ラムサダス北部反乱の鎮圧 1,624年

北部の反乱軍に対し、ラムサダスは手をこまねいていた。何ら有効な手が打てないのだ。しかも、最近では国民の一部がそんな頼りなげな皇帝を見限って、彼らに協力しようとしているらしい。民衆は彼らの本質を理解していないのだ。

そして今日は、その国民たちを何とか引き止めようと、ラムサダス自ら演説を行うことになっていた。内容はほとんど決まっている。というより、選択できるなど余地はないのだ。


「やはり…私程度の者ではこの広大な帝国を統べるのは不可能なのか…? アシュラブレイ、卿はよくやってくれた。卿の功績によって、私一人では百年、いや到底叶わなかったであろうことが成し遂げられている。しかし、自分を継ぐ者について、些かなりと考えたことがあったのか?」

偉大な故人に問いを投げた。しかし、ラムサダスはハっとして頭を振った。死者に問いかけて責任を回避しようとするようでは、統治できるかどうかなどという以前に問題がある。いけないいけない、とラムダサスは一人ごちた。さて…。

そこへ、トルネイオス上級大将がやってきた。中央情報局長であり、この方面ではフェルナンド帝国のクラウド・ファルマス元帥と並び称されるほどの腕前の持ち主。そして、この帝国ではラムサダスにとって最も古い友人のひとりでもある。

「陛下…。お耳に入れたいことがございます。」

イアンは多少戸惑い気味に切り出した。彼にしては珍しいことである。

「どうしたというのだ? 卿らしくもない。」 ラムサダスは思考中で、半ば上の空で答えた。

「本日の演説は、お取り止めになった方が宜しいかと存じます。」

「ほう…。何か奴らの動きについて、情報を入手したのか。」

「は。本日未明に入手した情報によりますと、例の反乱分子がテロリズムを計画しているというのです。」

「珍しいことではないな。そうと分かっていれば、私ならば心配はいらない。それくらいは卿も知っているはずだろう。」

ラムサダスはにべもなく言った。

「陛下。本日陛下が演説をなされる場所には、他にも大勢の人々が集まるのです。このことを報じ、反乱分子を牽制しなければなりますまい。彼らに、自分たちの行動の逐一が筒抜けであることを知らせてやるのです。」

ラムサダスは恥じ入った。自分の演説を聞きにくる国民のことを忘れて、自分中心で考えてものを言うとは。考えごとの途中であったとはいえ、許されることではないのだ。これが、相手がイアンだからよかったのだ。

「わかった。それなら取りやめねばならないな。国民に犠牲を強いるわけにはゆかぬ。」

「ありがとうご…」

「陛下。」

イアンが言い終わらないうちに、玉座へもう一人の人物が歩を進めて来た。一体いつこの部屋に入ったものはも分からない。それほど暗い存在なのだ。イアンが隠しもせずに、露骨ないやな顔をした。現在帝国の宰相格にある、オーギュスト・ラマルティヌであった。そしてイアンは言った。

「これはラマルティヌ宰相閣下。例の地域資料の分類はお済みですかな?」 嫌みを効かせて承認されてもいない正式な地位で呼び、大がつくくらい馬鹿にへりくだった態度を示した。

「陛下。本日の演説、お止めになってはなりません。」

オーギュストは完全にイアンの声を無視して語り出した。イアンはそれが本当に可能だったとするならばさらにいやな顔をし、ラムサダスの方を向き直って言った。

「陛下、所用がありますので私はこれで。」 そしてラムサダスの返答も聞かずにさっさと走りだし、その部屋にいくつかある荘厳な柱の間の、秘密の通路に体を滑り込ませた。彼のもっとも好む退室法である。

「…ラマルティヌ宰相格。どういうつもりなのだ。」 ラムサダスも、多少不機嫌に尋ねた。

「いっそ彼らに、この血迷った残虐な行為を実行させるべきです。」

彼は、何のためらいもなくそれを言い切った。表情一つ変えずに。もっともこの男が表情を変化させたのを、主君であるラムサダスをはじめ、ひとりとして見た者はいないのだが。

「何!?」 ラムサダスは驚いて見返した。この男、何を考えているのだ。彼は、ただいたずらに人命を捨てることを是認するような男だったのか?

「オスターラントを見殺しにせよと、卿は言うのか!?」 言わずにはいられないラムサダス。いかに他人の手であるとはいえ、人殺しを容認するかのような発言、返答次第によっては…。

「このことによって、彼らは民衆の敵意を一身に浴びることになるのです。いわば彼らは自分で自分の首を絞めることになるのです。」

「だが…。だがあの都市には二万からの民衆がいる。女子供もおろうに…。」

オーギュストの言をラムサダスは多少揺れていた。オーギュストの言わんとしていることが、見えてきたのである。しかし、それは彼自身の矜持の地平にはないことだった。

「陛下は支配者でいらっしゃいます。支配者とは、時として多数の幸福のために、少数の犠牲を容認する必要に迫られるものなのです。」

「それは、初歩的なマヴァケリズムの論法だな。」

「初歩なればこそ、基本でありまた真実なのです。陛下、この反乱が長引けばより多くの血が流されることでしょう。それをお考え下さい。ラムサダス帝国三千万の民衆のために…。」

この返答に、ラムサダスは完全に度を失った。

「人の命とは、そんな簡単な数字で論ぜられるべきものではない!」 ついに皇帝は怒声をあげた。流石に耐えられなかった。生きている人間、アルフ、ドワーフ…それらを単なる帝国を構成するモノとして扱うオーギュストの言葉に。そしてそれを、なんの痛痒も感じずに言い切る彼の精神構造に。しかし、ラムサダスは同時に激しく動揺してもいた。

オーギュストの言には充分な理があるのだ。ラムサダスとて、何も無学で玉座に座っているわけではない。アーサー・フェルナンド皇帝や、シラカン8世・ライトネア王などには遠く及ばないにしても、初歩的な統治学は修めているのだ。

そして、今反乱分子に効果的な手を打っておかなければ、いずれオーギュストの言うように多量の血が流されることは火をみるより明らかなのだ。だからラムサダスとしては、それを回避する為の手立てを講じることさえできれば、こんな手を使いたくはないのだ。しかし、対策が講じられない以上、より有効で犠牲の少ない上策を用いるのは君主としての務めであろう。それは、唯物的な善悪の理論を超えた決断である。

だが、ラムサダスは最後にもうひとつあがいてみた。

「…大規模吸魔剤を用意させろ。」

「陛下。」 オーギュストが詰め寄るように言った。

「慌てるな。決定はぎりぎりまで待つ。それまで下がっていろ。」

オーギュストは黙礼して無言で去り、近侍の手で謁見の間の大きな扉が閉まった。ラムサダスは玉座の中で項垂れて溜息をつき、次いで天を仰ぎ見、今はどこにいるやも知れない友人の名を出した。

「ブラックホースよ…。お前がいたのなら、こんな行為は絶対に許すまいな。所詮、これが私の選んだ道なのか…。」


ラムサダスはもうひとつ溜息をつくと、昨夜から読み掛けの古書の待つ自室へと戻っていった。

ラムサダスは演説の半ばを終えていた。熱弁を奮った。あらん限りの声を出して。

だが彼には、民衆が白けきっているのがいやという程わかった。ラムサダスがどんな能弁を垂れても、どんな麗倩な言い回しをしてみても、まるで暖簾を腕で押すような感触しか得られないのだ。ラムサダスは弊曠な気分を自制によって遮蔽すると、再び民衆に対してその妍容な唇を開いた。

そして、それは空中から落下してきた。その赤い石のひとつは、ラムサダスの眼前20フィートほどに落下した。そして…。

ラムサダスには、傷ひとつなかった。彼の背後に付き添っていたマクシミリアンとオーギュストにも。だが、彼の眼前には数瞬前まで生命を持っていたはずの、無数の物体が散乱していた。男も、女も、老人も、子供も、富める者も、貧しい者も。彼らは「平等に」地に伏しているのだ。

彼と彼の随員の周りにだけ、いつの間にかアンチ・マジック・フィールドが形成されていたのだ。ラムサダスは、軽い恐慌状態に陥った。無辜の民が。何をしたでもない民が、自分の目前にその無残な骸をさらしているのだ。それはとても正視に堪える情景ではなかった。

「…これは。」 おそらく何かを語りたかったのであろうが、ラムサダスの口から実際に紡ぎだされた言葉はそれだけだった。だが、彼は平素の鍛練によって、ほんのわずかの努力によって正気を取り戻した。マクシミリアンがジョルツへの祈りを捧げるのを他所に、展開された無残な光景に対して、冷ややかな目を向けるオーギュストをラムサダスは振り返ると、語気荒く詰め寄った。

「どういうことだ! ラマルティヌ!」

「反乱分子供の攻撃が早まった模様です。手配した大規模吸魔剤は間に合いませんでした。」

それを聞いたラムサダスは、胸の内にあった怒りを隠蔽する努力を停止した。

「何!? ではこのアンチ・マジックはなんだ!」

オーギュストは怯みもせず、

「念のために用意しておいた物です。今の光景はレコーディングによって一部始終記録されています。これを帝国全土に流すのです。」

「貴様、まさかわざと…。」 ラムサダスの精神状態はすでに怒りを通過していた。

「起こってしまったことは、もはやどうしようもありません。それを最大限に利用するのです。2,000の人命を無駄にせぬためにも。」

ラムサダスは頭をたれ、二言三言、言語にならないなにかをつぶやくと、

「白い手をした支配者などいないということか…。わかった。卿のいう通りにしよう…。」

この後、9日にしてラムサダスは反乱軍を壊滅させる。住民の協力をなくした反乱軍は、もはや正規軍を擁するラムサダスの敵になりえなかった。


田中芳樹著「銀河英雄伝説」から、ラインハルトとオーベルシュタインのやり取りをパロディにしたものです。セリフもほとんどそのままです。