レオフィアルとローズマリー

ロ「あんた誰?」

レ「無礼な! 『あんた』とはなにごとか! 僕はレオフィアル、この国の皇子だぞ!」

ロ「へーえ、あんた嘘つくのが下手ねぇ。」

レ「う、嘘とはなんだ嘘とは! 貴様なんかお父様に頼んで牢獄行きにしてやるぞ!」

ロ「ま、そんなことはこっちおいといてさ。ね、あんた剣使える?」

レ「…ああもちろん。僕にかかれば、かの勇者ブラックホースも裸足で逃げ出すさ!」

ロ「そ、じゃアテにしてないけど護衛頼むわね。」

レ「あ、アテにしてないだとう!? お前いい加減に…!!」

ロ「何怒ってんの? そんなに怒るとひどい顔がもっとひどくなるわよ?」

レ「…!!!!!!」

ロ「…ねぇあんた、おなかすいたからなんか買ってきてよ。」

レ「お、皇子にものを頼むとはなにごとか!! 自分で行け!!」

ロ「フーン、勇者も裸足で逃げ出すというから護衛させてたのに、私に怪我させたのはどなたでしたかしら?」

レ「………。わかった、じゃ金よこせ。」

ロ「持ってないわよそんなもん。」

レ「金がないだと!? じゃ僕に出させる気だったのか!?」

ロ「今更わかったの? あんたニブいわねぇ。」

レ「に、ニブい!!!」

ロ「ほらほら、言い訳はいいから行ってきて!」

レ「な、なんで僕がこんな目に!!」

なお、ローズマリーは当初からレオフィアルが嘘を吐いているわけではないと考えていた。