主要人物

ド・トゥ教国の主な人物。

アルフミリエル・エストール(Alphmirier Estor)

1,578.9.4生, 51歳(見掛け50歳).

前女王

母レストラルの在位中は高い知性を誇ったが、即位した時にはメイヤーの奸計で地に落ちていた。

知能は低いが神がかった容姿と無限の体力を持つ夫バイロンに溺れ、半ば正気を失っている。8年で退位して夫共々山間にある宮殿で快楽漬けの日々を送っている。夫婦でロンゲヴィティを服用しているため、容姿は若い。

子供は公式にはマーデミルとケイダだけだが、1ダース以上いるとも言われる。義弟メイヤーが足繁く通っているという噂もあったが、実際に通っていたのは甥のジェミルである。

アルフミリエル・フェイミール(Alphmirier Feymir)

Factory for Avatarにて作成(髪色を変更)

1,610.4.2生, 19歳(見掛け20歳). 身長4'10" 体重84 lbs.

第一王女、次期女王

すべてにおいて飽きっぽく、伝統にも関心がない。母までは一応マンスリーナイトに籍を置くのが伝統だったが、彼女はそれにすら従わなかった。属しているのは妹のピュリアールである。王宮にいるよりは外を出歩くのが好きであり、本心では女王になどなりたくないと考えている。

母マーデミル譲りの才能を秘めながら、厳しい母に反発をして修行に身が入っていない。ジェミル右大公の子であるカッサンを夫としているが、子供を産むつもりもない。カッサンは弟サイラスと共に幼いころから粗野で暴力的なことで知られており、フェイミールとピュリアールの姉妹のみならず多くの少女が涙に暮れていた。フェイミールは彼を毛嫌いしていたのに、伝統だからと結婚させられたことで母とジェミルの二人を深く恨んでいる。

幼い頃からケイダ左大公の子ノルドンに惹かれており、彼がカッサンを殺して自分を連れ去ってくれることを夢想する。ノルドンも既に妻子ある身だが。妹ピュリアールには羨望を抱いているが、負の感情にまでは至っておらず、自分のために苦労を掛けていることを申し訳ないとも感じている。

アルフミリエル・マーデミル(Alphmirier Mardemyr)

Factory for Avatarにて作成

1,595.12.27生, 34歳(見掛け30歳). 身長4'11" 体重86 lbs.

第十二代女王(最高司祭)

メイヤー前右大公の言いなりになった母を持つ。1,620年に即位。代々女帝を擁するこの国にあって、彼女は忠実にその仕来りを護っている。彼女は小柄であるがその卓越した神技の才がそれを補っている。自分にも他人にも厳しいため母のように墜ちることはなかったが、幼い頃からメイヤーとジェミルに教育されたためその言葉を疑っていない。メイヤー右左大公の長男ノードルニを夫としたのも、ジェミルの「国のためだ」という言葉によるものである。彼女はフェイミール、ピュリアールという娘を産み、フェイミールが次代女王候補となっている。

この国の建国者であるアルフミリエル・サンクラルは女神の娘とされ、圧倒的な力を誇っていた。しかし二代目、三代目となるに従って力の衰えが顕著になったため、第四代女王ドーズールは二大公制という王家存続のための方策を編みだした。女王の兄や弟を左右大公とし、その息子(つまり従兄弟)が次期女王の夫(王)となるという仕組みである。これにより力の減退が抑止されることが確認され、現在に至る。

マーデミルの夫は、本来であれば前女王であり母であるエストールの兄、ハランド前左大公の子サージュであった。しかし、ハランドはある事件で失脚して王子としての資格を失い、その子サージュもまた、マーデミルの夫候補ではなくなった。このため、父方の従兄弟であるノードルニを夫としたのである。マーデミルにとって結婚は完全に仕来りであり、義務であったため、ノードルニには(彼が無能であることもあって)何の感情も抱いていない。

フェイミールの不真面目さが許せず、自身を上回るほど優秀なピュリアールとどうしても比較してしまい、結果的に必要以上につらく当たっている。さらにフェイミールは、これも本来であれば伯父ケイダ左大公の息子フラトンを夫とするはずだったが、実際には別の人物である。ノードルニの弟であり、現在国の実権を握っているジェミル右大公によって、ジェミルの子カッサンを夫としている。フェイミールは幼いころからカッサンを毛嫌いしていたため、このことでも余計に母を恨むようになっている。

カッサン(Kassan)

1,606.8.30生, 23歳(見掛け同じ).

右大公息

ジェミル陣営。ジェミルの長男で、思想的には完全な後継者。ただし父親の知性はまったく受け継がれておらず、父と祖父の威光を笠に着る。二人の行動に何の疑問も抱かず、次期女王フェイミールを自由にできる立場に浮かれている。

粗野ですぐに暴力に訴える短気な気質であり、とくに配偶者のフェイミールに痣がない日はないくらいである。本来の容貌は悪くないが、性格が顔を歪めさせている。

一応陸軍に所属しているものの、訓練以外に参加したことはなく、戦士としての修行もしていない。ピュリアールは弟のものになるだろうと考えているが、王となる自分には二人とも自由にする権利があると信じており、それだけでなく失脚したハランド筋のジェインとメイアも自分の所有物になるべきだと考えている。

ケイダ(Keida)

1,594.7.12生, 35歳(見掛け30歳).

左大公

マーデミルの兄である遠謀の人。ハランド前右大公の失脚後、メイヤーとジェミルによって左大公に据えられた。しかし表向きジェミル陣営である振りをして、息子ノルドンやフラトンには決して彼らと深く関わらないように言っている。

かつて将軍も勤めたややいかつい容貌だが人気の高い武人。妻はケジェロ公爵の娘。

サイラス(Silas)

1,613.8.7生, 16歳(見掛け同じ).

右大公息

ジェミル陣営。ジェミルの次男でジュリアの弟。兄以上に知性が足りておらず、兄の腰巾着。兄に従っていることで、そのおこぼれ(主にフェイミール)にあずかることを夢想する他、父は自分にピュリアールを与えるつもりだろうと考えている。ジェインやメイアに対する感情は兄と同様である。腕力に頼る傾向もまた、兄以上である。

兄にあまり似ていないので、母はジェミルの正妻ではないという噂もある。

サージュ(Surge)

前左大公息

1,590.10.12生, 39歳(見掛け同じ).

ハランド陣営。マーデミルの本来の夫候補であるハランドの長男。丸眼鏡の優しい容貌をした学者肌の人物で、戦闘能力はない。

父を陥れたメイヤーを憎んでいるが、かと言ってことを荒立てたくもなく、父の名誉が穏便に回復される術を考えている。

ケイダとは昔からの友人。妻はクルムロフ伯爵の妹。

ジェイン(Jane)

1,605.1.4生, 24歳(見掛け同じ).

前左大公息女、マンスリーナイトリーダー

ハランド陣営。サージュの長女。正義感の強い優秀な戦士で、彼女より年長の者もいる中で名実ともにマンスリーナイトのリーダーを務める。ピュリアールと仲が良く、戦闘でも良いコンビネーションを見せる。

ケイダに惹かれているが誰にも語っていない。カッサンとサイラスが隠すことがないため自分とメイアをどうしたいのかは解っており、兄弟を蛇蝎のごとく嫌っている。

ジェミル(Jemir)

1,590.4.1生, 39歳(見掛け35歳).

右大公

父メイヤーから右大公を譲られた次男(兄は王ノードルニ)で、父を上回る陰湿な権力志向者。現在教国を実質的に牛耳る人物。ケイダを手駒とすることで左右両大公筋を自身で管理し、王家を完全な支配下におくことを考えている。しかし頭の切れるケイダのことは全面的に信用していない。そのためその子が王になることを許さず、父同様王の資格のない息子カッサンをフェイミールの夫とした。娘ジュリアは権勢拡大のためダランダス公爵の息子に嫁がせるつもりでいる。また未だ人気のあるハランドを処刑したいと考えている。

一方でピュリアールの処遇は決めあぐねている。排除するべきだと理解しているが、実行していない。ピュリアールの優れた力と高い人気は無視できぬというのが周囲に語っている理由だが、実際には彼がピュリアールを手に入れたいからである。彼を留めているのはヒュリン右大公の故事だが、女王ではないので問題ないという考えに傾きつつある。

それ以外でも根っからの女好きで、町中で平民の娘を物色し、見目よい娘を屋敷で働かせては手を付けている。庶子が2ダースは存在する。以前は伯母のエストールが暮らす宮殿に通っていた。基本的には充分に用意周到だが突発事態に弱く、しばしば考えなしに行動する。父親に及ばぬところである。

ジュリア(Julia)

1,610.7.30生, 19歳(見掛け同じ).

右大公の息女、マンスリーナイト

父の手駒になるために生まれたと言っても良い女戦士。亡き母譲りの生真面目な性格で、それなりに能力も高い。マンスリーナイトに所属するまでは、貴族とはそういうものなのだと家族の行動にとくに疑問を抱いていなかった。しかし敵対陣営のジェインやメイア、それに公爵以下出身の他のメンバーたちと語らい、平民たちとも交わるうちに心境が大きく変化し、家族に対する違和感、嫌悪感が頭をもたげるようになった。とくに父と兄の女性の扱いに吐き気を催すことが多い。ピュリアールを含め、ケイダ側に親近感を抱きつつそれを表すことができないことに悩んでいる。従って現状はジェミル陣営だが、心から従っているわけではない。

ナキア・ヨハナン(Nakia Yohanan)

1,616.7.9生, 13歳(見掛け同じ). 身長5'1" 体重89 lbs.

サンドフォーク

ド・トゥ教国マヤの街に住む少女。砂色の長い髪と、同じような色の瞳を持つ。前髪は眉毛の少し下あたりできれいに揃えている。釣り目気味で不敵な笑みを浮かべていることが多い。肌の色は薄く、細身。黒のシンプルなロングドレスをまとう。右足首に赤のリボンを結び、ヒールのついた黒い靴を履く。鈴が鳴るような軽やかで音楽的な声を持つ。

性格はまごうことなきカオティックである。邪気のない素直な言葉で信用を得つつ、その実 嘘を織り交ぜて相手を翻弄し、大変な苦労をさせてごく僅かな利益を与えることを好む。ただ、大抵の者はその苦労が彼女の言葉に従いさえしなければもたらされなかったことに気づけない。

相手を著しく傷めつけたり殺そうとしたりすることはないが、仮に自分の計画通りに動かなかったことで命を落としても罪悪感を抱くことはなく、単に予定通りでなかったことを「つまらない」と表現することが多い。

ただ、彼女の予測を超える動きによって危険を回避したり、さらに彼女の意図にたどり着いたりした場合は感動し、相手を気に入ることがある。こうしたときでもやり方を変えることは少ないが、往々にして報酬を増やしたり、相手がその時点で望むものを手に入れる手助けを(結果的に)することがある。

なお、彼女の意図に気付いたがその手の上で踊らされるのを好まず、報酬を拒絶した場合、憤慨し、配下を使って相手を殺しにかかることがある。ただし彼女はいずれにしてもその時点で相手に関知するのをやめてしまう。自ら差し向けた刺客が成功しても失敗しても何の反応も示さない。

彼女はサンドフォークである。彼らは意思により砂を特定の形に固定することができ、それなりに色を変えることもできる。ただし黒、白など純色にはできない。人間の姿を取って異性に近づくことが多い。その中で彼女はとくに、人間をからかうことを好んでいる。

ノードルニ(Nordolni)

1,589.2.25生, 40歳(見掛け同じ).

国王

前右大公メイヤーの長男で国王。ジェミル陣営。国法上、国王は女王が次代を産むための道具であるが、叔父のバイロンからは権力を持つようになっている。根は善人だが意志が極めて弱く、完全に父と弟の言いなりである。能力的に秀でたところもなく、むしろ水準を下回っている。国王としても、子を成す以上のことは何もしていない。

マーデミルのことを愛しており、大貴族でありながら彼女以外の女を知らないほどだが、マーデミルからは何とも思われていない。

ノルドン(Nordon)

1,610.1.25生, 19歳(見掛け同じ).

海軍提督、右大公息

ケイダ陣営。ケイダの長男。勇猛果敢な美男で軍内の人気も高い。フェイミールの本来の夫候補で、お互い気づいていなかったものの相思相愛だった。

妻はマドーラ伯爵の娘。

ハランド(Harand)

1,575.4.25生, 54歳(見掛け60歳).

前左大公

エストールの兄であるかつての左大公。壮年の人格者。

かつてメイヤーの謀略にはまり、その地位を追われた。メイヤーに狂わされた妹を思って心を痛めている。彼はまだ下級貴族や平民たちに人気があるが、ジェミルに対抗できるほどの力はない。自分の味方をするケイダに破滅がもたらされることを危惧する。

ピュリアール(Puriar)

Factory for Avatarにて作成(髪色を変更)

1,612.4.21生, 17歳(見掛け同じ). 身長5'0" 体重110 lbs.

第二王女、マンスリーナイト副長

素直で人を疑うことを知らず、争いを好まない。姉を愛しており、彼女が母に反発することに心を痛めている。不遇な姉を神が幸せに導いてくれることを祈っている。ただし意志は強く、戦いが蹴られぬとなればためらうことはない。また初志貫徹型でそのための努力も惜しまない。

プリルという名でマンスリーナイト副長を務める。当初はただ歴代同様箔をつけるための入隊と言われたが、彼女は実績で否定してみせた。性格とナイトでの活躍により平民や下級貴族からは絶大な信望を集めており、彼女を女王にとの声は巷間で平然と語られている。ピュリアールの才能は姉や母を遥かに凌駕しており、初代サンクラルの生まれ変わりとさえ言われるようになった。

ジェミルやカッサンが自身に向ける欲望には気づいているが、そんなものかな、程度にしか受け取っていない。

フラトン(Fraton)

1,613.11.16生, 16歳(見掛け同じ).

左大公息

ケイダ陣営。ケイダの次男。陸軍グレオール将軍の有能な副官。兄同様美男で智勇兼備だが、一歩劣る。彼もまた、ジェミルの専横を苦々しく思っている。

かつては兄同様王女姉妹に、とくにピュリアールに恋心を抱いていたが、次男である自分には縁のない話だと早々に見切っており、未婚だが平民の恋人を持っている。

メイア(Maya)

1,609.5.22生, 20歳(見掛け同じ).

前左大公息女、マンスリーナイトリーダー

ハランド陣営。ジェインの妹。姉に続いてマンスリーナイトになった。ジュリアやピュリアールとも親しく接している。

幼い頃にカッサン、サイラスに殴られたことで男性恐怖症になり、優しく強い姉に道ならぬ思いを抱くようになった。兄弟からの暴力はなおも続いているが、しばらく前からは性的なものになって来ている。

ただし、本気を出しさえすれば彼らがマンスリーナイトの一員たるメイアに敵わないことは明白である。

メイヤー(Meyer)

1,569.11.5生, 60歳(見掛け同じ).

前右大公

老獪な陰謀家。ジェミル陣営。兄バイロン(知性は頼りないが魅力溢れ胆力に優れる)を操って王女エストールを性の虜にし、その判断力を低下させた。息子のノードルニには本来王の資格が無かったが、彼はその資格を持つサージュの父で政敵のハランドを陥れた。ハランドが持つ王家のブローチを奪った上で母が女王ではないと言いがかりをつけて失脚させ、息子を強引にマーデミルの夫としたのである。またマーデミルの兄ケイダを左大公としたのも彼である。その後エストールを退位させ、バイロン共々山間のサールニックに移住させた。

母に似ず厳格なマーデミルを快楽漬けにはできなかったが、それでも彼の指示に従う道具にはできた。彼としてはこの時点で個人の目的は達成した。10年前に大病を患い、気力の減退が見られる。その後は権力への飽くなき執着を見せる息子が彼らの破滅をもたらすという予感を覚えるようになっている。