アーサーの探求

目の前に、流れる水が伝う巨大な螺旋階段が形作られた。水は神秘的な色に光り輝いている。階段自体が僅かに青みがかった光を放っているようで、その姿はまさに神々の芸術だ。

「…中々に滑稽だな、友よ。長く長く求めていたものの直上で、まさか無為に時を過ごしていようとはな。」

それが返答を期待したものでないことは明らかだったから(彼らはお互い、相手が気付いていないことになっているのだから)、やや離れた所から見守っているクラウドは、何も言わなかった。代わりに彼は、なお往時の健脚は健在ながら、すっかり節くれだった首を僅かに傾け、自分が生涯に渡り仕え、語り合った主君にして最大の親友の姿を視界の端に捉えた。

彼の主君は、不死者となるための試練を、ほとんど終えている。我々ふつうの人間にはない彼の長い寿命は、その成功をほぼ確実なものとしていることだろう - 人と異なる感情を持った、不死者の心象を損ねることを口にするでもない限りは。

だが、彼には親友が遠からず成功するという確信があった。

アーサーはその輝ける流水の伝う階段を見つめ、しばし呼吸を整えた。そして意を決して右手を力強く出し、永遠に洗われる階梯の側面に手を付いた。

刹那、雷に打たれたように身体を硬直させ、意識があるべき所を離れて漂うのを感じた。ここまで来て、余は死ぬのか…? そう思えるほど、現実が遠いものとなった。

だが、そうはならなかった。彼はなお生きており、ただ意識のみが、正体の知れぬ何者かに招き…いや、強引に引き寄せられたのだった。

彼は何処とも知れぬその場所で、過去と未来とに向かい合った。身体は何に掴まれているのか、一切動かすことができなかった。そこで彼は、何者かが階段の階梯に足を降ろすのを見つめていた。彼の脚は階梯をすり抜けて、流れる水に打たれるがままだった。正体の知れぬ者は「凝固」と口にして - その身体は瞬時に階梯の上に移動した - 階段を下りはじめた。何段かを下りたところで、今度は「沈滞」と口にした。

周囲の風景が僅かに変化し、その瞬間、彼は自らの意識を捉えた手に再び力が入るのを感じた。彼の意識は、来た時と同様、強引に引き戻され、自らの身体に押し込まれた。そして、周囲が以前と同じものである…つまり、目前の流水の階段に手を触れたままであることに気付いた。そして、何もかもが一瞬の出来事であったことも。

彼は、自分がこのアーティファクトに認められたことを知った。要するに、この生きた魔法の物品は、彼にさせたい何かを、その場所の不明な頭で考えているのだろう。

乗り掛かった船と言えるだろうか、彼はそれが何であっても受けて立ち、必ず生きて戻るとしか、考えなかった。

だが、今この瞬間にすることは別だ。元々自分がこのアーティファクトを求めていたのは、彼の後援者であるメロスからの指示によるのだ。アーティファクトを発見したことを、報告せねばなるまい。

彼が発見したことで、他の誰かの目にも留まる可能性がある。だが、この巨大な構造物は、おいそれと運び出せる訳ではない。また、彼自身がどことも知れぬあの間で見たように、単に触れようとしても手をすり抜ける。

況して魔法で運び出そうとするなら、怒れるアーティファクトがその不届きな者にどのような罰を下すものか、想像することすらできぬ。差し当たって、彼がここを離れることには何の問題もあるまい。

アーサー・フェルナンドは流水から手を離すと(その手はまったく濡れていない)、帰還の言葉を口にして、揺れる光と消えた。

見守っていたクラウドも、僅かな時間を置いて指輪の魔法を発動させて後を追った。

クエスト

候補者:アーサー・フェルナンド
領域:時間
後援者:メロス(エルメランによる)
探索:フェルナンド王国、帝国の創始(試験はハインスリッターの反乱、1,633年の大飢饉、1,634年のブラウドル侵攻、1,641年の青死病(ブルーデス)蔓延、孫は1,632年誕生のクリスティアの子セレスティア)
試練:1,986年(この頃には混血が進み、エーヴリングの血は突然変異でしか現れなくなっている)、2,127年、2,189年の危機における活躍
任務:ヴァンディオームの流れる螺旋階段の発見
証明:フェルナンド帝国の建国と征服、光の都バレラスの建設

アーティファクト発見概略

ロングッド 竜の洞窟地下の、薄壁を隔てた隠し部屋にある隠し落とし戸から降り、降り立った広大な空間にいる巨龍ミネスタスに娘(クリスティア)を差し出すと、龍がその場を離れる。すると身体の下から流れ昇る灰色の光の滝が現れ、そのまま天井へと伸びる。

ミネスタス(Minnestath)

HD36、hp300。ALL、麻痺凝視(ST-5)、爪2(4-48)、噛み付き(6-60)、翼2(1-20)、尻尾(6-36)、ブレス(hp/2+50)、1-8th魔法、ML12、ほとんどの攻撃のダメージを自動的に半分にし、ST(すべて2)に成功すればさらに半分になる(モータル級魔法のみ。イモータル級魔法はダイレクト)。また噛みつき、爪、尻尾は、50%の確率で与えたダメージ分、hpを回復する。

少なくとも1,000年、螺旋階段を守っている。

なお、差し出された娘を数日間置き留めはするが、あえて怒らせなければ傷付けたり食したりすることはない。娘が逃げ出しても後を追ったりはしない。娘が望めば人間に変身して話し相手になりもする。期間が過ぎればテレポートの呪文で娘を家に送るが、娘が帰るのを拒めば自由にさせるし、話以外の相手も(娘が望めば)可能である。

ヴァンディオームの流れる螺旋階段(Vandioam's flowing spiral stair)

そのままで階梯を踏むことはできず、足がすり抜ける。性格が中立であり、かつ33レベル以上の術者が触れたとき、以下のコマンドワードがテレパシーで伝わる。

触れた状態で「凝固」と発言すると、その年の階梯(アーサーの場合1,670年)にワープし、以降歩くことができる。外から見える階数と実際に上り下りできる階数は一致していない。使用者は(高さが合えば)外から観察可能だが、使用者が100段上り下りするごとに1段上り下りして見える程度で、ほとんど動きを感じられない。

「融解」は階段の外へ出るための発言である。ただし、この前に「沈滞」の発言があったかどうかで、意味が変わる。「沈滞」せずに「融解」した場合、単に階段を脱出する。「沈滞」してから「融解」した場合、使用者は時間を超える…外からはテレポートと同様に見える。階段の上下が時間軸を示し、最初の階梯からの上下が、そのまま現在からの時間を示す。1階梯で1年、階段の左右で年の前半中盤後半を示し、日や時間単位の指定はできない。

時間を跳躍しても、使用者は自身が移動したとは感じない。ただし、階段の外の景色が変わる可能性はある。階段の周りで何年も待つのでない限り、同行者も消えているだろう。

イモータルは発言の必要がなく、望めば階段上に出入りできる。また1PPを消費して、秒単位で正確な日時を指定可能。