人物

アディアン・ノートリス(Adian Nortris)

画:hashiya

1,604.7.13生, 25歳(見掛け同じ). 身長5'5" 体重130 lbs.

男爵、補弼

アルハンゲル卿。知識と知恵に優れ、智者と名高い。普段は話し掛けない限りはほとんど口を開くこともないほどの物静かな人物だが、突然突拍子もないことを口にすることもある。知識量ではローグランド・デリス・マイルトリアス男爵には及ばぬものの、発想力が格段に違う。年齢はアディアンの方が上ということもあり、ローグランドは基本的に一歩下がる形である。ハレスガードは彼ら二人の組み合わせから非常に多くのことを得ている。

あまり身だしなみに注意を払わない方であり、不潔ではないながらも収まりの悪い黒髪はボサボサなことが多い。黄土色の瞳は、何かを思いつくとキラキラと輝きを放ち、トパーズに喩えられることがある。普段は気難しい表情を浮かべていることが多いのに、発想を得ると破顔して不思議な表情になる。とくに好みもなく様々な衣装を着るが、共通しているのは肩掛けになった革のホルダーであり、また突然の思いつきをメモするためにペンと羊皮紙を常時胸のあたりにしまい込んでいる。多少自分勝手なところがあり、基本的には国家のことを考えつつも独断専行してしまうこともある。ローグランドはある意味でその制御の役も担っている。

ノートリス家は代々国家に仕えながらも、過去数世代暗殺者を雇って政敵を排除したりした過去を持つ。このことは噂レベルには広まっているが、確たる証拠を掴んだ者はいない。王家もその例外ではないが、それは国王もまたその力を借りたことがあるからという理由もある。ただしアディアンの代になってからは、一度もそうした者たちに仕事を依頼したことはない。

父である当主ペイリンは健在であり、形式上はまだ彼が男爵であるが、実際にはほとんどの公務をアディアンが引き継いでいる。既に領民だけでなくハレスガードも彼を男爵と呼んで久しい。彼が実務を手がけるようになったは10代の頃からであるが、1,624年、20歳の誕生日には大半の判断を父から譲られている。またこの年、ハレスガードの輔弼となった。1,630年には書類上においてもアディアンが正式の男爵となる予定である。ペイリンは元々海外のコイン収集とその目録作りを趣味としており、隠居して空いた時間の多くをそれに費やすようになっている。

妻はワイアー・ライオネルス男爵の娘ヴェセーラ。3つ歳下。1,622年に結婚し、現在までに息子と娘がひとりづつ。

アンジェロ・イェルト(Angello Yelt)

王国興亡記様フリー素材、背景:TEDDY PLAZA様フリー素材

1,591.6.14生, 38歳(見掛け同じ). 身長5'5" 体重127 lbs.

公爵息

現イェルト公爵マジュロの長男で、次期公爵。国王ハレスガード・ダンクノックの幼少からの親友でもある。公爵家の人間として雑務に追われながら、戦士としての鍛錬も欠かすことはない。かつては南の大陸への冒険行をハレスガードと共にしたこともあり、「お互い引退したら、また旅に出るか」と会話していたりもする。

厳しく何事にも用意周到な父と、真面目で与えられた役割を黙々とこなす母によって育てられたことから、人格者として名が知れるに至っている。慎重さという面ではハレスガードも同じであるが、行動の判断基準としてハレスガードが全体の利害損得を優先して臨機応変に対処する一方で、アンジェロは人と人との感情に思いを致しながらも状況に流されることなく常に正しくあろうとする。この微妙な性格の差により、幼少時には何度か喧嘩をしたこともあるが、決して互いを嫌いになったことはない。結果としてハレスガードは実績を、アンジェロは人柄を慕われるようになっている。ただ、勤勉で努力を惜しまぬ性格ながら、不調に陥ると弱気の虫が顔を覗かせることがあるのを、ハレスガードは知っている。

明るい茶色の髪は父の若い頃に似た栗色でやや長めだがさっぱりして見えるように調えている。瞳は赤に近いオレンジ。紺色に染めたヴェルヴェット地の衣装を良く着ている。華美な装いは好まないが清潔さには気を遣っている。

妃は1,607年に結婚したオクサーナ・メグリカ男爵令嬢。ランジェス、ケジェロという二人の息子がいる。妹のキミは、ハレスガードの弟グラスリード(現ダンクノック公爵)の妃となっている。

イェステル・ファルティアン(Yestel Faltian)

画:ruder/あいぼん

1,611.12.4生, 18歳(見掛け同じ). 身長5'9" 体重158 lbs.

伯爵

髪は緩やかに波打って肩下まで伸びる長さ。その色は姉ティシアラにくらべて大分暗い。きれいに口の脇を下がる口髭と、短く整えられた顎髭を持つ。瞳はカプリブルー。姉は母親似でそれなりの容貌を持っているが、彼は父親に似てあまり見た目が良くない。筋肉の塊というわけではないにしても、どちらかといえば無骨な印象を与える。戦士としての力量も頭脳も姉の方がずいぶん優秀である。自身が何においても姉に見劣りすることは8歳頃には認識していたが、それで腐ったことはない。能力で及ばぬならば、せめて誰に対しても誠実に、親切に接しようと自身に言い聞かせ続けた。頭は悪くとも、努力すれば知識は身につくとも考えた。その性格はまた、貴族でありながらも平民たちに広く目を配ることができるという特性にも結びついている。正義感と優しさ、そして元々不思議と人を引きつける魅力を持っていたこともあって、やや気弱な面はあっても多くの人の信頼を勝ち得るようになった。

寒さを感じる感覚が麻痺していることと、常に一般的に「熱がある」とされる体温であることで、寒い地域でありながら一年中半袖で過ごしている。ハルバードを得物として戦士としての訓練も積んでいるが、戦う際に金属鎧を身につけることはなく、まとっても袖のない鎖帷子までである。兜をつけることもない。

一昨年の正月1日、まさに1,628年が始まったその日に、父ホーファルツは死亡した。35歳の若さだった。イェステルはゆくゆくは伯爵家を継がねばならないとは思いながらも、あまりに突然の出来事に狼狽え、姉に「当主となってくれ」と頼んだほどだった。配下の者たちの中にも、次代にはティシアラこそふさわしいと考える者がそれなりにいることを知っていた。ティシアラはイェステルの横面を叩き、諭した。イェステルは落ち着きを取り戻し、1週間喪に服すように領民に伝え、それから当主となることを国王ハレスガードに報告した。

妻はフィンセント・サクマ男爵の孫娘ロセリア。3年前に結婚したが子供はまだない。守護戦士になる前のミズキ・フォーブラックを助けたことがあり、そのときからミズキはイェステルに心惹かれている。

エリシエル・ダンクノック(Ericiel Duncnoc)

画:0012

1,615.3.8生, 14歳(見掛け同じ). 身長4'11" 体重93 lbs.

王女

太ももあたりまで届くけぶるようなくすんだ長い金髪と、深い青紫の瞳を持つ美しい少女。

現国王ハレスガード・ダンクノック一人娘。前国王リスク・イェルトの第一王女だった母ラリエは、彼女の出産で体調を崩し、抱き上げることさえないままに他界した。従って彼女に母親の記憶はない。ラリエの妹のシェラリーフがある程度養育を担当しており、今でも嫁ぎ先のグラスター侯爵家から彼女の様子を伺いに来ることがある。実母でないことは承知だが、エリシエルにとっては彼女こそが母親である。

父王を始め周囲に可愛がられて育ったため、多少わがままな部分もあるが、王国の伝統にのっとって戦士としての修行は怠りない。そこいらの男など軽くいなすだけの実力は備えている。ただ、とくに争いを好んではおらずむしろ敬遠している。また政治学をはじめとした勉学はあまり誉められたものではなく、そもそも知識欲もない。守護戦士たちと花園でくつろいでいるときが、一番幸せなようである。歌と楽器をこなし、とくにハープの腕はなかなかのもの。

妙齢とあって多数の貴族からの求婚がある。現状は国王の資格が公爵家の男子と国法で決まっているため、イェルト家以外の貴族の子弟がエリシエルと結婚しても王になることはできないが、仮に婿養子に入った上で彼女に子が生まれればその子には資格がある。ただ、これまでのところ彼女はひとつとして取り合っていない。とくに1,630年初頭のアルファ国際会議において、フェルナンドのアンドリュー皇太子を見初めてからは尚更である。なお、それはアンドリューの方でも同じであり、エリシエル以外を后とすることはできないと周囲に語っている。

ただ、若い二人は当初互いに引かれ合っているとは考えていなかった。王女は2月、ディルゴにおいて開かれるNoSTOの会合に、アンドリューが名代として出席すると聞くやいなや、臨時参加の父王ハレスガードに無理強いして同席した。そして会合の後、お互いの気持ちを確認しあったのである。ハレスガードはこのとき二人の想いを知ったが、娘がなにか言ってくるまでは黙っているつもりである。

守護戦士たちはエリシエルを仕えるべき主として、そして友人として愛しており、大切に思っている。それはエリシエルも知っているし、エリシエルにとっても彼女たちは友人である。ただ、4人のうちカリミアだけはそれを超えた感情をエリシエルに対して抱いている。常に冷静で無口なカリミアだけあって、エリシエルはそれにまったく気づいていないが。

魔法によりあらゆる言語(魔法文字以外)を読むことができ、またアルフ種族が持っているような暗視能力を持つ。

エリタリア・イェルト(Elitaria Yelt)

1,555.10.11生, 1,602.8.30死去, 享年46歳(見掛け同じ). 身長5'2" 体重121 lbs.

第三十五代国王

前王リスクの父で彼の前の王。500年来の賢王と呼ばれ、穏やかさと不正を厳しく断じる二面ある性格で善政を敷いた。

1,599年の末まで国王を務め、1,600年に息子に譲位すると、イェルトの街にある一族の屋敷に隣接した土地に小さな館を建て、余生を送った。1,602年に死去する直前までほぼ毎日、その館の周囲に庭園を作り続けていた。彼の庭園は部分的に魔法で温暖が保たれている箇所もあり、一年を通じ花が咲いている。いくつかはエリタリア自身の品種改良による花である。

晩年の館とその小さな庭園とは、現在「エリタリア宮」の名で一般市民に無償で開放されている。維持費は基本的にイェルト家がまかなっているが、庭園内にはコイン入れが常設されており、それなりの寄付額になっている。

リスクに至るイェルト王家は、さらにこの3代前が本家イェルト公爵家の長男であり、その前はダンクノック系であった。

カリミア・レイフィス(Kalimia Layfis)

Factory for Avatarにて作成

1,613.11.16生, 16歳(見掛け同じ). 身長4'11" 体重108 lbs.

王女守護戦士、金の騎士

銀の長髪で後ろに大きなリボン(グレーあるいは紫色など)。肌の色は非常に淡く、瞳もまた淡い空色であまり光がない。ぽやっとした表情をしているが、その整った容姿は人目を惹かずにいられない。戦闘では白を基調とした騎士服の上に軽装の金属鎧を身につける(兜をかぶることはない)。普段はグレーやベージュをメインに一部黒といった派手さのない衣装を身につけることが多い。

フラクタンスに近い旧王都フォセステンの外れ、食うにも困るほどの下級民の出であり、王女守護戦士4人の中でも、貴族令嬢である他の3人とはそもそも身分がまったく異なる。王女守護戦士は貴族出身者に限定されたものではないが、最下層の民からの選出は史上初である。両親は魚を売ったり、洗濯を引き受けたりして少ない日銭を得ていた。そんな家に生まれた彼女がどのようにして剣を手にするようになったのか、これまで彼女自身が語ったことはない。彼女の師は、一般には「ドラゴン」として知られる人物である。ドラゴンは、伝説とも称される永世王国の26人衆を10年務めた赤毛の戦士であり、引退して故郷コリントへ帰還していた。本名をマティアス・ユリ・シュテルテベーカーという。今の愛剣もまた、師から騎士叙勲に際して譲られたものである。

1,624年、11歳にして騎士に志願してその実力を認められ、さらに1,627年には並み居る上位者をすべて退けた上に外地での試験もクリアし、聖騎士の称号を得た。彼女が騎士を目指したのは、師の勧めというよりもむしろ両親に楽をしてもらいたかったからである。1,628年、前任の金の守護騎士は引退に際して彼女を後任として推挙した。これには貴族の中には公然と反対した者も多かった。そもそも彼女に聖騎士の称号を授けることにも反対だった者、前任の推挙があってさえ格下げすべきだと主張していた者もいる。中には自分が面倒を見ると言った者さえいた(守護戦士の身分まで得れば、自分がそうするまでもなく十分生活ができるようになってしまうためで、要するに彼女の容姿目当てであった)。

しかし国王ハレスガードはそのような声をすべて封じた。彼自身が公爵家の出でありながら他の貴族をさほど重視していなかったことはもちろん(無能なものは即位早々実質的に追放されている)、カリミアがコリントでは数少ない実力で勝ち取った聖騎士であること、同年代で彼女を超える剣技を持つ者がティシアラだけだったこと、王女エリシエルともすぐに打ち解けたこと、そして平民出身だが神がかった容姿を持つ彼女をメンバーに加えれば、疑いなく平民から高い人気が得られるであろうことを考慮した。

ほとんどのことに対しては感情が薄く、自分から動くことも少ないが、エリシエルを護るためであれば躊躇なく剣を抜く。その容姿ゆえ年代を問わず男性人気は高いが、彼女は男性に興味がない。エリシエルに対して友情を超えた思いを抱いている。ただしエリシエルは気づいていない。アンドリュー・フェルナンドがエリシエルを想っていると気づくや彼を敵視するようになり、ディルゴで行われたNoSTOの会合では二人が近付こうとしたときにエリシエルの隣に進み出て彼女の腕を取った。なお、王国でアンドリューとエリシエルの関係を知っているのは、カリミアとハレスガードだけである。

魔法剣「稲妻の剣」を扱う。この剣は水に関係した対象に対して絶大な威力を持つ。魔法により大抵の動物との会話が可能である。また同じく別の魔法によって雷や電気によって怪我をしない(魔法の雷ではわずかに傷を負う)。また簡易な治癒術や、邪気を払うといった力の行使も可能である。

グラスリード・ダンクノック(Glasried Duncnoc)

画:hashiya

1,591.1.12生, 38歳(見掛け同じ). 身長5'8" 体重135 lbs.

公爵、国王ハレスガードの実弟

ハレスガードの弟であり、ダンクノック家当主。先代当主だった兄が先王リスク・イェルトの輔弼から王に選出されたため、兄に代わって公爵となった。ハレスガードの子はエリシエル一人。妃に先立たれ、第二妃をとらないことも名言している以上この後も男子は望めない。そのため、次王は両公爵家のいずれかから選ばれることになる。建国時の取り決めによりそれはほぼ確実にイェルトであるが、何らかの事情によりイェルトの男子が全員物故若しくはそれに近い状態となれば、グラスリードが選出される可能性もゼロではない。性格的にグラスリードはそれを普段から意識したりはしないし、ましてそれに向かって何らかの策謀を巡らせたりすることもないが、万が一そうなった場合には落ち着いて対処しようという思いはある。

全体的な容姿は兄に似た偉丈夫で、やや背が高くその分体重が少しだけ重い。容貌は似ており髪も兄と同色だが、多少柔らかい表情をしており、髪も肩下程度まで伸ばしているため二人を知る人間であれば間違うことはない。瞳の色もまた、比較して明るめである。政治感覚や知識、即断力はやや劣るも、強権を用いるよりも対話を好む穏健派として知られる。剣の腕は兄と同等、多少上といったところ。魔術は二人とも使えない。十代の頃には、兄と二人で荒野への冒険に出たこともある。

さらなる、そしてもっとも大きな違いを挙げれば、ハレスガードは国王という地位にありながら華美を極端に遠ざけるきらいがあり、抑えた色の軽装に一部革鎧を付ける程度が多い。冠を載せることもない。これに対しグラスリードは額や肩口、胸、指に装飾品を付けており比較的明るい色の衣装を好む。外国からの使節が二人並んでいるのを見て、グラスリードを国王だと誤解したこともあった。

もっとも、そうした性格の違いは幼少の頃なら殴り合いの喧嘩になったこともあるが、15歳頃からはお互いの個性だと考えており、いちいち相手にこうしろと言うことはなくなっている。現在では兄弟の間で特段の波風が立つことは少なく、関係は良好である。グラスリードは国王という地位について、「公爵でさえ日々の重圧が厳しいのだから、兄上のような国王になどなれるはずがない」と折に触れて直接語っている。これは本心であり、兄への尊敬の念を抱いている。かたやハレスガードは弟の柔軟な思考能力を高く評価している。ハレスガードも柔軟といえば柔軟ではあるが、それは「多くの話を聞く」という点についてのみであり、一度意を決すればどのような抵抗があろうとも貫こうとする。グラスリードのように他者に遠慮したり説得に応じたりすることがない。妃の件にしてもそうである。この違いは例えば二人でチェスをしたときにも表れる。グラスリードの長考はときに時間を使い切ってしまうが、ハレスガードの思考を読みきれば決断の裏をかく手を繰り出すことができる。

ジュリアス・フィラー(Julius Filler)

三日月アルペジオ様フリー素材、背景:素材Good様フリー素材を使用

1,603.10.18生, 26歳(見掛け同じ). 身長4'7" 体重73 lbs.

男爵

昨年末に父バレットから男爵位を継承したばかり。淡い金の髪を長く伸ばして首の後ろで結んでいる。赤い瞳と非常に整った容姿、しみ一つない色白な肌を持つ。自身の美しい容姿を認識しており、これを最大限引き立てるために衣装も白と金のものを好み、アクセントに銀や青をあしらう。貴族はもとより多くの平民の少女たちからも熱い視線を集める存在。様々なしがらみでまだ結婚していない。

フィラー家は4代前のフラッドが貴族に取り立てられた比較的新しい存在である。もとは農民だったが、あるキノコを発見、栽培したことで一代で財を成した。さらにそれをメリアス・イェルト王に献上して大いに喜ばれ、男爵位を授けられたのである。このキノコはフィラー家専用の敷地内で栽培されており、それを守るために彼らは代々防衛・防御・探知等に特化した魔術を習得する。これは世界の様々な魔術から攻撃系を除いた上でエッセンスを凝縮したようなもので、フィラー家特有である。即座に致命傷を与えるようなものではない。ただし空中に弾き飛ばされるようなものもあり、打ちどころが悪ければ死ぬこともある。シルヴィア・タランティスやその他の魔術師にとっては破壊しようと思えばできるくらいのものだが、そうした者たちがこそ泥のようなことをするはずもない。

ジュリアスは常に理知的で冷静な存在に見えるが、その実非常に小心者であり、自分の印象や評判がどうなっているかが常に頭から離れない。また家の義務でもある魔術の習得も才能の問題であまりものになっていない。実際、農園の防衛はもっぱら弟のラフィットの仕事になっている。

ジュリアスの母はチェザーレ子爵家のロネツィア。現チェザーレ当主ベリーニの妹である。チェザーレは二代前から翳りが見えており、バレットの財力に目がくらんだ父親によって縁談が決められた。ロネツィア自身はバレットをなんら愛していないが、二人の息子ジュリアスとラフィット、そして娘のガートルードのことを溺愛している。

シルヴィア・タランティス(Silvia Talantis)

きゃらふとにて作成

1,574.3.14生, 55歳(見掛け13歳). 身長4'4" 体重79 lbs.

美少女魔術師

シルヴィア・タランティスの物語参照。

表向きは1,606年生ということにしている。

ティカ・ハイフォール(Tica Highfall)

Factory for Avatarにて作成

1,615.12.25生, 14歳(見掛け同じ). 身長4'6" 体重91 lbs.

侯爵令嬢

コリントに二つある侯爵家のうち、古い家柄であるハイフォール家に属する、当主マッスルの長女。明るい茶色の髪を二つお下げにしている、ミモザ色の大きな瞳を持った少女。

無知や不器用というわけではないが、何かに付けて不思議な連想や発想をすることでズレた行動をとってしまい、結果何もできないことが多い。基本的には常に笑顔で失敗しても大泣きすることはなく、短時間で立ち直る性格をしている。自分では人見知りで人付き合いも悪いと考えているが、実際には誰に対しても物怖じせずに話しかけることができ、かつ不思議と相手から悪い印象を持たれることが少ない。そのおかげで数々の失敗にも関わらず、立場を悪くしていない、幸運な人物でもある。

今年で12歳になる弟レナードがいる。姉がトラブルメーカーということもあって年齢に比べてだいぶ大人びた考え方をしている。ティカのことは世話のやける姉だと思っているが、それでも何かと手助けしてしまい、嫌うことができないのはティカの性格のなせるわざである。

前当主でマッスルの父親であるラーゼスにはティカを含め7人の孫がいるが、一番気に入っているのがティカである。

ハイフォールは医学薬学を家業とする家柄であるが、ティカは申し訳程度にそれを習っているくらいで、一人前とは言い難い。もっとも、娘はどこかの貴族の妃となることが多いためそれが問題になることはないが。

ティシアラ・ファルティアン(Ticiara Faltian)

画:ruder/あいぼん

1,610.10.15生, 19歳(見掛け20歳). 身長5'3" 体重121 lbs.

王女守護戦士リーダー、木の騎士、伯爵の姉

肩下までの明るい茶色の髪。顔の両側はくるくると巻いている。ヘーゼルの瞳。伯爵令嬢(現在の伯爵は弟のイェステル)。女性にしては大柄で筋肉質の身体、高い戦闘能力と名声は名実ともに守護戦士のリーダー。王国と王家のために駆使してきた肉体は悲鳴を上げており、戦闘中に痛みを感じることも多くなっているが、それを顔に出すことはない。不正には自他ともに厳しいが、そうでなければ割と大らかな性格をしている。

フタクタンス出身。ラムサダス帝国にラクナティス・ファルティアンという者がおり、一族ではあるが、現在ではほとんど関係ない。ファルティアンとはフラクタンスの古名であり、コリントではほとんどの名字がこのように町の名前である。たとえば現王ハレスガード・ダンクノックの姓はハーネアスの北にある町の名前である。無論出身地を示すわけだが、世代を重ねるうちに引っ越しをする者ももちろんいる。ラクナティスは先祖がハーネアスに移住した者の子孫であり、ハーネアス出身となっているのはそのせいである。

ティシアラは首都フラクタンスの有力な貴族の娘である。ハレスガード国王に認められたのであるから、父親は物事を弁えた人物であると言ってよい。ハレスガード国王は、即位(1,615年)に当たって旧王に仕えていた貴族達の一部を国外追放にした。これは前王リスク・ザ・ワイズに取り入って権勢を誇っていたものたちである。追放処分を受けずとも大半の貴族には「即位式典優待席税」なる名目で私腹の没収が行われた。ティシアラの父であるホーファルツには税が一銭たりともなかった。

魔法によりあらゆる飛び道具からの防御力が高く、また同じく魔法の効果で毒に対する耐性も高い。

サルヴァトーレ・フランディス伯爵と結婚しているが、子供を設けるのは退役後だと考えている。コリントは夫婦別姓のためファルティアンのままである。

ティシアラがエリシエルの成人までリーダーを務めていられるか、疑問視されている。代わってリーダーとなるのは、カリミアであると思われる。

ハレスガード・ダンクノック(Harethguard Duncnoc)

画:hashiya

1,589.12.21生, 40歳(見掛け同じ). 身長5'8" 体重133 lbs.

第三十七代国王

現在のコリント国王で、1,615年から在位している。赤く燃えるような色の短髪、すべてを射貫くような力強さを秘めた青い瞳。高い身長と堂々とした体躯を持つ屈強な戦士。清潔で格調高さを感じさせながらもシンプルな衣装を好む。性格的に戴冠したのも即位式の一度だけである。

即位前はひとりの冒険者として、仲間たちとともに南方スメル大陸にもその足跡を残している。戦士として優秀のみならず、その判断力はまさにリーダーと言われた。彼は賢王と呼ばれた前王リスク・イェルトの呼び出しを受け、1,607年に帰還してすぐに補弼に取り立てられた。17歳という年齢は当時としては異例の若さであり、周囲を驚かせた。ハレスガードは貴族らがそれと気づかぬ間に資産を吸い上げる策を上奏し、認められた。1,611年、21歳で父ルトガーを亡くし、長男だったために公爵を継いだ。1,614年初頭に第一王女ラリエを妻とし、事実上の次王となった。ラリエとは、数年来の恋仲になっていた。しばらくは「王太子」のままだと思われたが、リスクはその年末に眠りながら息を引き取った。ハレスガードを良く知らぬ貴族には毒殺や惨殺といった噂もあったほど突然の出来事であった。しかし、誰よりも衝撃を受けたのはハレスガードだった。冒険家としての実力はともかく、国政に関することなど何も知らぬ自分を「学べ」とだけ言って輔弼とし、ラリエを妻とするときには「今後はお前は好きなようにやれ」と言っていた、人相も口調も悪いが賢こく優しかった王が死んでしまった、と。学べたのは7年にも満たない期間だった。

しかし、やるしかなかった。慣例では王は存命中に後継者を指名していたが、リスクは知られている限り誰の名も口にしていなかった。ただ、ハレスガードが王位を継ぐことに公然と反対する貴族はいなかった。それは単に、指名の必要がないほど明らかだったからである。

年内は喪に服することを国民に宣言し、年が改まってから即位した。公爵位は弟であるグラスリードに継承させた。グラスリードは状況に驚いてはいたが、リスクが死去したときからそうなることは誰の目にも明らかだったので、粛々と引き継ぎを済ませた。

3月に長女エリシエルが誕生した(つまり、前王はもう少しで孫を見ることができた)。無論第二子以降、王子誕生を期待する声もあった。しかし、ラリエは産褥から健康を害して寝たきりとなり、それどころではなくなってしまった。そして術士らの奮闘虚しく翌年息を引き取った。周囲はリスクの次女で未婚だったシェラリーフとの再婚を勧めた。姉に代わってエリシエルを養育していたシェラリーフも半ば覚悟していたし、親友のアンジェロ・イェルトとその父であるマジュロもそうすべきだと言った。しかし、普段周囲の意見を広く集めて慎重に思考し、決断を下す彼が、この件に限っては一切耳を貸さず、妻はラリエ一人だと断言した。シェラリーフはこの後、ミルファス・グラスター侯爵の妻となった。彼らが愛し合っていることは周囲の知るところであり、この婚姻はごく自然に行われた。シェラリーフはこの件でハレスガードに感謝しているが、ハレスガードに言わせればとくに何かしたわけではない。

即位した彼が王として最初に行ったことは、上級貴族が不当に得ていた権益(財産)を没収することであった。侯爵子爵家からの有形無形の妨害にも屈することなくこれを成し遂げた彼は、次に外戚として専横を振るっていた4上級貴族の当主に対する国外追放処分を断行した。これには反対も多かったが、彼は国王の権利であるとして譲らず、自らの理想とする国家を作り上げていった。

性格は慎重かつ大胆として知られ、常に物事の側面から思考を進めるようである。そうしていくつかの断面から二手三手先を見通し、しかる後に判断する。決してその場の雰囲気や感情に流されることはない。これは彼が仲間たちと時に大陸を冒険していたときから同じである。そのおかげで彼の仲間の多くは命を永らえることができた。彼はその頃からリーダーたる資質を示していたのである。なお、彼の仲間のうち数人は現在の政府要人である(ただし、コリントには公式の政治機構はない。あくまで執行時の中心人物になることが多いという意味である)。

愛娘エリシエルと、フェルナンド皇太子アンドリューとの交際についての考えが奈辺に存在するのか、現在のところ誰もわからない。そもそも、アンドリューとエリシエルが愛し合っていることに気づいている者が、王国には彼と守護戦士のカリミア・レイフィスしかいないのである。エリシエルは彼の唯一の子であり、夫となる人物が王国人であればダンクノックの王家は続くことになるが、仮にフェルナンドへ輿入れすることになればハレスガードの死後、王位はイェルト家に戻るはずである。それは現当主マジュロの三人の息子のうち誰かであり、おそらくは次期当主アンジェロであろう。

ヒアナ・ホーランス(Hiana Horlance)

画:たたた たた様(背景は自作)

1,615.6.10生, 14歳(見掛け同じ). 身長4'7" 体重83 lbs.

王女守護戦士、火の騎士、男爵令嬢

ハーネアスの男爵令嬢(ホーランスはハーネアスの古名とされる)で、薄赤い髪を両側で束ねている。大きな釣り目の瞳は緑。

一番年下で細身小柄、可愛らしいものや服を好む少女だが、その実一番の戦闘狂で敵に対して一切の容赦をせず、不敵な笑みを浮かべて相手を挑発する。戦いに酔うと瞳が充血し、しばしば限界以上に攻撃魔術を用いて倒れることがある。解離性同一性障害(いわゆる多重人格)。火炎系の魔術を得意とする。

料理が壊滅的に苦手であり、彼女の作ったものを口にして入院した者は両手の数では足りない。彼女自身は味覚異常で自分の作ったものを不味いと感じることがなく、ティシアラらに振る舞おうとしてやんわりと拒絶されることがしばしば。

男性に対しては並以上に興味はあるが、同時に極度の恥ずかしがりであり、それなりの容姿を持った若い男性には近寄られただけで赤面して汗だくになる(敵認定した者を除く)。気持ちとは裏腹に厳しい言葉を浴びせることも多い。近づいて来られて逃走したことが何度かある他、倒れかけたところを肩を抱かれて卒倒したこともある。

特定の想い人はおらず、自室で見目よい男性との逢瀬の妄想にふける毎日を過ごす。そんなことはおくびにも出さないが、ティシアラやマリエットにはヒアナの自室での様子など見るまでもないと思われており、マリエットはそれでヒアナをからかうことがある。マリエットとは会うたびに口げんかを始め、時に魔法も飛び交っているほどだが、本心から相手を憎く思ってはおらず、むしろその存在がありがたいと感じている。周囲の大抵の者たちは、本人たちが否定する仲の良さを十分に承知しており、良くも悪くもコンビとして考えている。

寒がりのため常に厚着であり、暖かいミズキの家はとても居心地が良いと感じている。いつか寒冷地にあるコリントを出たいと密かに考えているが、マリエットを含めた仲間とは別れがたいとも感じている。

永続魔法により常にあらゆる言語(魔法文字以外)を読むことができ、また自然に発生した火で火傷を負わないように魔法を掛けている(魔法で発生した火も、イモータルによるものでなければあまり火傷しない)。

マジュロ・イェルト(Majuro Yelt)

画:ruder/あいぼん

1,575.3.2生, 54歳(見掛け同じ). 身長5'0" 体重105 lbs.

公爵

王国設立から残る2公爵家のひとつ、イェルト公爵家の当主。若い頃は栗色だった髪は現在ではすっかりリードグレイになっており、元々小柄で肉付きも良くないこともあってあまり健康には見えない。息子たちと異なり彼自身には武術のたしなみがないし、魔術を使うこともできない完全な一般人である。彼に直接剣を振るうことができさえすれば、その命を奪うことは容易い。それができないのは、配下に持つ多くの戦士や術師の存在とともに、小柄な身体からは想像もできないほどのその金色の眼光による威圧感のなせる業である。あまり人相が良くないが、彼自身それを承知している。

老獪な人物であり、国王でさえ彼の前ではまだ「若造」である。ハレスガードも、彼の意向を完全に無視することはできないと言われる。ただし、厳しく気難しく隙を見せぬ性格ではあるが、決して利己的であったり、悪を指向したりしているわけではない。それはハレスガードの親友でもある長男アンジェロの人格者ぶりや、アンジェロの妃であるオクサーナがマジュロを深く敬っていることにも端的に表れている。公爵家と王国の未来、彼の興味は究極的にはそれだけである。妃はフランディス伯爵家のラファエラ。当主サルヴァトーレ・フランディスにとっては祖父の妹にあたる。

前王リスクの4代前の王、ダンクノックから王位を引き継いだ第三十二代ワルトーナの弟筋が、現在のイェルトである。父バルジェロ、祖父マドゥロとも、公爵家を無難に守ってきた。弟にリジェロがおり、こちらも健在である。すでに4世代を経ているにも関わらず、マジュロは前王リスクとそれなりに似ている。

近年、表舞台に出ることが減っており、体調不良をささやく者もいる。実際にはとくにそんなことはなく、単にアンジェロを立てようとしているに過ぎない。なお、国王ハレスガードは基本的にマジュロの識見や意見を尊重しているが、後妻の件についてだけはマジュロでさえも翻意させることができなかった。

マッスル・ハイフォール(Massle Highfall)

1,598.5.15生, 31歳(見掛け同じ). 身長5'4" 体重165 lbs.

侯爵、ティカの父

明るい茶色の髪は短く、しっかりと整えている。瞳は白緑で、盲目のような印象を与えることもあるが視力に問題はない。ただし強い日差しは苦手としており、それもあってテンガロンハットをかぶっていることが多い。帽子集めはなかば趣味となっており、南の大陸からの輸入ものをいろいろ集めている。目下のお気に入りはオレンジに近い色をしたものである。きれいに整えた口ひげを持つ。また顎ががっしりしていることも知られている。

前当主ラーゼスの長男。弟がひとり、妹がひとりいる。また第一艦隊司令のサリトルは従弟。フランディス伯爵家のルドヴィカとの間に一男一女を設けている。その姉のほうが、「不思議娘」として知名度の高いティカである。医学薬学の家の当主として、その方面には精通し卓越した技量を持つ。個人戦闘能力はないが、様々な場面で無くてはならない人物である。そしてその技は、長男レナードに確実に受け継ぎつつある。

父ラーゼスはすでに一線を退いているが、健康そのものであり付き合いの長いマジュロ・イェルトやミリバンド・デルスターらとは今でも会食を共にしたりしている。

マティアス・ユリ・シュテルテベーカー(Matias Jyri Störtebeker)

1,581.3.19生, 48歳(見掛け同じ). 身長5'6" 体重165 lbs(最盛期).

元26人衆、訓練師、カリミア・レイフィスの師

一般的には「ドラゴン」として知られる元26人衆。ルビーあるいは赤めのブーゲンビリアに喩えられる髪色をした戦士。同色の顎髭を備えている。26人衆としての名は、彼の髪色と表情とを、赤竜に見立てた者がいたからである。

在任期間は1,606年から1,615年。戦士ではあったが、精鋭揃いの26人衆の中では剣そのものの腕はさほどではなく、目立つ存在ではなかった。自分の剣の才能は大したものではないと考えていたため、剣や鎧は他のメンバーと比較すればそれほど強い力を秘めたものを使っていなかった。ただ、宰相のサヨコが彼に期待したのは必ずしも即戦力としてではなかった。彼は相手の才能の大きさ、癖や弱点を瞬時に見抜く目と、そして(相手に聞く耳があれば)問題点を正しく補正する言葉とを持っていた。実際、彼が敵として倒した者の中には、なぜ自分が負けたのかを理解できない者も多かった。26人衆の面々でも、彼から一度も助言を受けなかったのはアーラン・レッドスカイ、シーザー・シュナイダー程度である。フレイミア・サリスファネル、マリー・ルーン、エール・ブラーンシュといった面々でさえ、その例外ではない。

在任中は永世王国で暮らしていたが、1,615年に引退してからは故郷グラステリオンへ帰っている。引退の理由は、剣を振るうのに際して違和感を覚えるようになったからである。1,620年にはそれが体調によるものだとはっきりし、自身で剣を振るうことはできなくなっている。それ以降ずっと体調は戻らず、悪化の一途を辿っている。

1,621年に当時8歳のカリミア・レイフィスと出会う。彼は貧家の少女でしかなかったカリミアの類い稀な剣の才能を見抜き、護身用にと無償で指導をした。彼の見立てどおり、カリミアは3年後に騎士たちとも渡り合うほどの実力を身につけるに至った。彼はカリミアの騎士叙勲に際し、祝いの品として戦利品である稲妻の剣を譲った。元の持ち主は実戦で使うことなく死んでおり、マティアスも同様であったため、この剣で実際に敵を斬ったのはカリミアが初めてである。

1,626年には視力にも障害が表れはじめ、指導にも支障を来すようになったため、残りの人生はひとり静かに暮らすことになるだろうと考えている。1,597年にテリーザ・ワッシュバーンと結婚しているが、1,613年に死別している。以来ずっと独り身である。テリーザとの間に子供はなかった。カリミアのように最初から彼の指導を受けた子供たちのことを、本当の子供のように考えている。

マリエット・フラン・ネフ(Mariette Fran Naef)

画:0012

1,615.3.28生, 14歳(見掛け同じ). 身長4'11" 体重92 lbs.

ヒアナの友人、王女守護戦士の5人目扱い

守護戦士ではないが、4人と良く行動を共にする存在。戦闘力の高さもあって半ば5人目のメンバーとして扱われている。ただし、マリエットは王女エリシエルに対して特段の感情を持っておらず、四騎士のようになんの見返りもなく王女のために命を賭けるつもりはない。

エリシエルよりは濃いめの金髪を腰まで伸ばし、緑の瞳。ヒアナと同い年だが少し背が高く、また起伏の少ないヒアナと異なり、年齢の割にはティシアラに匹敵するほどの体型を持っている。魔法はオールマイティで、ヒアナのような偏りはない。また料理も得意でヒアナはコンプレックスを抱いている。

ヒアナとは表面上折り合いが悪く、二人とも気が短いこともあってしょっちゅう些細なことで口喧嘩を始め、激昂して魔法戦になることもある。ただ、本心では二人とも相手を好ましく思っており、深く傷つけることは避けている。主にティシアラから「本当に仲がいいね」などと揶揄され、二人揃って「どこが!」と叫ぶのは、フラクタンスではもはや日常の一部になりつつあるほど(ティシアラには頭が上がらない)。

美男に目がなく、好みの男を見つけては身体を押し付け、猫なで声で思わせぶりな台詞を口にして自身の魅力をアピールする。そうして何人を籠絡して関係を結んだのか、彼女自身覚えていない。またそれを隠したり否定したりすることもなく、しばしば会ったことのない相手まで関係をほのめかす。自身の魅力を活用して何が悪いのかと考えている。この点では、奥手の中の奥手であるヒアナとは好対照。

慎重に隠されているが代々ワーキャットであり、精神的に大きなショックを受けると猫になる。ネフは名家だが魔物の家系と言われ、巨大な猫の魔物が人間の娘と交わって産まれた子が初代だと言われている。実際には初代の父はただの人間だったが、数世代後の者がある魔術師を倒した際、呪いを掛けられて獣人になり、遺伝することになった。とくに邪悪な要素はないのだが、猫になるのを見た者が魔物と考え、それを言いふらした。ネフは街に留まることができず、南部の湿原の中に小屋を建てて暮らすようになった。結婚相手は普通の人間として街へ出て知り合った者だが、中には正体を知って逃げ出した者もいる。こういう場合、家を知られぬように「始末」するのが習わしになった。

4人のうち、ヒアナだけがマリエットが猫になることを知っている。獣人の存在を知っていた彼女はただ「特徴のひとつでしょ」とだけ言い、化物扱いすることもない。これには少し注釈がつく。内心で変身できることを羨ましいと感じていること、変身した猫の姿が(決して認めないが)可愛くて仕方がないと感じていることも、彼女を良く知る人間たちには明らかなのである。

飛翔魔法および魔法文字の解読魔術を永続的に使用可能。ただし魔法文字の解読はそれを記した魔術師との魔力差の影響を受ける。

ミズキ・フリージア・フォーブラック(Mizuki Freesia Forblack)

画:たたた たた様(背景はWallpaper flare様フリー素材)

1,614.10.27生, 15歳(見掛け同じ). 身長4'11" 体重97 lbs.

王女守護戦士、水の騎士、子爵令嬢

ミズキは生っ粋のコリント人ではない。肩までの黒髪と茶色がかった黒い瞳という容貌で、初対面の者にも明らかである。王族や貴族の間では彼女の出自は知られているが、一般的には数代前の移住者であろうという程度に考えられている。

祖父レンの代に、馬具笊地方綺屋都からコリントへ移住した。祖父は綺屋都名家の次男で、馬具笊では貴族の一家だった。フォーブラック家はコリントでも貴族として迎えられ、子爵待遇である。なお、綺屋都で今も残る本家は黒羽凰という家名で、ミズキの正式名は黒羽凰浅黄水仙瑞稀である。黒羽凰家では、女子にセカンドネーム的に顕花植物の名を付ける。

シェーライン北方、モスターレンス山脈近くの街フォーブラックで生まれた。名前のとおり、フォーブラック家の領地である。魔術師だったレンが友人のアルフたちの力を借りて(他の沿岸都市同様に)気候転換し建てた街である。この気候転換はかなり大がかりな魔術だったため、高緯度のコリント内では首都フラクタンスに次いで温かい場所となっている。また小規模ながら湖を造成しており、山脈からの雪解け水を集めて南のシェーラインに流す。この川はそれまでも存在していたが、フォーブラックの造成により水量が増し、シェーラインにも恩恵があった。

馬具笊地方についてミズキは他界したレンや父ケンから聞いた以上のことを知らないが、レンが馬具笊人としての誇りを忘れぬ人物だったため、彼女も「外地にいる黒羽凰の姫」として育てられた。騎士としてはコリントの一般的な出で立ちだが、瓦葺きに畳張りの自宅では格調高い着物姿であり、髪を結い上げてかんざしを挿す。コリント内で馬具笊風の家は当然フォーブラックのみである。なお、守護戦士のひとりヒアナ・ホーランスは自宅よりもミズキの家の方が落ち着くといって、時折家に帰るミズキに同行している。ただ、ミズキの方ではヒアナに対してやや苦手意識を持っている。感情が激しすぎると感じているためである。

多少気の弱さがあり、戦うよりも仲間を癒す方を好む。もちろん、守護戦士にはティシアラ、カリミアという剣の達人がおり、エリシエル自身も剣を使えるため、ミズキが前面に出ることはほとんどないのだが。1,625年、シェーラインを領地とするローブ・メイスター伯爵が、前述の恩恵によって気に入っていたケンに縁談を持ち込んだ。すなわち、長男リーザス(現伯爵、竜騎兵長)に娘を一人くれということである。。この時点で姉のアサミはライサンダー・ノックウッドとの婚約を取り付けていたため、ミズキが選ばれることになった。しかし、彼女自身は同じ守護戦士のリーダー、ティシアラの弟であるイェステル・ファルティアン伯爵に惹かれており(同年、偶然だが彼に助けられた)、このまま結婚して良いのか悩んでいる。イェステルは既に妻帯である。コリントは法的には一夫一妻と決まっているわけではないが、この2世紀ほど、貴族の中で複数の妻を同時に持った者はいない。水の騎士への就任は1,628年。

水中呼吸魔法を永続的に使用可能。

ミスティーン・リカリ(Mistiene Wricalli)

画:mt

1,609.4.26生, 20歳(見掛け14歳). 身長4'7" 体重95 lbs.

男爵

昨年20歳となったが、見た目が14〜5歳の頃からほとんど変わっていない。わずかに赤みを帯びたグレーの大きな目が、それを後押ししている。ふわふわとした明るく茶色い髪をしている。髪は長くなく、頬の横あたりまでで、首の細長さもあって肩にはまったく掛かっていない。寡黙で、常に微笑をたたえた愛らしい姿をしているが、一方でその表情からはなんら思考を読むことができない。存在感を意識して薄く保っており、気づかれもしないことがままある。

常にグレーやベージュの目立たないシンプルな衣装を着ており、華やかなドレスを着ることはない。これは幼い頃から変わっておらず、2年前の年末に急死した父のファーブは何度となく貴族の身だしなみについて説いたが、まったく効果がなかった。表に出ても前述のように人目を引くことがほとんどなく、彼女を見たとしても相手が男爵であると気づく者は皆無である。さすがに国王ハレスガードは、男爵位継承の報告時に相対したために認識しているが、彼女が社交界に入ることを望んでいないため、他の貴族たちにはとくに知らせていない。

寡黙で穏やかな見た目とは裏腹に、彼女は奸智に長けた存在である。様々な思惑がうごめく王国にあって彼女の策謀が常に成功するとは限らないが、それでも彼女は計画の半分以上を成功裏に終了している。彼女はその外観を活かして人の中に溶け込み、様々な人間から情報を得たり、人間を動かしたりして、男爵家と自己の利益を増大しようとしている。それは彼女がまだ男爵令嬢であった頃から始まっており、彼女は現在までに男爵家の資産を倍程度に増やしている。父ファーブはついにそれが彼女の策謀によるものだと気づくことはなかったし、母も気づいていない。弟のサンタレンが多少、それを疑っている程度である。

幼い頃、彼女は町外れにある廃墟である封じられた魔物と出会った。それは強力なヴァンパイアだった。ヴァンパイアは彼女に語りかけ、封印を解除させた。ヴァンパイアは礼とばかりに彼女の首筋に噛みついたが、狙いが逸れて顎のわきにその牙を突き立てることになった。ミスティーンが命を失うことはなかった。しかし影響がなかったわけではない。彼女の頭脳になんらかの刺激が走り、子供離れしたものになった。ミスティーンは翌日から父の書斎に入り浸るようになり、半年もすると人々に混じって様々な情報を得るようになった。彼女は一度見聞きしたことを二度と忘れなかった。そうして、せっかく得た知識を家と自分のために使おうと考えるに至ったのである。人前に出るようになり、顎のわきの傷跡にテープを貼って隠すようになっている。

婚姻の話はいくつか来ているが、すべて断って今にいたる。

長身の弟サンタレンとは母親が異なる。当初は男子であるサンタレンが継承するという話になったが、姉の頭の良さを知っているサンタレンは自らミスティーンを推挙し、親族を説き伏せた。とは言え、人と深く接したがらない姉に代わって社交場では彼が他の貴族と会話することが多く、他家の中には彼が男爵であると勘違いしている者も多い。

ミリバンド・デルスター(Milliband Delstar)

1,571.12.18生, 58歳(見掛け55歳). 身長5'4" 体重131 lbs.

男爵、輔弼

赤錆色をした髪はやや乱れ気味だが清潔感は保つようにしている。瞳はミッドナイトブルーで厳しい視線のため威圧的な印象を与える。実際に高圧的ということはなく、いわば明鏡止水といったところ。国王相手でも物怖じすることなく率直な意見を述べ、むしろ存在感によって相手を納得させてしまう。

1,601年に先王リスク・イェルト王の輔弼となり、1,615年のハレスガード・ダンクノック王即位の直後、再任された。むろん、リスクにも認められたその実直な性格を、ハレスガードも好ましいと考えたからである。

娘のベアトリーチェはケン・フォーブラックの妻。領地はクレアレンスの一角。クレアレンスで一番と言われる酒場の経営者もデルスター家の者である。第四艦隊司令アストリルは甥。ただしアストリルの上昇志向はミリバンドの好むところではなく、険悪ではないにしても仲が良い方ではない。

ランジェス・イェルト(Langes Yelt)

1,608.5.11生, 21歳(見掛け同じ). 身長5'5" 体重136 lbs.

公爵孫、補弼

現在のイェルト公爵家の当主であるマジュロの孫。次期当主アンジェロの長男。父から受け継いだカフェオレのような色の短髪と、母から受け継いだライトブルーの瞳を持つ。

父に憧れる優秀な戦士であり、若さに似合わぬ貫禄とカリスマを醸し出しつつある。父以上に素直な心根を持ち、やや危なっかしいとも言われているものの、多くの経験を溺れることなく力に変えられる。これは多分に、父やその親友である国王ハレスガードを偉大だと感じていることによる。その父やハレスガードは彼のことを多いに評価しているが、一方で人によってはこうした素直さを「つまらない奴だ」という評することもある。祖父マジュロはどちらかといえば後者である。

王女エリシエルとは若者同士、仲は良いほうである。エリシエルもまた戦士であり、剣の練習相手になることもある。エリシエルはそれなりの手練れではあるが、あまり熱心ではなく、才能はありつつランジェスにはまだまだ及ばない。ただし、周囲の貴族たちにとって見れば二人はそういう間柄ではない。ランジェスは、エリシエルの嫁ぎ先と見なされているのである。ランジェスにもそうした周囲の声は聞こえているし、内心その気にもなっている。ランジェスだけでなく、父アンジェロたちも、エリシエルの本心を知らない。

リーザス・メイスター(Liesus Meystar)

王国興亡記様フリー素材、背景:TEDDY PLAZA様フリー素材

1,610.7.25生, 19歳(見掛け同じ). 身長5'4" 体重125 lbs.

伯爵、飛竜隊長、輔弼

髪は地色のグレーをスカーレットに染めている。瞳も同じくグレーだがカラーコンタクトを入れて髪に揃えている。燃えるような彼の性格をそのまま表した色である。やや独善的なきらいはあるが、悪に走ることはなく、何事にも中立たらんと考えている。

代々飛竜を使役するメイスター家にあって、戦いこそしないもののラージシルバードラゴンにまたがって大空を翔る。本来であれば空中戦艦を擁するこの国では飛竜などというものは不要であるが、技術継承が絶たれ、動力源となる鉱石すら採取不能となっているそうした兵器がすでに実使用に耐えないことは王家のみならず貴族たちの共通認識である。

当主自らが飛竜隊の隊長となるのも、この家の特長である。そのため、当主の中には戦場で命を落とした者も少なくない。父ローブもまた、北部山脈でのモンスター掃討作戦中に飛竜ごと落下し、その生存は絶望的と見られたために長男リーザスの継承となった(実際にはローブは一命をとりとめ、その後奇跡的に発見されたが、もはや表舞台に立つことは不可能と考え余生を静かに送ることにした)。剣の腕もたち、地上軍を率いて戦場に赴くこともある。彼が戦場にいる間は、弟のワディスが実質的に家を取り仕切る。

幼少の頃には同じく戦士だった父ローブの屈強な姿に対して貧相に感じる自身の体格にコンプレックスを持ち、どう振る舞うべきかを悩んだ時期もあったが、15歳頃には戦場での経験によってぼんやりと自分の生きる道を見出すようになり、勇ましさが顔を覗かせるようになった。実際にそれを確立したように見えるのは2年前の父の行方不明事件以降である。ただし、人前では決して見せぬものの、一人になるとやや悩んでいるような独語が、家令に聞かれてしまうこともある。

王女守護戦士のミズキ・フォーブラックとは親同士が決めた許嫁である。リーザスはミズキを好ましく思っており、いざとなれば武器を手に戦うことができるミズキはまさにメイスターの妃に相応しいと思っている。ミズキも「貴族の当主として、戦士として尊敬している」と口にしていることからリーザスは今年中にも正式な婚礼をと考えているが、実のところミズキはどうしてもリーザスを恋愛対象としては見られないでおり、悩んでいる。

1,628年にはハレスガードによって輔弼の一人に取り立てられた。

二代前にクレオがドレスコート伯爵家長男ヨード・ライガーに嫁いでおり、現在南のノズミー共和国大統領となっているキャミー・ドレスコートを産んだ。リスク・イェルト王がラリエ姫をハレスガードの妃とするのを良しとしなかったヨードが家族を連れて移住したのはリーザスが3歳、キャミーが10歳のときである。二人は顔を合わせてはいるが、元々それほど行き来があったわけでもないため、リーザスはうっすらとしかドレスコート家の面々を覚えていない。

リスク・イェルト(Lisk Yelt)

1,575.7.1生, 1,614.12.26死去, 享年39歳(見掛け同じ). 身長5'2" 体重112 lbs.

第三十六代国王

1,600年に父エリタリアから譲位され、1,614年末に突然死するまでの15年間、王位にあった。父とともに二代で賢王と呼ばれた。若き公爵ハレスガードを取り立て、娘のラリエを娶らせた。

国民に対して、農地を開墾したり事業を起こしたりした者には税率を優遇すると宣言した。これによりフラクタンスの城下だけでなく、いくつかの街で新たな活動が始まり、貴族の収入は減ったが国の経済は成長した。

税制優遇措置に不満を持ち、反乱を起こしたライザールス伯爵の軍を自ら鎮圧した。ライザールス伯爵家は断絶した。

他国の僧侶の、国内における活動を全面的に解禁した。それまでも黙認状態であり、各地に教会は建てられていたが、公的な保護を受けられるものではなく、また貴族による弾圧を恐れて入信する者も少なかった。解禁の発布で他教の教会に通うようになった者の中には、貴族の姿もあった。こうした貴族は平民との距離の近さを売りにして人気を得た。

移住してきた貴人にも貴族階級を与える決定をした。それまでの慣例は、コリントの地で三世代を経過しなければその権利は与えられず、また常に男爵だった。レン・フォーブラックが子爵待遇となったのはその一例である。ただ、リスクにとってこれは後付けの理由であり、実際にはレンの持つ魔術を取り込むための方便だった。

国土を温暖化する大規模魔術の開発を奨励した。これはレン・フォーブラックが来訪し、フォーブラックの街を拓いたことで考え出したことである。しかしレンは一人で気候変換をしたわけではなく、主力はあくまでアルフだった。アルフは街の完成と共に報酬を得て国を去っており、協力は得られなかった。研究は続けられており、ハレスガードは守護戦士のヒアナ・ホーランスとその友人マリエット・ネフに機関への参加を要請するつもりでいる。

ローグランド・デリス・マイルトリアス(Rogland Delis Miletorius)

1,610.8.11生, 19歳(見掛け同じ). 身長4'5" 体重87 lbs.

男爵、補弼

クレアレンス卿。マイルトリアス家の当主。ハーフリングのように小柄だが、「東の書庫番」の異名を取るほどの博学者として著名。その知識量は国内一とされる。ただし、その知識を用いて実際の活動に結びつけたりするのはそれほど得意としていない。それはどちらかといえばアディアン・ノートリス男爵の役割である。アクアグリーンの色をした髪はやや長め。瞳はビスケットのような色である。丸眼鏡を着用している。伊達眼鏡ではなく実際に視力が良くない。身体を動かすことは苦手で、戦闘にはまったく向いていない。目は少したれ気味で微笑しているような印象を与えるが、実際に心が笑っていることは多くない。知識に傾いていることを自分でよく承知しており、「知識だけの人間は信用がない」と自虐したりもしている。ただ、亡き父と違って激することのない穏やかな性格、求める者には分け隔て無く知識を提供する点などは、クレアレンスの住民たちの信頼を十分に勝ち得ている。

ベージュのチュニックが多く、濃いブルーの羽根つき帽子をいつも目深にかぶっている。外出時は帽子と同系統の色のコートを着る。特段飾り立てていることはなく質素。こぎれいに見えるように、そして相手の感情を逆なでしたりしないことに気を遣っている。

幼くしてその記憶能力が周囲に知られるようになった。5歳のとき、戴冠して間もないのハレスガード王の演説を一度聞いただけで完璧に諳んじ、そして自分の言葉で解釈して見せた。ただ、「クレアレンスに頭の良い子供がいる」という噂はハレスガードの耳にも届いていたものの、具体的な話は聞いていなかった。1,625年になって聞き及んだハレスガードは、ローグランドに大いに興味を持ってフラクタンスへ招いた。ハレスガードはローグランドと対話し、その場で補弼への抜擢を決断した。17歳でリスク王の補弼となって周囲を驚かせたハレスガード自身の前歴はあるが、15歳はその記録を抜いて無論史上最年少である。なお、現在では同い年の「竜騎兵長」リーザス・メイスター伯爵も補弼の一人となっている。

ローグランドには味音痴という面もあり、使用人が作る料理と、妻が見よう見まねで作った「手料理」との間に、特段の違いを感じていない。

1,628年に父が死去して男爵位を継いでいる。クレリアス・グラブという弟がおり、兄のように目立った存在ではないが同様に知識を求めるひたむきな性格をしている。ヒアナ・ホーランスの父ネルマンは、彼をヒアナの結婚相手のひとりと目している。マイルトリアスは元々スメル大陸で猟師をしていたと言われている。彼の母も知力とは遠い人間であり、ローグランドの個性がどこから生まれたものかは謎である。

マイルトリアス家は代々生地の名をファーストネームとしている。このため一族の間で重なることも多い。ローグランドはクレアレンスの南方にある村ローグラスの古名である。

ロベルト・フォン・ルエンカシフォン(Robert von Luencashvon)

1,588.1.3生, 41歳(見掛け35歳). 身長6'0" 体重159 lbs.

伯爵、元コルコランド貴族

ラムサダス帝国北部コルコランド地方ミトランド生まれ。母はコルコランド侯爵クラウス・フォン・ルエンカシフォンの娘エミーリア。カールハインツ・マガラス伯爵の子で本来はロベルト・マガラスであるが、伯爵より侯爵だと、伯父ヴィルヘルム・オットーに頼み込んでルエンカシフォンを名乗らせてもらった。やや寒がりであり、北国であるコリントでは常に厚着である。

くるみ色の髪はある程度の長さになっているが、後ろへ流して額は出している。豊かな口ひげを蓄え、短いながら顎ひげも生やしている。オパールグリーンの瞳。

貴族の神聖を信じて疑わず、常に自信に満ち、威厳に満ちている。やや傲慢でわがまま、自身を大きく見せようとするきらいがある。ただし、上下関係にこだわりは持ちつつも、分を弁えた平民や貧民に対して慈悲心を見せることもある。決して悪人というわけではないし、使用人や弱い者たちを趣味や感情で痛めつけたりすることはない。趣味といえば絵画の収集程度であり、古今東西のものを集めて自宅にコレクションしている。気分に応じて食堂や応接室に飾る作品を変える。

ラムサダスの平民化政策に従わず、1,620年に家族や使用人たちと共にコリントへ亡命した。ロベルトは即座に首都フラクタンスの王城を目指し、国王ハレスガードに謁見した。自分がコルコランドでも有力な貴族だったと言い、王国でも貴族の列に加わることを願った。しかし、それ自体は認められたものの、当然侯爵位を授けられるものと考えていたロベルトの希望とは異なり伯爵となった。ハレスガードにしてみれば彼は元々マガラス伯であり、侯爵とする理由はなかった。ロベルトは渋々これを受け入れた。後々なにか功績を立てれば認められるだろうと考えたからである。

妃はレナーテ・アーテラント。アーテラント家はアルジャストレル帝国で貴族だった。子供は男子が三人、女子が一人。コルコランド脱出時にそれなりの財産も持ち出しており、大きな屋敷で比較的裕福な暮らしをしている。