未来へ

トフォセシーラを通じてリンデンヴェイルに出向いたブラックホースは、冒険を通じて3つの神殿を訪れ、天啓を受ける。最後に訪れた謙譲の神殿で。

「朝日を浴びてくる」とだけ告げて、ブラックホースは神殿を出て歩き始めた。彼女は「は、はい」とだけ答えた。

周囲はまだほの暗く、草原を渡る風はやや冷たい。日中のうだるような暑さが嘘のようだった。

西の空の消えゆく星々に目をやる。もちろん、彼が慣れ親しんでいた星座はそこにはない。「さて、いつ帰れるものやら…」と独り言つ。3つの新ではすでにすべて訪れた。

ふと見ると、ひとつの星がだんだんと大きくなって来るのに気づいた。いや、そうではない。何かの光がこちらに近づいて来るのだ。

発光する怪物だろうか。これだけ明るければ神殿の中からでも十分わかるはずだが、彼女が気づいた様子はない。再び眠ってしまったのだろうか。

効果があるか分からないが、念の為剣を抜いて構えた。

星のような光球はさらに大きさを増し、眼前にまで迫ってきた。ひどく眩しいが、熱は感じなかった。やがて光が周囲を包んだ。

思わず目をつぶったブラックホース。そしてなんとか目を開けると、そこは…木々の生い茂る広々とした場所だった。いや、遠くに外壁が見えるから、どこかの街の中だろうか。抜けるような青空。なんとなく、記憶を刺激されるような気がした。

右後方に人の気配がしたので振り返ると、淡い紫のドレスに身を包んだ淡い金の髪をした乙女が近づいて来るところだった。忘れたくても忘れられぬ、いや決して忘れてはならないエメラルドの瞳。その表情は、彼が逃げ出した後に見せた憎しみのこもったものではなく、また彼らが出会った頃のような無邪気な少女のものでもなかった。姿はたしかに彼女だ。しかし、彼女がこんな表情を浮かべているのを、彼は見たことがなかった。すべてを受け入れたように、すべてを悟ったように、落ち着いた微笑だった。そこにはなんの苦しみも見いだせなかった。

「マリア…なのか…?だが、君はもう…。」

「エルメラン様の思し召しで、少しだけ会いに来ちゃった。私のことをずっと覚えていてくれて、ありがとう。本当に嬉しい。」

そう、この声だった。心が爽やかに解きほぐされるような心地良い響き。彼はついにマリアのことを愛しはしなかったが、この声だけは最初の出会いからずっと、素直に「きれいだ」と感じていたのだった。戦いの日々の中、実際に癒やされたこともあったかも知れない。

「いや、そうじゃない、オレはただ…何か自分にできることがあったんじゃないかって…ずっと考えていただけなんだ。」

「貴方はもう、十分に苦しんだわ。その呪縛から自由になっても、エルメラン様はきっとお赦しになる。」

「しかし、オレがあんなことをしたがために、君と君の国は…アイオリスは…。」

「それなら、私もエリカさんに償わないといけない。」

いったん言葉を切ると、

「運命だったのよ、ブラックホース。そう、お父様のことも、私のことも、ロングッドのことも、アイオリスのことも。それは誰のせいでもないの。」

ブラックホースは、マリアの顔をまともに見続けることができなかった。自然に下を向いてしまう。

「オレが…君と行く勇気を、持ってさえいれば…。」

「ねえ、ブラックホース。あの日私はひどく傷ついた。それまで毎日、貴方と一緒になれたらって考えてた。でもね、それは決して愛ではなかったの。すべてを、命さえも失ってから、ようやくそのことに気づいた。あなたの意思なんてまったく考えていなかった。私は、恋に恋する小さな女の子に過ぎなかった。」

「だからと言って、オレはオレがエルメランの騎士であることを認められない。」

「あの後もずっと、あなたが多くの人たちのささやかな幸せを護り続けていることを、私は知っている。他の誰よりもずっと騎士らしく。そんな貴方とわずかでも同じ時間を生きられたことを、私は心の底から幸せだったと思っているし、エルメラン様に感謝している。だからもう…ね。」

純粋に驚いた表情を浮かべて顔を上げた。

「君は本当に、幸せなのか。」

「…もう、行かなくちゃ。短かったけど、嬉しかった。さようなら、優しい私の騎士様。貴方にエルメラン様のご加護がありますよう。そして…ありがとう。」

「…! 待ってくれ!」

自分が眠りから醒めたことに気がついた。辺りは元通りの茫漠とした草原で、マリアがそこにいたことを示す痕跡はなにもない。幻を見ていたにしては、良く転ばなかったものだ。背後から足音が聞こえる。おそらく神殿から出てきたのだろう。と、すぐに彼女の声が聞こえた。

「ど、どなたかいらっしゃったのですか、騎士様。大声で『待って』と。」

ブラックホースは向き直って答えた。

「懐かしい顔が夢に出て来たたけだよ、みっともないところを見せたな。」

「いえ、そんな…。夢…でございますか?」

「オレは…オレは、そいつの人生を狂わせた。本当にメチャクチャにしてしまった。すべてを奪ってしまったんだ。でも、今日そいつが『成仏できないからいい加減やめてくれ』と言いに来たんだ。罪を償いたかったのに、いつの間にか、オレは迷惑をかけてたんだな。」

ずっと感じていた、心の重みが消え去っていた。まるで育ての親が死んで、あてどない冒険に身を投じ始めた頃に戻ったようだった。それと同時に、目の前にいる小さな女性が、まばゆいばかりの生気に満ちた愛らしい存在だと初めて気がついた。ずっと人を見ていたつもりだったが、今にして思えばいつも、見えない遮蔽板越しに眺めていた気がする。誰でもない、自分が作り出した遮蔽板を通じて。彼女は、彼がこの世界にいざなわれて以降、ずっと彼と行動を共にし、何かにつけて世話をしてくれた。冷たい態度も取ったというのに、素直に、純粋に彼のことを思ってくれていた。そういう気持ちも、初めて心に届いていた。

「シアーシャ」

「は、はい!?」

「ありがとう、心にのしかかっていたものを取り払ってくれて。ありがとう、こんなオレを好きになってくれて。」

「え、えええ!?わ、わわわ私そんなおおお畏れ多いことは、けけけ決して…」

シアーシャは茹で蛸のようになって両手をぶんぶんと振っている。思わず、クスリと笑みがこぼれた。こんなふうに、素直に笑みがこぼれたのも15年ぶりか。

「…そんなに、分かりやすかったですか?」と涙目のシアーシャ。

答える代わりに、ブラックホースは彼女を胸の中に抱き寄せた。シアーシャは何か言葉にならないことを叫んで腕を振り回しているが、やがて暴れるのをやめ、小刻みに震え始めた。ブラックホースはそんな彼女のサラサラとした金の髪を、優しく撫でてやる。

「終わったんだ…長かった夢が。」


解説:以下TRPGのプレイ内容。ブラックホースとその一行はロングッド王国にあり、王女マリアや父王メルメトン2世の信頼を得るようになった。中でもマリアはリーダー格のブラックホースに恋するようになり、(メルメトンに男子がなかったので)彼が自分の配偶者となることを望むようになった。父王メルメトン2世はスメル帝国との戦争で死亡した。マリアはブラックホースが応えてくれることを期待して、さらにその後の混沌戦争を経ても即位せずに留まっていた。

ある時、冒険で気絶したブラックホースをマリアが看病することになった。ブラックホースが目を覚ますとマリアがベッドの脇に突っ伏して寝ていた。ブラックホースは大慌てでベッドから起き上がり、ベッドの脇の荷物を抱えると窓から逃げ出した(二階だったので骨折までしたが)。

マリアは自身が拒絶されたと感じ、絶望した。彼女は当時男爵だったマーク・クレイトンの甘い言葉に身を委ねた。女王に即位すると彼を侯爵に格上げして宰相に任じ、さらに準備期間を経て国王に据えるとも言い出した。マリアとクレイトンは、混沌戦争で疲弊したアイオリスの地に派兵してこれを併合した。その際、アイオリスの皇族であるエーヴリング族はすべて戦死した。これはブラックホースの冒険仲間、アーサーの后エリカの生家だった。マリアの行動を問題としたブラックホースの冒険仲間、ジアザーがマリアの説得にかかったが、逆に捕らえられてしまった。からくも脱出したジアザーはロングッドに宣戦を布告した。紆余曲折を経て、ロングッドはジアザー、アーサー、そしてもうひとりの仲間ドバヌールのプレイヤー三国に滅ぼされた。

クレイトンはアーサーに倒された。クレイトンの正体は冥界の生物だったが、卓越した力を持つアーサーに滅ぼされることになった。捕らえられた女王マリアは、アーサーに色仕掛けをして生き延びようと考えた。しかし后は生涯エリカひとりと考えていたアーサーには通じなかった。そこでマリアは魔法を使って逃亡しようとした。それを察知したアーサーは、側近のアリヒュートに命じてマリアを絶命させた。マリアはクレイトンと契を結ぶことで暗黒の力を得ていたが、本体が倒されたので大した力を使うことはできなかった。

解説2:ブラックホースはそれ以降もひとり結婚しようとせず、自由な身となって世界を渡り歩いていたが、そこには自分の行動がもたらした結果に対する負い目もあると考えていた。そこでブラックホースをなんとかこの呪縛から解き放たなければ…と、TRPG終了後ずっと考えていた。最後の最後の部分だけだが、一応は流れができたので文字化したものがこのページである。