間を遡行させる魔術を行使しました。術式は成功し、このように若返りました。しかし、どうもおかしいのです。私の杖や呪文書、様々な魔法の物品がすべて力を失っています。結界魔法を施したローブは砕けていました。そして何より、あなたは私が300年の時を超えたと言っている。」

ファルマスは一旦口をつぐむと、「これは私の推測なのですが…」と、遠慮がちに話し始めた。

ルシールの魔法は目的を果たしたが、何らかの制御の失敗で魔力が暴発した。結果、彼女を含む部屋あるいは屋敷全体が、外界と時間軸において寸断され、停止してしまった。他ならぬ彼女自身の強い魔力が、ルシールを時間の檻の中に囚えた。屋敷の魔術結界は強く、誰もそこへ近づくことはできなかった。そうして300年が経過し、彼女の存在は歴史の中に埋もれて行った。

「…受け入れるのに相当な勇気を必要としますね。意識の不連続はまったく感じませんでした。」

「ご不快になられたら申し訳ない。」

「ですが、それなら私の目を醒まさせたのは誰でしょうか。そして私の魔法をすべて破壊したのは。」

「神々です。」

「神々?」

「この年初に、あなたの屋敷だけでなく世界中のあらゆる場所から魔法が失われたのです。その日は誰も、魔法の行使さえできませんでした。我々は『イモータルの破砕日』と呼んでいます。翌日には行使できるようになりましたが、物品から失われた魔力は再度付与する必要があり、永久に失われた魔法もありました。それから半年、我々は復旧の日々を送っています。」

「それは…恐ろしい一日だったのですね。」

「あなたの意識が復帰するのに半年掛かった理由は不明ですが、魔法の消滅はすべて説明できます。」

ファルマスが嘘を付いていることはないだろう。彼にはそうするだけの理由もない。300年後にフェルナンドがまだ存続していることは驚きつつ嬉しくもあったが、昨日まで会話していた人たちがすべて、気づかぬうちに墓の下にいると聞かされるのは、大変な衝撃だった。

「何より驚きなのは…3世紀前のわが先祖の方とこうして会話していることです。お信じにならないかも知れませんが。」

それを聞いてはっと気づいた。「信じます。あなたは我が子に雰囲気が似ています。レイナルは流血王と呼ばれたヘンリーに反対して、自盃を強要されましたが…。」

「そのことも、帝国の史書にきちんと記録されております。」

「あなたは先程から、我が国を『帝国』とおっしゃっている。私が眠りほうけていた300年の間、フェルナンドはどうなったのでしょう?」

「300年というより、この15年です。我が国が超大国になりおおせたのは。」

ファルマスは、しばしお待ち下さいと言うと部屋の奥にある書架へと歩み寄り、数冊を手にとって戻って来た。そして「私の主観の交じる語りより、あなたには文字の方が好ましいと思いますので。あなたの時代からの公史です。」

ルシールは感謝を口にしてその厚い本の最初の一冊を開いた。流血王ヘンリーの時代からだ。よくもここまで、犠牲者を調べ上げたものだと感心した。そして、それを歴史の闇に封じ込めることなく公式の歴史として保存している。知っている名も、知らない名もあった。そして、当時は謎の死とされ、チャールズによる暗殺説も噂されたヘンリーの死の真相も、知ることができた。胡散臭いとしか思えなかったあのヴァンバドグルが、狂えるヘンリーを退場させる重要な鍵になるとは。ただ、自分がいなくなった後の宮廷でヴァンバドグルが大きな権力を握っていたというくだりで、自身の読みが当たらずとも遠からずであったことも解ったが。

その後1,500年代に王国が一度滅亡したこと、ライゼル王によって再建されたこと、ライゼルがアイオリスの皇帝とともにホーメルトで主導的な役割を担っていたことなど、息をするのも忘れたように一気に読み耽った。部屋の主人がその驚異的な速さに同じく息を止めるほど衝撃を受けながら見つめていることにも気づかなかった。

そして問題の1,614年。フェルナンドは混沌軍の侵略を受け、なすすべなく再び滅亡する。首都が陥落し、ライゼルの子リチャードが殺された辺りでは、思わず声を出してしまった。ジョン王は自分の死刑執行書にサインをしたようなものだったが、リチャード王は決して暗愚な王ではなく、軍制の近代化に取り組んだり、独立して行ったノブルランドから王妃を迎えたり、失政がないわけではないが厳格ながら十分な王だった。また、実の父親のことであるのにその負の側面をも詳らかに記録に残すアーサー・フェルナンドという人物には、ますます興味を抱いた。

フェルナンドにとって幸運だったのは、王子であったアーサーが切れ者として人気が高かったこと、そして首都は落とされたが多くの街が混沌軍の攻撃に耐え、軍も半分が残されたことだった。むしろ主要都市にいた旧上層部が全滅させられたことで、若く有能な将軍たちが台頭するきっかけにすら、混沌戦争はなっていた。翌年に始まる新生フェルナンドの急激な膨張は、まさにアーサー・フェルナンドを筆頭とした若者たちの、前例に囚われぬ冒険心のなせる業だったろう。諸国は混沌戦争の疲弊から立ち直っておらず、テレジナスアートを除けば精強なフェルナンド軍に対抗できる国は皆無だった。1,629年に至ってあの歴史あるシリア王国すら下したアーサー・フェルナンドとは、どれほどの人物なのか。ホーストヘルン、「アルケイナ」など、ルシールには想像すらできぬほどの強大過ぎる力をも撥ね退け、フェルナンドを世界の一等国のひとつに育て上げたのだ。

盟友であるらしいオージャスの大国アマリスを建国したジアザー・テレビジョンにも、興味が湧いた。同じく魔術師であることもその理由だったが、既に死亡しているというのは残念なことだ。

もう一人、興味を抱いた人物がいる。ファーランドの市長、セルミアス・ミルフである。独自の政策でファーランドを盛況にしたその手腕だけでなく、リッチに率いられたアンデッド軍の襲撃から不眠不休で街を守り抜いたことも。そして帝国にとっても、<愚者>撃退は彼女抜きに成し得なかった。それが元でシリア王国をも併呑できたのだから、現在の帝国にとってもおそらく既に無くてはならぬ人物なのだろう。結局会うことのなかった<赤き超導師>最後の弟子でもあるという。実力が比較にならないことは少ない文面からでも明らかであるが、同業の端くれとして興味を抱かないはずはない。