ネスアハンの最後

ケーナ:何すんのよォ!はなしてよォ!

若者A:へっへっへぇぇ…てめぇなんかあのふぬけ王子のかーりにオレがピーしてやらあ!…

ガブー(ケーナが若者Aの指をかんだ音)

若者A:いてててて! こいつなんしゃーがんだーくのあ!

ガブ!(再びかみついた音)

若者A:キー!

若者B:みっともねえぞおい!てめえなんこのオレあ…

クイ(若者Bがケーナのあごを指でもちあげた音)

げいん!(ケーナが若者Bの鼻に頭突きした音)

めきゃきゃ!(若者Bの鼻の骨がくだけた音)

若者B:ぐおお〜ん!オレのはあなあはあああ…

ケーナ:ふん!あんたなんじゃまくさいだけじゃん!どっかいってよ!

若者C:おい、クソガキ!いせーがいーのはけっこーだけどなぁ…

ぶわきゃ!(若者Cがケーナの鼻っ柱に思っきしケリを入れた音)

ケーナ:ぶっ…ぶふ…

ぼくぅ!(若者Cがケーナの右ほおに思っきしケリを入れた音)

ケーナ:ぷぶふ…げふ…ごほっごほっ…い…う…え…う…

若者C:ふん!おい、おめーらやっちめえ!

ケーナ:いやー!やめてぇ!

どか!ぶぁき!めきゃ!げし!げいん!ぶぉかぶぉか!ぶし!ぶし!(ご想像にまかせます)

ケーナ:うっ…え…ぐ…

若者A:ひゃーっはっはっはっ!(表記不可能)だぜ!

若者B:スカッとすらぁ!オラ!

どげししん!(ご想像にまかせます)

若者C:てめーら、その辺でいーだろう、やめたれや、後の楽しみをとっちまう気か?

ケーナ:ゆる…して…げふっ…

王子:やっやめてくれー!

若者A:るせぇ!だまったがれぇ!

ぐぇし!

王子:ぐぁぁ!

ガチャ!(若者Bがケーナの断頭器を入れた音)

ゴォ!(ご想像どうり)

ケーナ:ひぃぃぃ〜!

ぷちん(首がとれた音)

ケーナ:いっ……

若者A:丁度いいサッカーボールだぜぇ!ひゃー!っはっはっはぁ!

若者B:よし!来いや!

若者D以下:オレもやるぜ!

若者C:オレは体の方で楽しむか!

ザク!びし!ずしゃ!ぶしゅ!(若者C以下+数名がダガーetc.で体を切り刻む音)

王子:やめろー!やめてくれー!

若者D:てめぇも死にな!

ガチャ!(さっきと同じ)

王子:ひっ!

ぷちっ(王子の首が飛んだ音)

若者C:はーっはっはっはっはっ!俺たちはとうとう勝ったぞ!これを見ろぉ!クソ娘ケーナの首だあ!

ぶん!(ケーナの首を高々と持ち上げる)

若者C:俺たちは勝ったんだあ!

ぶいん!(ケーナの首を天高く飛ばした音)

どさ!(地に落ちた音)〜(約0.1秒)「ちゅん」×300程(フェルナンド軍弓箭隊の攻撃の音)

若者C:何だー!?

どかどかどか×500(フェルナンド軍騎馬軍団の市内侵入の音)

若者A以下市民全:うわああー「黄金のフェニックス」*だ!

アーサー:行け!

ラインハール:全軍!突撃!

どどどどどど…(歩兵侵入音)

全市民:ひいいー!うわぁぁぁー!助けてくれえー!

アーサー:助けられる者は唯一人、この私だけだ!私に服従を誓え!さすれば助けよう!

市民:フェニックスに近ずけば焼き殺されるだけだ!

アーサー:ならば死ね!(と言ってラインハールを見る、ラインハールうなずく)

ラインハール:火炎弓兵集中攻撃開始!さからう者は一人だりとものがすな!やれ!

ちゅん×100程(火炎矢の飛ぶ音)

市民:うわあー!ひいー!ぎゃー!

*1,615年のアーサーの大侵攻はこのようなアダ名を生んだ。


解説

井辻朱夫

ケーナの解説。夢じゃないだろうか。これを書いてるいまも、まだ信じられません。なにしろ一年越しの恋なのです。

初めてケーナの名を知ったのは、友人が持ってきたRPGの話からでした(そのときわたしは高校生でした。ついでに言うなら、mio氏の名もそのとき初めてしったのです。)そして、実際に彼女に会ったのは、忘れもできぬ友人の持ってきたRPGの資料で彼女のキャラクターレコードシートを見たときでした(そのとき私は高校3年生で2学期が始まったもろでした)。キャラクターレコードシートでわたしの理性はふっとびました。いわゆるひと目惚れというやつです。わたしは、目を皿にしてレコードシートの隅から隅まで見ました。彼女はどんな人なのだろう。能力値や所持品などはでていたのですが、悲しいかな、彼女の性格についてはでていなかったのです。友人に聞いてみるなどという策は、テンから頭に浮かびもしなかったわたしは、泣く泣くあきらめました --- その場は。

ところが天はわたしを見すてなかった!あるとき友人がケーナの話をてにいれたというのです。その話をきいたときの喜びは、今でも忘れません。

それをかりたとき、わたしは偶然、大学の試験期間中でしたが勉強を放ったらかしてよみふけり『ネスアハンの最後』のラストを読んで涙にくれていました。ヒロイックファンタジー?で、こんなのありか? とびっくりしましたが、だからこそ、この話はすごいんだ、と思いまして、そのとき以来ケーナはわたしの忍ぶ恋の相手となったのでした。

そのケーナの解説を、このわたしが書いている!やっぱり夢じゃないだろうか。が、しかし、心の中ではひそかに、だれがなんと言おうとケーナはわたしのものじゃ、という妙にカタクナな信念が育っていたらしく、以後紆余曲折を経て、理力の加護めでたく、眷恋の相手と結ばれてしまった次第(石が山ほど飛んできそう)。これもみんなmio氏のおかげです。

これからは、みなさんが、みなさんとケーナの神話を作ってゆくときです。ネスアハンの王太子妃への片恋がみなさんにうけつがれてゆくことを祈りつつ、みなさんに御礼申し上げます。


この解説は、本稿初版が発行された1989年にBear.氏の知人によって記されたものを、Webページ上に転載するにあたって部分的に修正したものです。