設定する事柄や思いつき

今後設定を作ろうと考えているもの、作らないといけないもの。備忘、その他思いつきの寄せ集め。

テア・サンタラ

ミスカスに戻ることはあるか。家を引き払ってしまったら戻るところがなくなる。そうするとミスカスの一件は何のための設定か?

ミスカスの敵の軍団とはどこのことか?ロシェールやアドリルが攻めてくることはない。ハドラムは何か設定あったか?ないにしても遠いか。そうすると荒野のデミヒューマンかバーバリアン、アンデッドなんかの方が良いか。

ティアンナ

エルヴァートにいた頃の、ルーンワールドに移住してからの対外活動。マーリンについての情報を得、接触するあたり。

流星:魔術で小さくした数百の剣を上空に待機させている。これらの剣は地面に落ちることなく上空に留まっている。そして指令語により原寸に復元しつつ指定の地点へ自由落下する。コントロールエアまたはプリズマティックウォールで阻むことは可能。ディスプレイスメントやミラーイメージは剣の数が多すぎるため役に立たない。

ハリエット

ブラックホースとハリエットに助力を頼むことにした理由。グレイシルヴァーの性格からしてまずは自力で試そうとしないか?情報分析力があれば、単独で危険だとも考えられるか。その結果、見知っている中でかつその時点で位置が近いブラックホースに目星を付けた。ハリエットとは面識がなく想定外であったが、戦闘力については知識があり、ブラックホースに同行していたのでそのまま戦力に加えた。

ミゴルの脱出方法。明らかにアンチマジックエリアなので光線は使えないはず。死んだふりくらいしかないか。

ハリエットとブラックホースがグレイシルヴァーに行き合うまで。

ウィリアム・ジェファーソンのその後。

人物設定や家族

ジャック・トルネイオス(既に妻がいるのでは?)

ワイズ・ドリアバード(リルルとの子供がいるかどうか)

レガレイラ

その他各国君主

少女と龍人

リスピュラス(リス) (Lispurus)、那由多 (Nayuta)

那由多は一般人で、戦闘能力は一切なく魔法も使えない。

龍人はヒュージレッドドラゴンがクロビュール・マークレットの魔法で人に変身させられたもの。

魔法は大半使うことはでき、物理攻撃の強さもドラゴンのそれで計算するが、例えばブレスを使うことはできない。

戒めは、那由多が生きたまま何かをしないと解けないことだけは解っており、それ以外に元に戻る方法はない(変身の重ねがけは常に失敗する)。

那由多が死ぬと永久に術が解けなくなるため、那由多に逆らうことはできず、持てる力のすべてを使い那由多を護る。

他のドラゴンからは龍人の正体が見える。このため魔法を解けないことでバカにされ、格下に見られている。しかし、そうしたドラゴンの多くは同時に彼が本来の力を取り戻して報復されることを恐れてもいる。

クロビュールは、いずれ発生するドラゴンによる人間襲撃の際に人間を護る要としてリスピュラスを選んだ。ただ、彼は最強に近い力を持つが性格はカオティックイビルだった。クロビュールは彼に人間への奉仕期間を与えることで、性格を変えることにした。

那由多が選ばれたのは、何者にも物怖じしない性格故である。

リスピュラスは結局他のドラゴンを諌めることができず、最後には那由多を護って死んでいく。那由多が涙を流しながらリスピュラスにキスをすると、その姿がドラゴンに戻る。「こんな簡単なことだったんだな」と呟いて、満足の表情を浮かべる。

復讐者

並外れた体力と運だけで生き延び、依頼された復讐を黙々と果たす。受ける依頼は社会的に弱い者からのみで、軍人や貴族には一切関わらない。相手を殺す依頼の場合、死体を残さないか、あるいは一般的に蘇生可能な期間を大きく過ぎてから発見される方法を選ぶ。ただし、過去にはウィッシュによってあるいはイモータルによって相手が復活した例もあり、これらの逆襲の刃からの逃亡も行動にふくまれる。

武器は?報酬は?

黒き姫(Black Princess)

あるいはイクスティングイッシャーとも呼ばれる暗殺者。全身黒ずくめの上品だがシンプルなドレスを着ており、耳の下辺りで結んだ髪も漆黒。瞳も黒い。表情には常に無力感を漂わせていて暗い。

体格は少女並みながら、全身の筋肉は魔術で生成された人工のものである。強力な魔法か、あるいは同レベルの魔法の武器でないとその表面に傷を付ける程度で止められてしまい、致命傷を与えることはできない。

漆黒のショートソードを持つ。この剣は普段完全に透明化していて周囲から見えない。彼女自身を含む誰かの皮膚が柄に触れている間だけ実体化する。この剣の威力は恐るべきものであり、刀身が実体化している間は刃でも峰でも触れたものを一瞬で木端微塵に分解する(ディスインテグレート)。熟達した者はこの効果を意思の力で食い止められる可能性がある他、大地の力に根ざしているために例えば何年も農作業に従事している者、地中で生活している者などには効果がない。

!少女の姿をした剣使いが多いので、なんらか特徴を持たせる。


アイオリス

アイオリスの拡大政策は、当時の他の国々からどう受け止められていたのか。イヴァンは西端だが脅威ではあったのでは?

アマリス

貴族の再整理。ジアザーランド時代とノブルランド併合直後。キリアン連合で滅亡した者。現状滅亡した設定があるのは、クリアンストンの前妻とジャクソンの前妻だけ?

旧文明の遺物は、どんなビジュアルだったのか。かなりの大きさだったことは確か。アースシェイカーのような人型?これまでの印象だと小山のような奴で人型ではない。カーキのような色か。

ウイレヌ

各ハーンとそれに近い者たち詳細。

海の王国、タンジャハッド、ハルマヘラ

衣装 これやら、これやら、これやらを参考に…。

永世王国

26人衆の在席をテーブルで書いてみる。

オスカーとエルザの子供

名前案から26人衆にいくつか突っ込むか。QやXはあまり候補がないので考えないといけないか。

カレンティシアス

十五色の騎士、残り

コリント

惑星コリント他にアルフはいたか。SFと異世界ものは、整合性が難しい。

公爵家の一つを復活させても良いのでは?イェルトは息子が多いし、独立させても。ただ少なくともハレスガードの元での復活はないだろう。イェルトへ戻ってからだと考えられる。しかしそれを言ったら最初にフェデイラが絶えた時点でそうしていても良いか。

挲坏瀝

名桜が国を再興するには何が必要か?軍隊(せめて1万)、軍略(寡兵を縦横無尽に)、魔導師(強力な攻撃力、援護力)、回復力(無尽蔵の回復)、物資(決して飢えさせない)、人望(やり遂げると信じて付いてくる)、暗殺力(とくにオーギュストやイアンあたりを暗殺できれば状況は一変する。当時オーギュスト爆殺シナリオは考えたが…)。名桜は自分の身体を報奨とするくらいのことはする。兄は見込みがないので、名桜は自分が将軍を選んで馬具笊の長とし、自身はその后となる。

バラカンスに再度攻め込ませ、ただし陽動で本気では戦わない。アナーティアも。帝国南部の都市をいくつか離反させる。コルコランド。ホーリック谷のアルフも、おそらく地下に潜っただけで一定の勢力はある。ダスト・カルミナやシャドウランドはどうか。存外、馬具笊一帯だけならそう苦労せずに独立できるのではないか。修験者の協力が得られれば大きな戦力だが、おそらく協力しないだろう。忍者の里も今更表へ出るとは考えられない。

挲坏瀝の秘宝(アーティファクト)。何らか名桜にとって効果の大きいもの。古代中国の宝具をベースに考える。

ジェトール

旧テンプルナイツの掘り下げ。

ドバヌール

ドバヌールの将軍、提督たちのうち、存命は何人か?副将軍あたりなら少なからず生き延びているのでは?

ナイトメア

サドヴァン4世。

南極王国

ディミナ。

バラカンス

ヴルチェクに率いられていた残存戦力はどれくらいか。<魔術師>はスメル皇帝最後の乗機ゼウスに絡めても良いだろう。

デジル以外の王の名前と在位期間。

ハルマヘラ

首都、王子の決まっていない公国。

ファームズ

ヴィクトリアとゼネシアの子供?同性なので養子しかないが。

ランセス男爵領だけ細かい設定作るか。

今後アマリスとどう対峙して行くのか。プレイ当時Ray!氏と話していたときには、デュール内海へ出て現在のライネル方面へ移ることを考えていたが、その後のライトネアとの戦争で沿岸地域を取られたのでこの手は使えない。スノウ・エルヴェは完全にアマリス傘下となっている。ランセスを筆頭にまとまってアマリスの下につくか、マンダナグル方面に拠点を移すか。あるいは(確率は低いが)アマリスを切り崩すか。

フェルナンド

デッド、マゼール以外のネクロマンサーズ。

アイネスが未亡人になったまま。

組織図を家系図ツールで書いてみる。

まずは北島だけでも、各州を4つ程度の郡にする。

旧貴族で、アーサーに不満を抱いている者は?反抗を企てて粛清された者はいないか?アーサーの性格からすると、恭順すれば財産は残してやりそうではあるが。あって当主のみ死罪か。他にも複数発生していて不思議はない。旧アイオリスや、草原の民たちは?シリア人たちはどう考えているか。

ルヴァルでも何か暴動?草原の民なので気性は荒そう。

ホーストヘルン

他の大アルケイナの設定。全員である必要はないが。

帝国内各国の特徴付け。メルガスを賢人会議というか貴族支配風にするのは良いとして、ホーストとヘルンはどうなのか。キルクラクトはブランカイント・キルクザルトとも通じるので、ある程度特徴が要る。

馬具笊

キヤトの町並み、中渡夏。

馬具笊自体が耶甫内の言葉であると考えれば、それ以前には異なる名前で呼ばれていたはず。

陶器のブランド?

ミラード

サラノスは22だが、イステニアの前に后はいなかったのか?

ムーンクレア

銀の精霊、黒の精霊の正体。

耶甫内

なぜ馬具笊の地を選んだのか。

ライトネア

アレウス4世、将軍。

ラムサダス

スメルスタン遺跡の設定がちょっともったいないので深掘りしたい。古代ミステリーができるくらいに?

スメル帝国の中央が落とされた際、四方はすべてこれ幸いと独立を選んだ。しかし数年後にラムサダスが参加要請をした際、ひとつも戦うことなく併合に応じたのはなぜか。

州知事の決定

ドラゴンレベルの怪物は他に何がいるか。

オクサーでのジェスチャーとして、親指を深く曲げた上に人差し指を重ね、残り3本をほぼ伸ばした形にするものがある。男性が女性に対して行うもので、性的な関心があることを示す。対する女性は親指と人差し指で輪を作るか、あるいは人差し指と薬指を付けてその上に中指を重ねるかで答える。前者が同意、後者が拒否である。男がそれなりの身分である場合、自らの力を示すためにしばしば衆人環視の元で行われる。女が拒否のジェスチャーを出したとき、なお食い下がるのは極めて品位のない行動とされている。


人口

国の人口、都市の人口を再考する。中世にしてはやはり人間が集まりすぎていると考えられる。

Who's Who

百科事典にしかいないがこちらに昇格させる者は?

リンク集

Thorfin氏のサイトも入れる?

歴史

火山や津波による大災害。

アルセン、ゼルアンド、カイナル、ケルマド、ウイレヌの深掘り。

ファード宗主国も場所が確定したので深堀りできるか。

ホーメルトの諸国もいくつか…。シュミンドラストやソーカンリーあたりはある程度の特徴付けがあるので。

26人衆のデミヒューマンの氏族

本名を決める必要がある。ゲットルニンス、ジェンドリン、ユスレイン、ウィンドラス

Webページ

各国概要ページ作成、マップ設置。地勢、人種、デミヒューマン、文明レベル、モンスターに関する記述。

各国に個別の地名見出し。

セイレイのかつての地図。

視覚年表

裏エルヴァートの分。ちょっとだけ過去の勢力図で国名を考えたが、ほとんどないに等しい。

パーティ

蒼のトマック(盗賊)トマック・バーランド

赤のサユリ(魔術師)サユリ・ミシダ

雷のグライガン(戦士)グライガン・ミュンハイム 王族ではなく、ミュンハイム王国から来たというだけ

白のリンク(聖騎士)リンク・ブランシェット

銀のシャリマール(魔法戦士)シャリマール・リーシャル・サンヴェール

ラムサダスパーティを全滅させた火巨人の集落、その後

ラムサダスは健康を取り戻し、ブラックホース一行に参加してからパーティの仇討ちをしようと考えなかったか。ブラックホース一行であれば生還は可能かも知れない。ラーサルディはエイラスト全体の管轄者でもないしモータル同士の争いには不干渉と考えられる。しかし、元々ラムサダスらが腕試しで立ち入ったことで火巨人たちを怒らせたと考えれば、逆恨みともなりかねないか。

プレイで行った内容で、現在年代記で一日だけになっている設定を拡張する

フェルナンド・ダンヒル戦

1,615.2.27 常緑の平野〜バックランディア併合

1,616.5.25 ダンヒル皇国戦。

1,615.5.3 南部諸都市併合

1,615.5.10 スメル山脈掃討

1,616.1.1 馬具笊ギルド、挲坏瀝併合

1,616.2.16 クレイスン、ターマン併合、グラスティース地下掃討

1,616.9.12 ノーラント海戦

1,617.1.6 ホーリック谷方面併合

1,617.1.16 シャイアン洋沿岸諸都市併合

1,617.2.23 エルドレスの乱

1,617.3.28 フェルナンド・イヴァン戦

1,618.4.13 ザクルース併合

1,618.7.14 東ソロモン海戦

1,622.9.25 ミストフェアルカ作戦

1,624.10.24 モーデンケルンの乱

デミヒューマン

居住地整理。一応はリスト化してあるが…。

ドワーフやハーフリングの氏族。亜種。

エルヴァートのある多元宇宙においてアルフ、ドワーフ、ハーフリング種を作ったのは?人間が最初の種か?

リザードマンの氏族および氏族長を大陸ごとにいくつか決定する。

マップ

シーラン地方の作り込み。肥沃な土地ならもっと街があるだろう。ル・ミュラの出身地は?

離れ小島や諸島群島を。アンダマン諸島やらみたいな。海洋のど真ん中とか、半島沿いなんかが少ない気がする。

珊瑚礁も配置するか。深海と海嶺は。

気候帯をもう少し考慮する。熱帯を広げる。ただ、単純に広げてしまうとヤースは熱帯ど真ん中になってしまうしバレラスも亜熱帯になる。このあたりは少し重み付けせざるを得ないか。アマリスやライトネアのジャングルはもっと広げても良いだろう。

ヘックス、道や国境、街のシンボルは本当はベクターが良い。戦場マークもベクターにしたい。ヘックスをひとまずベクター化してみるか?しかしピクセル等倍なので、アンチエイリアスの恩恵しかない。ベクターなら二重線も引きやすいか。河川をベクターレイヤーにできるか。海→陸→川をベクターで載せる? ベクターにすれば24マイルも8マイルも1枚にできるか(そもそもヘックスマップである必要も)。それが可能なら作業が飛躍的に楽になる。しかしとにかく数が多いしマクロも全部考え直し。それに多量のベクターはPhotoshopでは無理がある気がする。

欲を言えば解像度も倍にしたい…が。

ルーンワールド以外の地図はどうするか(もっとも、あまり設定はないが)。ティアンナ・マークレット居住地周辺くらいは8マイル以下で作りたい。嘆きの砂漠も8マイル地図だが。

地域名称からピクセル座標割り出してマップを移動できるか。セレクトあるいは検索窓で入力(名称→経緯度→ピクセル座標)。バレラスとグラスティースを、クリックで出せるようにしてみる。

「調整」レイヤーなしでもパターン塗りがずれないようにする研究。

丘陵や山脈を通って再び平地に出ている河の解消。

宗教

神はそれぞれ、信者の多い土地があってそれ以外では名前すら知られていないはず。エルヴァートは既に全体を知っている人間もそれなりにいるが、ほとんどの一般庶民は他の大陸すら満足に知らないだろう。

宗教ごとの恩恵の違い。一応イモータルの設定として特典はついているが、それ以外。D&D®から離れたので同一の呪文を用いる必要はないし、ターン・アンデッドも無くて良いだろう。治癒術あたりは多くの宗教に存在することにしても良いが、使用可能な僧侶の位階に差があることは考えられる。

シャリルもバルグーンも海の神。教会として違いはどうか。

バトラスとウォーニス、ゼルアンド、カイナル等。

複数の宗教で異なる名で呼ばれている場合、その姿は異なるものである可能性が高い。

カンスラ密教の詳細。B.C.1,300までの間、ナリスへの信仰はどうなっていたか。元となった宗教が未定の神を設定する。

魔術

宗教同様、魔術も系統によって使用する呪文や術式が異なる方が良い。眠りや魔法の矢といった初等魔術は広く一般的であっても良い。まったく系統の異なる魔術体系もあり得る。

大きく法の神々や大白妖精がもたらした白魔術体系、暗黒神がもたらした黒魔術体系、旧世界で発達した古代魔術体系として、それぞれ枝分かれや交流で諸派に分かれていったと想定。

天文関係

ymdhmの加減算メソッドを切り出しておく方が良いか。

ctrl+マウス上下で緯度、ctrl+マウス左右で時間変化か。

NSEWの見出しも付けたい。→これはtableのセルに置けば良いか。しかし極圏ではどうするのか。

日照時間をどう計算するのか。今の光のレイヤー方式には無理がある。

とりあえず1630/1/1の平均近点角を出したい。セルナとニルヴァの位置計算。セルナとニルヴァは両方1/1に新月なので、マルスの近日点でセルナ、ニルヴァが太陽方向なのは確定。

恒星のsvg。緯線経線を追加。七等星の配置。

昇交点赤経を決定。しかし、昇交点赤経を入れると計算がさらに難しくなるが(近日点引数は昇交点からの角度のため)。

現状色の設定がない星はランダムで。

エルヴァートも元々は天動説だったと思われる。しかしイモータルにコンタクトできるからにはもっと昔から天の摂理の一端を知っていた可能性もある。

マルスの大きさを最初に考えたのは誰か。

天体

スファイラやコリント、バルザーリ、ホーリネスなんかの太陽はエルヴァートからどれくらいの明るさに見えるのか。当時描いた銀河図からすれば、そこまで極端に離れてはいないので見えても良さそう。

太陽系と恒星はそれなりに作ったので、星雲、星団、銀河も考えたい。アズラドル、トゥルーリ、リンデンヴェイル、ティンコアミア銀河はエルヴァートから見えるのか?

暗黒星雲:不死鳥座。

散光星雲(輝線星雲、反射星雲):ラウドロップ座。銀の槍座。

超新星残骸

惑星状星雲(リング星雲も):十字座。

球状星団:炎の王座(ミューレM42)。

散開星団:宝石箱とグレートドラゴンの尾の先。とくに宝石箱は距離が近いため、かなり大きな範囲に見える。

楕円銀河:モルドリウス座A、B。

棒状銀河

渦巻銀河:グレートドラゴン座。暗黒の女王座(ミューレM46)。

レンズ銀河

リング銀河

不定形銀河

新星、超新星、巨星、超巨星

流星群

地球と比較して

コリント…軌道傾斜が不定期に変わる。このため寒暖の差が激しく、コリントは早くから光熱の魔術を発達させ、極寒期を乗り切るようになった。UHGとは早くから同盟関係を結んだ。

バルザーリ…地球よりも全体的に温暖で、惑星の一部にしか生命は存在できない。月が地球のものより近郊のため、月面基地を建設したのは地球よりも早い。UHGの艦隊と激しく交戦したが、最後に同盟を受け入れる。

ホーリネス…UHG首都星。ハビタブルゾーンに2つの惑星があり、惑星をほぼ同時に平定した両民族の争いが長く続いた。それぞれの王子と王女が指揮する大会戦のさなかに両旗艦が行方不明となった。イモータルが二艦を同一星系に連れ去ったためである。二人はある惑星で出会い、恋に落ちた。二人を含めた両艦隊の幕僚はお互いになんの違いもないことを発見し、イモータルの教唆もあって合同で極秘会談を行った。それにより自国の王を説得して争いを終結させることになった。二人の王はこれを拒否、二人を反逆者と宣言した。二人は互いに自国の防御を掻い潜る策を授けて相手惑星に侵攻、戦闘の末にこれを制圧した。実際には王子の星が先に占領され、王女は返す刀で自国に向かい、王子を支援した。王女の星がホーリネスであり、ここで二人は結婚し、UHGの樹立を宣言した。

飛空船

空の海賊で貨物輸送機を襲う。たまに単機の軍用機を襲うこともある。着水してそのまま水上航行も可能。

飛行は最大戦速48kt、水上では最大36ktとなる。

魔術のため基本的には無補給航行が可能だが、12ktを超えると144海里(12時間)でエンジンがオーバーヒートする。その状態でさらに12海里進むとエンジンが摩滅して飛行不能に陥る(ドックで一週間の整備が必要)。限界距離は速度に反比例し24ktなら6時間、48ktなら3時間しか持たない。つまり12ktを超える場合は144をkt数で割ることで限界距離を算出できる。

恐れず龍の口に手を入れよ

庭にある池に水を給しているガーゴイルの彫像が実はドラゴンの彫像にうわっ被せしたもの。

池の底が両扉になっていて、口の中のレバーを引くと下へ開く。

(普段も水は底の穴と隙間を通って下へ落ちている)。

壁は濡れて流水もあるが、階段が付いているので降りることができる。

5m降りると床が傾いた20フィート四方の部屋につく。

水は傾きに沿って流れ、一点に集められて水車の桶のようなもので上へ運ばれている。

水の方向とは逆側に扉がある。

多元宇宙関係

ヤミカ・モストキンやアレル・ラ・ヴェルニュ、ヨセフ・マフピオタらがエルヴァートに連れて来られた理由。

ライトール族がエルヴァートへ来た理由。

名前だけしかない別世界。

他の世界生まれでイモータルになった精霊族。

ゴールが神の背に封じられていた経緯。

シンボル 蝉 円の中に× 月桂樹の葉 上から見た蛇のとぐろ 二羽の横から見た鷲 鳥の頭がついた蛇 https://www.bds.ne.jp/mitsukeru/mitsukeru_greece.htm http://zatsubundou.fc2web.com/dt_godname.htm

黒の矢退治、の戦い

ラメルとスレイアーンが黒の矢を倒し、その後戦うことだけは決めたが、30年経っても詳細はない…。

DB

Who'sWhoや百科事典、年表…。

ネタ

空中で石化され、そのまま泥土に突き刺さったドラゴン。

特殊なガラス細工の筒で、中に水と植物を閉じ込めてある。

エメラルドスライム

ある湖に島があり、岸から橋が掛かっている。島は大きな山で占められていて、橋を治める部族、下界の外輪を治める部族、下界の内部を治める部族、山の中部を治める部族、山の上層を治める部族、頂上を治める部族がいる。最強は橋の部族で、ここを渡った島の民は知られていない。

麦の若葉は新しい命の象徴

床に魔法が掛かっていて、魔力がないと歩みを進めることしかできない。魔力を持つ者は飛ぶことができる。

港から荷揚げされたものが街へと届けられるまでN時間、阻止するためには輸送中を襲うしかない。

ループして山を登る道

知らない。しかし、知っていたとしても明かすことはできない。確かに彼らのしたことは許されないが、同じコートボールを愛した仲間だからだ。

鳥狼

この世から消え去るその刹那、その胸に去来するものが何だったのか、もはや知る術もない。

レッドドラゴンに支配された村。

周囲の感覚を惑わせる特殊な能力を持っており、よほど耐性を持つ者でなければ攻撃しても命中させることができない。ドワーフとハーフリングは人間よりも高い耐性を持つ。

コーヒー農家

アイコンタクト(使うならやはり双子だろう)

収集癖

ゴリラの神

火炎犬

炎でできた頭蓋骨

絵画の木枠師

思想家 国家権力の不可逆性について

川の神イェクバ

大きな円の下に小さな円が3つ並んで重なっている紋章。