ヘレネス王国滅亡の詳細

1,612年、王国は北のファームズ帝国と十何度めかの戦争を開始した。既にお約束になりつつあったもので、全面的な戦いには今回もならなかった。帝国で軍を管理するランセス男爵などはこれを不満に思っていたし、王国内にも不満はあったが、主君の采配に口を挟んで不興を買うつもりは彼らにはなかった。ブラックピーク山脈での実のない戦闘が続いていた。

ここで、王国は南のホーメルトに興ったジアザー帝国によって急襲された。陸上戦力の大半をファームズ国境へ派兵しており、海軍は各地の軍港に分散されていた。帝都ノブルを進発したクリアンストン公爵率いる白色騎士団艦隊は、何の掣肘も受けることなくクリーム半島東岸を周り、一気に王都アマリシアを衝いたのである。ジアザー艦隊は二分した。一隊がにわかに展開した首都艦隊と相対し、いま一隊はアマリシア東の平らな海岸に上陸、歩兵となって一路アマリシアへ進軍した。

首都防衛のために残されていた第一師団を除き、アマリシアに防衛軍はなかった。またその第一師団にしたところで、長い不毛な戦争によって軍隊の体を成していなかった。彼らは首都を目前にした丘陵地帯の会戦で半数にも満たないジアザー軍に散々なまでに蹴散らされた(半日ほど持ちこたえたが、皇帝ジアザー、フレイミア・サリスファネルが四面鬼を倒したという報により瓦解した)。別働隊の白色魔術団による首都機能直撃もあり、組織的抵抗は一日で終わった。その頃には首都艦隊も壊滅していた。白色騎士団の損害は、数えるほどだった。

ブラックピーク山脈に展開していたヘレネス軍は、首都から凶報がもたらされると一斉に退却した。この予定にない急変に対し、小競り合いを演じていたファームズ帝国は積極的行動を取ろうとはしなかった。敵の背後で何らかの動きがあることを感知したランセス男爵が珍しく「今こそ侵攻すべきである」と吠えたが、皇帝は同意しなかった。大国ヘレネスが一日で滅ぶなど想像もしていなかったし、自軍の大半の練度は敵国深く侵攻できるほど高くないと考えていたからである。王国は混乱のさなかにあり、結果としてファームズは領土を大きく拡大する絶好の機会を逃すことになった。

帝国二大貴族の一人アンヌ・トリビュート侯爵にとっても首都陥落の報は寝耳に水であったが、抵抗を試みるほど愚かではなかった。彼女はいち早く特使をアマリシアへ送った。その情報を得た、よりジアザー本国に近いクリームタウンのエサール・ルシオン侯爵も、抵抗の無益さを悟って同様に動いた。

王国最大貴族の二侯爵が戦わずして恭順を申し出たことで多くの貴族もそれに続いたが、それを良しとせぬ者もいた。しかし疑心暗鬼に駆られた彼らは団結することなく、蜂起しては白色騎士団白色魔術団によって簡単に鎮圧されていった。

唯一の例外は帝国最西端、オーリエンのクラハス・アットレルカ伯爵である。アットレルカはトリビュート、ルシオンに継ぐ国内第三の名門であった。「これは私なりの筋の通し方であり、王家への忠節の証だ」と、弟リシウスの静止も聞かずに挙兵した。命令はせず、ただ本心からそうしたい者だけを率いた。総勢20,000ほど。10,000を超える抵抗軍となった点でも唯一の例である。

これに対し、ジアザーはクリアンストン将軍に命じ、白色騎士団5師団に白色魔術団の半分をこの反乱に充てた。他の蜂起への対処は常に1師団500人、良くて白色魔術団数名に補佐させるだけだったが、ジアザーはアットレルカ伯爵が非凡な人物であることを見抜き、同時にこれが最後の抵抗となることを確信して王国に駐屯中の軍の大半をこれに差し向けることにしたのである。

両軍はアブラート・リーン間で3日に渡って戦った。ジアザー軍は数に劣ったが、魔術師たちのサポートや戦術もあり、一度として相手に有利な状況を作らせなかった。伯爵は戦死し、抵抗は終わった。ジアザーは自ら戦場を訪れ、エルメランへ伯爵のための祈りを捧げると、クリアンストンには将軍自らオーリエンに行くことを命じ、全軍に「彼を貶める者は重罪に処す」と申し渡してその場を後にした。

クリアンストンはオーリエンで伯爵を慕う人々や子供たちからの批難を浴びることになったが、リシウスにことの顛末を伝え、さらに「皇帝がアットレルカ家を罰することはない」とも伝えた。リシウスはこの日、伯爵を継いだ。