バレラス城の戦い

ファーランド術者都市。帝国としての公式にはフェルナンド帝国オウ州にある1都市であり、すべてが皇帝アーサー・フェルナンドの所有物である。よって市長であるセルミアス・ミルフを始め全市民は、あくまで形式上は彼の命令に従わなければならない。ただし、現実にはファーランドは都市国家だった。帝国に対して最低限の税は支払っている(ファーランド取引所の存在により、それはそこそこの額ではある)が、それ以上の義務は果たしていない。自由意志による以外、この街の人間には帝国軍に参加している者もいない。帝国の中にあり、他の諸都市と頻繁に往来し、帝国の流通に組み込まれて物資を送り合いながら、帝国とは異なる意志で動いていた。ファーランドの、とくに(かの大賢者、故セイリアン・ダルスの弟子である)セルミアスの持つ力を考えれば、帝国としても下手に高圧的な態度に出てことを構えるよりは、特別待遇をして友好的な関係を保ち、いざというときの味方としておく方が遙かに得策だった。ことに現在のように世界的に情勢が不確実な時にあっては。

とはいえ、これはあくまで国と国との関係においてであり、また帝国からの見方である。個人の思惑はそれとは少し違う。セルミアスという個人は、本当は外部からの強力な庇護を渇望していた。世界中で再び顕在化しつつある混沌の勢力(その中には世界に知られているものと、彼女を含めた限られた者だけが知るもの、そして彼女だけが知り得るものがあった。年初の混沌神オルクマルド復活の兆候は、その一つに過ぎない)に対して、彼女は自身の限界を感じていた。数世紀を生きた師ならまだしも、40年そこそこの自分に何ができよう。ホーストヘルンの<愚者>。その巨大な力はセルミアスの持つ力を超えるものだった。帝国にすら抗し得ないのなら、一体誰に護ってもらえば良いというのか。ファーランドは強力な術師たちの都として知られているが、<愚者>ほどの巨大な力の前でまだ「力がある」と言えるのは彼女だけだった。

アーサー・フェルナンドが彼女の助力を求めて単身ファーランドを訪れたと知った際、はじめに考えたのは「私には無理」だった。「どうして私なの?」とすら考えた。師の指導で常人には持ち得ぬ力を得たが、本当の彼女は誰よりも臆病で、泣き虫だった。可能ならこの白い街の中で、嵐が過ぎ去るのを待っていたい。この街が無事でいられる保証もまた、なかったが。

しかし、脳裏に師の顔が浮かんだ。「お前がやるんだ」と言われた気がした。セルミアスは、弱気の虫を無理やり心の底へ沈めてしばし考えた。いかな強大な力を持ってはいても、<愚者>とていまだ自分と同じ定命の者、万能ではない。その攻撃を彼女がすべて引き受け、彼の呪文を無効化して味方の損害を最小限にし続ければ、人間としての<愚者>は焦りを感じ、冷静さを失うのではないか。そしてアーサーらが攻撃に徹することができれば、勝機はあるのではないか…。

実際、彼女の対抗魔術がなければ、バレラス城の戦いはクルスピリア城の再現、いやそれどころかアーサーを含め全員が塵にされていたことは明白である。クルスピリア城では、<愚者>は単に彼らを撃退することだけを依頼され、それを楽しんでいた。<愚者>に殺されたデッド・アリヒュートや八星衆がただの遺体のままであり、無事に回収して蘇生させることができたのは、アーサーが敗北を認めたためである。<愚者>としては、いつでも殺せる者の遺体をわざわざ破壊する必要はなかった。しかし今度は違った。<愚者>に挑戦状を叩きつけたことで、ある意味アーサーは自身の死刑執行に自らゴーサインを出した状況だった。それゆえ、敗北は絶対に許されない状況だった。

だが、口にはしなかったがこの戦い、セルミアスは死を覚悟して臨んでいた。彼女が期待したように<愚者>が隙を見せる保証など、どこにもなかったからである。戦いに集中していたため誰も気づかなかったが、彼女もまた険しい表情を浮かべ、息をするのも忘れるほど集中し、大粒の汗をかいて<愚者>と対峙していた。<愚者>の魔力を正面から受け止めたために全身から出血していたこと、精神的にも消耗してふらついていたこと、彼女の緋色のローブが流血を目立ちにくくしていたことにも、気づく者はいなかった。それほどまでに<愚者>は強大であり、勝利は紙一重だった。

愚者>が姿を消して数瞬、クラウド・ファルマスの「勝った…のか…」という声で、彼らは一様に力を抜いてその場に崩れた。気丈に立ち続けたのはセルミアスとアーサーだけだった。他の者達は皆、床で粗い息をついていた。十分ほどの間、誰もが呆然として動くことができなかった。セルミアスは危機が去ったことを確信すると、一つ深呼吸をした。「戦友」たちに笑顔を見せると、彼女はスペルストアリングからワード・オブ・リコールを解放して自分の館へ帰還した。信頼する側近マリオットに「しばらく眠ります」と告げ、彼女は湯浴みをすることもなくそのまま自室のベッドへ倒れ込んだ。遠のき始めた意識の中でつぶやいた。「兄様、やりました…」。師が自分に微笑んでくれた気がした。前日にたまたま彼女に目を留めた女神、<眠れる美女>ネ厶が、戦い終わった彼女に漆黒の眠りを贈った。丸4日間、彼女は夢も見ずに眠り続けた。