キャラクターの名前・地名などウラ話

エルヴァートの固有名詞(地名・人名など)を作るときに元ネタとしたものをバラすとともに、著作物については「勝手に使ってごめんなさい」を示しています。すでにできあがっている多量の資料について、修正する際または見返した際に気づいた箇所があったら記載しています。このため、まだ気づいておらず今後追加されるものもあります。

2018年以降になって加筆したところには(2018)等入れてあります。

アーク・ラッフルズ

(ラムサダス帝国の大臣)

辞典のトップに来るためだけに考え出された。しかし、とある名前の出現であっさり破られることになる。いや、世の中みな戦いなんですね(そうか?)

私の考えでは、最初に来るのは「アーヴァン」だと思います。この名前を持つ人は、まだ作られていません。

(2021)今現在もいまだにアーヴァンはいません。

(2021)辞典の並びを長音符抜きに変更したため、現時点でのトップはアイアン・エクストレームになりました。このウラ話ではトップですが。

アーサー・フェルナンド

(Bear.氏PC)

まあ…すごいですが。声は神谷明? プレイヤーイメージはどうであれ、DMは「円卓の騎士物語燃えろアーサー」(東映動画)です。古いですね。はい。

(2019)名前はBear.氏自らつけたものです。

(2021)Bear.氏は「アーサー」の名を気に入っているらしく、「Ultima Online」(Electronic Arts)「大航海時代Online」(光栄)でもアーサーという名のキャラを使っていました。私が一緒に参加したゲームはこれだけですが、他でも使っていたのかも。

アイオン・エル・ファリド

(シリアの提督)

「フィアリーブルーの伝説」(中山星香女史)の主人公です。

アザーリア

(ファーランドに住むアルフ)

「フィアリーブルーの伝説」(中山星香女史)で主人公に恋する人(鳥族だけど)です。

アシックス・ブランド

(アーサーに志願した戦士)

今でも何てマヌケな名前だろうと思いますよね。

(2019)アーサーが偽名として「アレックス・グラント」を使っていたため、一種のお遊びとして作った名前でした。

アシュラブレイ

(ラムサダス帝国初代宰相)

「阿修羅」と「無礼」です。そのままです。もとは某YJ誌のアレです(荻野真)。好きだったんです、はい。レインボーブーレイ(ファイブスター物語(永野護))ではありません。

アシュリー

(フェルナンド公国の魔法使い)

ホワイトファングの例会に行ったとき、某氏がアシュリーという名のキャラを使っていまして、「いつか使ってやる」と思ってました。

(2021)ホワイトファングとは、当時所属していた横浜のTRPGサークルです。

アステリア

(星の神様)

TSR GAZワールドのアステリエラ姫様が気に入って、お名前を拝借(盗用ともいう)させて頂きました。もともと 'Aster' という綴りには「宇宙」の意味があるし、丁度よいと考えたのです。

しかし後々見てみると、ギリシャ神話にアステリアという女神さまがいらっしゃいました。それから、ヒュプノスやタナトスは知っていましたが、イクシオンまでギリシャ神話だとは知りませんでした。もしかして結構有名なのかも。

キャンディ・キャンディ(水木杏子、いがらしゆみこ)のはア リス テアです、はい。

(2018)20年前にこの名前を作ったのは、カロリーヌ・フィシス姫(スターシンガー)のためでした。しかし、そのことをすっかり忘れてアステリアをアルフのステリスに割り当ててしまいました。あぶれたカロリーヌのために作ったイモータルが、メテオール・リムです。

(2020)なんとなくでキュアミルキー(東映)っぽいビジュアルを想像し、リンキおーへん様に描いていただきました。非常に可愛らしいです。

アステル

(ムーンクレアの銀の教母)

(2021)PHSやっていた会社…より前に作った設定なので無関係です。

アストラッド

(リューファイオンの息子)

アーサー王伝説で、アストラッド城とか、そんな地名が出てた…と思った。

アストルリーク

(時間旅行者)

ええ、ジャリー・ア・コネル(他でも可)(ムアコック)なんです。そんだけ。

アデレイド・サナリオン

(ラムサダス帝国史の僧侶、植物学者)

けっこうお気に入りのNPCです。元は「ハーブ・マジック」(神代遥)の魔法使い見習いアデレイド・キャスル。アデレイドって名前が好きなんです。オーストラリアみたいですが。これって単行本になってるんでしょうか。

(2019)どうも神代さんの作品は、いまだ単行本にはなっていないようです。欲しいのになあ。

(2021)他の出版社の作品だけは、1冊にまとまっていました。が、白泉社系のものはいまだに存在せず…。

アトス・ラ・フォール

(アマリス帝国の伯爵)

「三銃士」のアトスは、ラ・フォール侯爵だったんです。そんだけ。

アドニス・イルダネス

(アルファの海軍卿)

母親が姉かどうかは不明です。うそです、そんなことないです。

アビリニアス・ウル・エピタキシャル

(Bear.氏PC)

磁性体の名前だそうな。よく知りません。

アフター・バーナー・ルーフ

(K.S.K.氏PC)

(2021)セガのゲームですね。

アベデネゴ、シャデラク、メシャク

(エルメラン教徒)

キリスト教徒の知っている旧約聖書のお話(=普通知らない)。

アマテラス

(ロングッド王国の僧侶)

いや…最初は顔もそのまんまでした(ファイブスター物語(永野護))。もともと私が気に入ったキャラたちをD&D®のキャラにした一団を作りまして、そのひとりだったのです。K先輩のとこのレッシー(エルガイム(サンライズ))、S先輩さんのとこのK・K(エルフ・17(山本貴嗣))もです。

アラート・サイクス

(ラムサダスの魔術師)

単に強いだけだとおもしろくもなんともないんで、ロリコンという設定をつけてみました。8〜16歳限定ってとこですか(危険だ)。

アラミス・ブルゴーニュ

(アマリス帝国の白色騎士団

アトスと同じです。こっちは私の好きな地名をくっつけたわけですが。

アリエッタ・ホーランス

(コリント王国の美少女魔術師)

(2018)名前の元は、職場の近くにあるパン屋さん。ホーランスはプレイ当時貴族の家族名を適当に作った中の一つですが、アリエッタは2017年になってできたキャラクターです。

アリカメン

(コルコランドにあった国)

(2021)コマンドルスキー諸島(アリューシャン最西端)にある島の名前(Arii Kamen)から。

アリス・リー

(ミア・ラマルクの女王)

アリスはアリスソフトのアリスちゃんであります。ミア・ラマルクの元の「トフォセシーラ」がアリスソフトの逆読みだったことに気付いた人はいたのか?リーの方は別にジークンドーやるわけじゃなくて、本当は「リエ」だったのですね。リリア(杉本理恵)です。

(2019)結局アリスに旦那さんがいるというイメージを持つことができず、単性生殖をする魔法生物なんていう無茶な設定を考えてしまいました。

アルカディル

(混沌の女神…というにはロリーすぎ)

アルカディルって名前に元ネタはないんですが、「フォーチュン・キッズ」(高橋魔也)のメフィストフェレスを見てて、どんな名前が似合うだろうと考えた名前です。容姿はシュミです、単に。ピンクハウス…。

メフィストフェレスはラストでバインバインなオネーチャンになってサディスティックなラバーガータームチ振り状態になったんですが、私の趣味の関係上ああはなりません。ガーターベルトだけなら良いですが(ぇ。

アルカトラス

(ミラードの神)

もう「いわずもがな」ですね。だって響きがカッコいいんだもの。でも本当は、アメリカにある刑務所の島なんですって。「アルカトラスからの脱出」だかいう映画もあったそうです。

(2021)響きがエジプトっぽくないのでメルカアトラーに変えました。

アルケイナ

(ホーストヘルンの呪術師団)

(2018)市野治美さんの「RING」シリーズに登場するアルカナを英語的に読んだだけです。

アルス・ベク

(ファンドランド・ヘルトーイの村長)

トゥグリル・ベクから。

アンソニー・ピアズ

(フェルナンドイヴァン州知事)

(2021)ダニエルの父親の名前をちょっと考えて、なんとなくピアズ・アンソニー(「魔法の国ザンス」シリーズ)をそのまま使ってしまいました。ただし作家さんのスペルはPiersです。

アルデザリア

(アマリス帝国の養女)

イメージソースは「雷帝」(BASTARD!!(萩原一至))です。ええ、そうです。でも恐い人じゃないです。

アルデラ・モルディン

(26人衆)

(2020)「地球へ…」(竹宮惠子)のアルテラが元です。モルディンは一等星の設定にあったモルディスとなにか絡めようとしたんだったと思いますが、結局何もなし。

アルドリア・メッカード

(魔法使い)

別に森の女神さま(ルーンクエスト)ではありません。単なる偶然です。

アルバート・フェルナンド

(フェルナンド王国の王)

Bear.氏は、イギリス王家のつもりでしょうが、アインシュタインの方なんです、実は(まあアルベルトですがね、英語読みです)。

でも久々に「キャンディ・キャンディ」(水木杏子、いがらしゆみこ)を読んで、「アルバートっても違うな」とか思ってしまいました(アルバートさんという名前を忘れていたのです…「おじさま」としか覚えてなかった)。

アルバック・ゲーラスム

(ヘレネス四面鬼)

(2018)アビゲイル(BASTARD!!(萩原一至))を適当に崩した名前。

アルファナ・レストール

(現在ラムサディ)

スターブリーズはアルハナですので違います。どこだったかの漫画に出てきたのでした。もう思い出せない。

アルフミリエル

(ド・トゥ教国の支配者)

RPGマガジンの付録の辞典で作りました。意味は忘れました。

アルフミリエル・クルーエル

(ド・トゥ教国の支配者)

(2018)ベッキー・クルーエルから。

アルベルト・フォン・ファイゲル

(グレーデンの五花の憧れの君)

(2018)「キャンディ・キャンディ」(水木杏子、いがらしゆみこ)のアルバートさん→ドイツ語圏の名前なのでアルベルト。

アルペンローゼ

(エルドレス神国ミールテンの妻)

(2021)「炎のアルペンローゼ」(赤石路代)から。

アレクサンダー・ビルック

何のキャラかも忘れられている人ですが、元ネタはマル・アデッタで自杯なされましたね(銀河英雄伝説(田中芳樹))。

アレフ・ゼロ

(フェルナンド帝国の軍人)

数学の記号で、「アレフ」というのがあり、何だか気に入ったので使いました。

アロンダイト

(ベッテル・スターンのあだ名)

(2018)俗にランスロットの剣と言われている剣の名前。実際アーサー王伝説系の話にランスロットの剣という話はないのだそうですが。

アン・サロニン

(スニルナ連合の大統領)

スニルナはイメージとしてベトナムですから。シオヌールがシアヌーク国王からきたことはすぐに分かるでしょうね。アン・サロニンはヘン・サムリンです。

アンソニー・クール

(ラムサダス帝国大臣)

落馬して死ぬんでしょうか(バカ)。きっと彼には、アリステアにアーチーボルトっていとこがいるんでしょう(やめろ)。

いやでも、アニーが結構お気に入りでした。パティじゃないんですよね、いやパティもいいんですが(キャンディ・キャンディ(水木杏子、いがらしゆみこ))。

アントニン・リエル・ハリエット・シャンメリー

(スメルの天文学者)

私の好きな名前を3つも使っていますが、とくにこれという元ネタはありません。シャンメリーはお酒です。

アンドリュー・フェルゼン

(アマリス帝国の大臣)

ベルばら(池田理代子)のおふた方をくっつけてしまったんです。単なる勘違いなんです。すみません、池田先生。

アンナ・カレーン

(ラムサダスの近衛)

(2018)「アンナ・カレーニナ」(トルストイ)を知ったのは、このキャラを動かし始めた後のことでした…。

アンブリエル・ティテス、ティタニア・ディオン

(フェルナンドの情報部)

ともに天王星、土星の衛星の名前ですだ。何故オフェーリアとか、コーデリアとかにしなかったのかといえば、手元の資料が古かったので出ていなかったのです。

(2018)資料は中学の天文部時代に買ったもので、80年代前半のもの。オフェーリアやコーデリアは86年発見。

迩杰

(マリーン・セーレーンの兄弟子の拳法家)

(2019)プレイ当時マリーン・セーレーンのデータシートに「尊敬する人 イーアル・チェイ」と書いてあり、捨てるのはもったいないと漢字を当てました。元を辿れば連杰(ジェット・リー)です。

イウヅ

(フェルナンド帝国の村)

(2018)グレイホークの神様。なんで「ズ」ではなく「ヅ」なのかは忘れました。

イェルト

(コリント貴族)

(2021)一応オリジナルです(現実のイェルトさんはJelte or Jeltoだそうで)。が、考えてみれば「ジェダイ・テンプル(「スターウォーズ」)のモチーフはイェール大学」という話をちらっと聞いて、イェールから連想した記憶もあります。

イェン・ヴェルディ

(フェルナンド帝国の提督)

ヴェルディ。川崎に本拠地を置くスポーツチームと思われたようですが、「歌劇王」の方です。確かに最初はヤン・ウェンリィでしたけどね。いや、最初はルパート・ケッセルリンクか(笑)(銀河英雄伝説(田中芳樹))。

(2018)ルパートはあまりにひどい、ということでヤンになり、ちょっとまんまはまずい、ということでヴェルディになりました。

イグナッツ・アウアー、ウェルナー・ゾンバルト

(ラムサダスと冒険をともにした過去の人たち)

予定外の冒険で名前に困ったもので…歴史上の人物そのままです。

イシュトヴァーン・メイザー

(コリント王国を追放された元伯爵)

(2018)イシュトバーンはハンガリーの建国王から…と言いたいところですが、最初に考えたのはイシュトバーン(「ゴシックは魔法乙女」(ケイヴ))でした。

イリア神王国

(ホーメルトにあった国名)

(2018)イリア・パゾム(ガンダムZZ(サンライズ))から。

イリヤ・クリスティーン

(ラムサダス帝国の酒造家)

(2018)アインツベルン家のお嬢さん(フェイト)とは関係ありません。某海外アプリの翻訳に参加しているのですが、開発者の一人のイリヤさんから拝借しています。

イルゾニア

(ラムサダスの故郷)

(2018)イリュージョン(Illusion)から作った単語です。

イルリック・カーサリアン

(元26人衆)

(2019)イルリックはムアコック作品のウルリック、エルリックから考えた名前。カーサリアンはカーネリアから少し変えたもの。本名のフェデリカと変名のマリオット・ワトニーはとくに元ネタ無しで、かわいい名前で考えました。

イルレンローエ

(ヴォーテルジー王国王妃)

(2021)ドイツにある街。アルペンローゼに響きが似た名前を探していて、これを採用しました。

イワノ・マルキュイル、イワン・イワノヴィッチ

(ドバヌール王国の提督)

某T情報大学に、岩野(仮名)という講師がいて、クラいヤツで。クラい提督を作ろうとしたら、思い当たった。ひどいですな。

ヴァリアス・アンドレ・メツァート

(ホーメルトの作曲家)

モーツァルト。超天才ではないにしろ、結構な天才という設定になってます。

ヴァルナ・ズィトミール

(南セイアン王国国王)

(2018)ヴァルナはインドの古代神、ズィトミールは…ウクライナの地名です。

ヴァンダル・サン・カリマンタン

(元ラムサダス帝国陸軍人)

(2018)ヴァンダルはヴァンダル民族、カリマンタンはボルネオ島の別名です。

ヴァン・ファームズ10世

(ファームズ帝国の皇帝)

ジョンはフェルナンド帝国で使われてしまったので、少し変えたわけです。そんだけ。

ウィーン・アザンクール

(作曲家)

「アザンクール」(フランスの一地方)が、響きがいいので使いたかっただけ。

ヴィヴィウナ、ヴィマナ

(紅茶)

(2018)「ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」に出てくる空飛ぶ機械の名前。

ヴィオル

(紅茶)

(2018)暴暴茶→暴力→violenceから。

ヴィラノーヴァ王国

(アイオリス帝国の前身)

(2018)ヴィラ・ノーヴァ(新しい村)ですがとくに意味はありません。

ウィリアム・クルーサス

(現在はヴィルヘルム・クルーザス)

思い起こせば、最初は大おじさま(キャンディ・キャンディ(水木杏子、いがらしゆみこ))だったんですね、本当完全に忘れてましたけど。

ウィリバール・ヨハン・フォン・メールッツ

(もとフェルナンド帝国の将軍)

ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ(銀河英雄伝説(田中芳樹))。

ウェルナー・ケイン

(26人衆)

(2018)ウェルナー・フリッツとケイン・ワカバ(ドラグナー(サンライズ))。

ウェンヤン・リー

(スメル帝国史)

(2018)そのままヤン・ウェンリー(銀河英雄伝説(田中芳樹))。

ウォーターミラー

(ラムサダス帝国の賢者)

本名(?)シヴァ。三國志ファンに殴殺されそうです。司馬です。で、水鏡先生ですから。そんだけです。で、「よしよし」(あるいは「好好」)です。

ウォルター・コーラス

(アマリス帝国の将軍)

(2018)ウォルターにはとくに意味はありませんが、コーラスは「ファイブスター物語」(永野護)のコーラス陛下です。

ウラル・グリエフ

(ライオット共和国首相)

地図から拾った名前です。このあたりはそういう名前が結構あった気がします。

ウルヴィヒ・セスラー

(フェルナンド帝国の提督)

(2018)ウルリッヒ・ケスラー(銀河英雄伝説(田中芳樹))。

ヴルチェク

(バラカンスの将軍)

小説家エルンスト・ヴルチェクです。

エアリアン・レストール

(ラムサダス帝国強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.))

(2018)エアリアンは、中山星香さんの作品に出てくるアルフです。ちゃんちゃらおけさ。

エイミ・リンナ・バリノーフ

(イェンの妻)

当初はPCでした。結構お気に入りのキャラだったんですよ、その頃は。私の好きな名前2つも使っているほど。

(2018)エイミは「赤い光弾ジリオン」(タツノコプロ)だったと思いますが、リンナはとくにないかな…。

(2021)もちろんMicrosoftの人工知能とも関係ありません。

エウテルペ 他

(ルミスデン教の天使)

(2018)ギリシャ神話の9姉妹(女神)の名前。ヘロドトスの「歴史」では各巻のサブタイトルになってますな。

エーニア・リッツバーナ・リーバイン、エル・リリエ

(八星衆のひとり)

(2018)最初はエーニア・リッツバーナだけで「エリ」だったんですが、その後澤村・スペンサー・英梨々(「冴えない彼女の育て方」(丸戸史明))を知ってリーバインを追加しました。リーバインはリーバイスから来てます。でも「さえかの」自体は未見です。

(2019)花兎*様により、すごいビジュアルが与えられました。かなり好みですし(「刺さってる」という言い方がふさわしいです)背景も彼女の武器をイメージしてお願いしたものです。感謝感謝です。何人かの作家さんにイラストをお願いしていますが、この方は「神絵師」と呼ばせて頂きたくなります。

エール・ハミルトス

(フェルナンド王国の民政党の党首)

もとはハミルトンで、ハミルトン定理から取りました。

エール・ブラーンシュ

(ダムの弟のポリマス)

ブラーンシュを姓にして、何かいいの…と思ったところ、実家の近くにこういう名前のお店がありまして…皇室が使ったとかで一時人気ありました。意味はフランス語で「白い翼」です。

正確には、Le がついて L'air ってなるんで、「レール・ブラーンシュ」なんですが。

(2019)顔だけは自分でも描いていたのですが、やはりカラーで美しいビジュアルをと思って秋川ひぐらし様にお願いして描いていただいたビジュアルです。やはり美しいです。

エカトリノ

(エルドレスの街)

(2018)イタリアのトリノの名前が好きだったので…。で、なぜか「エカ」を付けました。トリノの街が好きになったのは、「クオレ物語」(日本アニメーション)によります。

エステル・シュパン

(ラムサダス帝国のマックスの妻)

(2018)「アルスラーン戦記」(田中芳樹)の女の子。

エスメラルダ

(ラムサダス帝国の地名)

(2018)エメラルドのことですが、元は松本零士先生のエメラルダスだったりします。「聖闘士星矢」(東映動画)にも出てきますが。

エセリア・シューリムル

(アルフの氏族長)

(2021)1990年前後に、Ray!氏がマスターをしたソードワールドで作ったPCでした(画像も当時のキャラシート)。エセリアはたぶん可愛らしい響きでつけたもの、シューリムルは元々「しゅえ」で、題名を思い出せないですがそういう名前の女の子が出てくる漫画がありました。リムルも響きだけです。というわけでテンペストとは何の関係もありません。

エドガー・ランサム

(ラムサダス帝国の軍人)

「リル・リーン紀譚」(しまだひろかず)のランサムが好きなので。いやリルの方も使っちゃってますけどね。

エドワード・カーライル

(ラムサダス帝国の提督)

(2018)プレイ当時は実在の会社の名前を使って付けた名前だったと思いますが、その後Ultima Onlineの中で出会ったカーライルさんという料理人のおかげで、彼も料理人になりました。店の名前Bread and ButterはUOのギルド名そのままです。ウェイトレスのアスカさんも、そのギルドに所属していたプレイヤーの一人です。もちろん無断…。

エドワード・フェルナンド

(アーサーの息子)

黒太子ですか(違うって)。

エミリィ・クレイアー

(ジョンの娘)

「マジカルエミ」(スタジオぴえろ、あらいきよこ)のスターの名前からです、はい。

エリア・フィードランド

(ファームズ帝国ランセス男爵の妻)

(2018)詳細はフィア・ランセスの項に。

エリー・アンドリュース

(アマリス帝国の富豪娘)

ええ、「堕天使」(笑)のえりかちゃんです。そうです。はい。

エリエール・ド・ロシェーリア

(ロシェール王国の女王)

(2018)エリエールはノリで付けたのですが、なんとなくティッシュだったので王はネイピアにしました。

エリカ・エーヴリング

(現在フェルナンド、アイオリス帝国の王女)

当然のことながら、「堕天使」と思われたのですが、それはエリーの方です。こっちは単に可愛い名前なので使いました。気に入ってくれて(?)よかったよかったです。一番の幸せ者NPCでしょう。

(2018)エーヴリングはカール・マルクスの娘エリナーの旦那さんエドワード・エーヴリングです。

エリザベート・フォン・ブラバント

(エルザ、26人衆)

円卓騎士で、ローエングリーン卿というのが、ブラバント侯爵の娘エルザにホレるというのがありまして。でもエルザの夫はローエングリーンじゃありません。オスカーです。金銀妖瞳でもないです。

エリシエル・ダンクノック

(コリントの王女)

モチーフとしては、美少女戦士の親分(ォ(武内直子)なわけですが、あくまでモチーフだけです。性格がどじでぐずでまぬけで「やーだやーだやーだやーだ」とか「レイちゃんのいぢわるー」とかダダこねなわけではありません、念のため。

名前は…今ではしかとは言えないんですが、知り合いの絵里ちゃんから取ったのだと思います。

(2018)エリシエルがうさぎなので、彼女に従う4戦士はもちろん他の4人です(あくまでイメージソース)。

エリック・シェンカー 他

(ラムサダス帝国の魔法使い)

Burrn!誌から作られました。

エリナー・マルクス

(クラウドの元恋人)

(2018)革命家カール・マルクスの娘そのまんまです(本当はエリノアと発音?)。あだ名の「タッシー」もそのまんまです。

エルザ・シュナイダー

(26人衆)

インディ・ジョーンズ3(ルーカスフィルム)に同姓同名がいますが、関係ありません。なにせ映画館でBear.氏と二人して驚いていたくらいですから。

エルミタル

(コルコランド王国の王)

エルミタージュから。

エル・ミハイロブナ

(SKPに同行した僧侶)

「はいからさんが通る」(大和和紀)のミハイロフ侯爵から。母方形で。サーシャとかはいませんが。そういえばラリサさん、好きだったんですよね、当時。美人薄命だから…。

エルンスト・ショウペンハウアー

(ドバヌール王国の提督)

ショウペンハウアーを使いたかった。〜ハウエルでも良かったが。

エンクヴェイ

(ミラードの神様)

「スウィーパー」はもちろんスウィープピッキングからです。掃き掃除するわけではありません。「ドラゴンゴッド」は、何となく竜のイメージあるもので。曲にもあったし。

(2019)さすがにイングヴェイのままではどうかと思ってちょっと変えました。

エンジェルウィッチ

(リル・ミア神の別名)

インギーです。否定しません。あまりにもピッタリだったもので。

オーギュスト・ラマルティヌ

(ラムサダス帝国宰相)

ガンダムZZ(サンライズ)のオーギュストより。ラマルティヌは本を読んでたら出てきたので。でもスペルは違ったみたい。

オースティン

(フェルナンド帝国の魔法使い)

ドラグナー(サンライズ)の主人公の父親です。マイナーかつマニアック。

大岱

(オーダイ、ラムサダス帝国の都市、旧馬具笊ギルドの首都)

(2018)馬具笊ギルドが日本風文化ということで、Edo(江戸)を逆にしてOdeにして、無理矢理作りました。

オートローインク

(ミア・ラマルク首都)

(2018)KYOTO(京都)にnara(奈良)を挟みこんでKnYaOrTaOにして、逆に読んだものです(実はこれを書きながら思い出した)。

オーレイン・アルカード

(ロスティア王国の王)

アルカードは、ドラキュラですから。ロスティアでは是非とも、悪魔城(コナミ)ばりのレイブンロフトばりの冒険したいです(ムリ)。といっている間に、本家の悪魔城でアルカードって名前を使われてしまいました。

(2018)というわけでDraculaの逆読みがアルカードなわけですが(悪魔城伝説以前から、何度も使われているようです)、結局ロスティアがプレイで使われることはありませんでした。

オクリム

(エルメラン教の神様)

多分PCは誰も気づいてないと思うが…。オクリムってのは、「マイト&マジック」(ニューワールドコンピューティング/イマジニア)に出てきた魔法使い(?)の名前なんです。

オスターラント

(コルコランドの地名)

(2018)「銀河英雄伝説」のヴェスターラントの虐殺から東西逆にしてオスターラントです。

オトフリート・ラサール

(ラムサダス帝国の大臣)

ラサール校から…もといフェルディナンド・ラサールからだそうで。同じ人から私はラサール・フェルディナンドを作った。

オリヴァー・カミングス

(ジェトール王国の宮廷騎士)

カミングスはレイズナー(サンライズ)のアーサー。

オルクマルド、ビッボゥルゥ、シルヴァー、オーデルゾーロ

(混沌の神)

最初はガンダム(サンライズ)のザビ家のつもりだったんですよね、兄弟構成。でも構成だけで全然違うけど。

オルソン・ガリハック

(ジェトール王国テンプルナイツ)

オルソンは、ロードス島戦記(水野良)ですね。

カーテローゼ・フォン・ファイゲル

(フェルナンド帝国の将軍)

フレーゲル(銀河英雄伝説・田中芳樹)でした。しかし、カーテローゼの顔でフレーゲルの性格、いや逆もイヤですね。

カーミ・ズィエンヴァー

(ミア・ラマルクの忍者)

見当かなみちゃん(アリスソフト)なんです。ええ、好きなんです。不憫で。

(2021)シートゥルーでしたがあんまりなので、ドイツ語に変えてみました。

カイゼル・コード

(26人衆)

(2018)ランスシリーズ(アリスソフト)のガイゼル・ゴードから。

カイ・ワイナー

(26人衆)

(2018)カイは「ドルアーガの塔」(ナムコ)。のヒロインからです。最初は顔もそのままでした。

カドモス・ハーディル

(アルファの陸軍卿)

妹がいるのかどうかは決めてません。そんなんばっかしか。

(2018)当時↑と書いたものの、何のことだったか忘れていたのでググりました。エウロペのことだったのでしょう。

カタリーナ・フェルディナンド

(フェルナンドのロングッド使節)

カラメイコスにおけるルシア・デ・ヴァルディッツです。名前についてはあんましありません。

(2020)当初はカトリーヌだったのですが、やはりイタリア名なのは合わないので変更。

カトリネル

(青のラ・リューンのルーンワールド名)

エグザイル・サーガ(ジュリアン・メイ)より。

カーマン

(アルジャストレル帝国皇帝)

(2018)アクシズなので…もちろんハマーン様です。

(2020)カマハーンでしたが、まんまなので、アルジャストレルのカーマンに変更しました。

カメーノ・ガイヤーン

(コリントの昔の将軍)

(2018)ガイヤーンはタイ料理(焼き鳥)です。

カラドリウス

(グリトニルのイモータル)

(2018)キリストの化身とも言われる神の鳥。

カリナ・アウスタローバ

(ミネスのお話)

実はこれ、初稿では別の名前だったんです。でも、かのダグラス・ナイルズ氏の小説「ムーンシェイ・サーガ」(不評…)を読んで、名前を借りました。

カリマ・イオン・アインシュタット

(傭兵隊長)

(2018)傭兵は当時「宇宙の傭兵たち」(ジェリー・パーネル)を読んだからです。カリマは「エルフ・17」のタイラー殿下の部下の一人。イオンとアインシュタットは適当でした。

カルドレア・アサハルデルン

(マジックアイテムコレクター)

当時、「カル」という響きが気に入っていて、その頃作られた人物は、エイミス・カルストリン、カルマック・スルサーンなど。

カルマック・スルサーン

(ヘレネスの四面鬼)

(2018)で、こちらは四面鬼自体がダーク・シュナイダー四天王だったもので、カル・スです。

カレイユ・ロシュフォール

(アマリス帝国男爵)

(2018)ロシュフォールは「三銃士」の伯爵。

カレン

(カレンティシアス王国の称号)

(2018)カレンは「ゴシックは魔法乙女」(ケイヴ)に出てくる優等生ちゃんですが、その名前からまず少女剣士を考えて、それからプレイ当時に作ったカレンティシアス王国に当てはめました。

カロリーヌ・フィシス・ファームズ

(ファームズ帝国の姫様)

(2018)カロリーヌはモナコの王女様ですが、ファームズは英語圏なので本当は合わないんですよね。フィシスは「地球へ…」(竹宮惠子)の美人占い師です。

ガンスティール

(ホーメルトにあった国)

(2018)当初はガンステードでした。レイズナー(サンライズ)です。

カンムーリ王国

(裏エルヴァートの国)

(2018)当時の会社の後輩の金森さん(美人)から取りました。

白野鮫季助

馬具笊ギルドの商人)

(2018)シロノサメは適当ですが、キスケは「オホーツクに消ゆ」(アスキー)の奥村紀助からです。

キャシー・トレイル、エキス・エイトレル

(アラート・サイクスの仮の姿)

両方ともアラート・サイクスのアナグラムです。

キュベット

(旧アルジャストレル帝国の首都)

(2018)アクシズなので…キュベレイです。

(2020)アクシズだとまんまなので、アルジャストレルに変えました。

強力タイガー

(ゲーム)

(2018)「究極タイガー」(東亜プラン)です。

クーヴィル・アースシェイカー

(ルーンワールドの賢者)

CM4モジュールのロボットじゃありません。「エグザイル・サーガ」(ジュリアン・メイ)です。

(2021)元々「クーアル」でそのままでした。ので変更。

クーリル諸島

(海の王国)

(2018)千島列島のロシア名。

ククル・ミスト

(ハーフリング)

(2018)ククルはランスシリーズのククルククルおよび「終わりのセラフ」(鏡貴也、山本ヤマト)のクルル・ツェペシ。ミストは霧を意味もなく付けてみました。

愚者>、<魔術師>、他

(ホーストヘルン帝国の魔法使い)

「RING」(市野治美)のアルカナがそのまま。ただし、<愚者>の顔は「ワイズクラック」(松田南)のグレッシルです。まあ、タロット使いたいってのは元々あったんですけどね。「東の帝国」(セイバーヘイゲンのファンタジーもどきSFもどきにあらず)もホーストヘルンだし。

クラウド・クックーランド

雲上王国の別名)

(2018)理想郷の一種ですが、あり得ないことを「起きるかも知れない」と大真面目に考えている人のことを「クラウド・クックーランドに住んでる」のように表現するんだそうで…。洋物で同名のCDアルバムもあります。

クラウド・ファルマス

(フェルナンドの元帥)

彼は、その昔大佐だった頃は、「クラウド・スカイアドベンチャー」((c)SNK)という名前で…あったことはありません。しかしSNKも変わりましたね。アテナに原始島に、航空騎兵物語なんて作っていた頃が懐かしいです。あとASOですか。

(2019)hashiya様によりビジュアルが与えられました。感謝です。Bear.氏によれば当時私がクラウドの絵を描いたことがあったそうなのですが、まったく記憶になく手元にもありません。記憶にあるのはスカイアドベンチャーのクラウド大佐を描いたことくらいで…。そのBear.氏の記憶に残るクラウドとはだいぶイメージが違ったそうで、ちょっと申し訳ないのですが。

グラスティース

(ラムサダス帝国の首都)

(2019)以前は「グリステリア」でした。ファイブスター物語(永野護)の、A.K.D.の首都です。プレイ当時、ラムサダス担当のPCが、好きだったこの作品から拝借しました。当時はWeb公開などまったく考えずにテキストデータを作り貯めていたため、その他の都市(ヤース、バストーニュ、バビロンなど)とともに長くそのままにしていました。

2019年になって、明らかに他の人の創作した名前は変更しようと(遅まきながら)考えて、この都市名だけは変更することにしました。ラムサダス帝国では他にイレーザー⇒フラッシュや、レッドミラージュ⇒ファンタズムプレート、ランドブースター⇒ファンタズムブロック、バスターランチャー⇒アストラルランチャー等、ファイブスター由来のものを色々変更しました。

クラリウス

(クラリール・ブラーンシュ、ラムサダス帝国の海軍)

名前はオリジナルですが、絵は「暗闇の鎮魂歌」(真崎春望)の剣です。はい。間違っても島本須美の「泥棒さん?」ではありません(おい)。

クリスティア・フェルナンド

(アーサーの娘)

名前が可愛いので気に入っています。クリスティスでなくて、良かったです(ォィ)。←18歳未満でわかった人、職員室へ来なさい。

(2018)上記は「黒翼の天使」(美衣暁)のクリスティスです。のちに「遊戯王」で「大天使クリスティア」なる存在が出てきたようで、ちょっと笑いました。

クリス・ネヴィル

(スメル帝国の魔法使い)

スケート選手から。

グリトニル

(二足歩行の鳥類)

(2018)北欧神話に出てくる宮殿の名前。

グリンカムビ

(グリトニルのイモータル)

(2018)北欧神話に出てくるニワトリ。

クルト・ヤー

永世王国マグロニエル騎士団事務長)

(2018)ヤクルトです。

クロード・アドリアン・ディルファーケン

(アマリス帝国白色騎士団師団長)

(2020)当時はエルヴェシウスでした。名前のストックから組み合わせて作ったはずですが、歴史上の著名人に完全同名がいることが分かったので変更しました…。

黒羽凰浅黄水仙瑞稀

(コリントのミズキ・フォーブラック)

(2018)設定盛りでミズキを馬具笊の姫にしたときに、なんとなく姉妹にみんな花の名前を入れようと思って、英名と和名両方がそれっぽいものを選びました。で、ミズキは浅黄水仙(フリージア)にしました。フォーブラックは元の名前を英語っぽくしたもの、と考えて最初に思いついたのが鳳凰府。しかしちょっとつながりが弱すぎると考え直し、ブラックをそのまま「黒」に、フォーを「羽凰」と考えて今のものになりました。

クロビュール・マークレット

(ティアンナの兄)

(2021)元々はグロビュール(分子雲)でしたが、名前的にイマイチと考えて濁点を取りました。

ケイダ、ジェミル

(ド・トゥ教国の右大公左大公)

(2018)「彼方から」(ひかわきょうこ)に出てくるジェイダ、ケミルです。

ケイト・フローラル

(Ray!氏のところで使ったPC)

花屋の娘なら、というのでフローラルなる苗字になりました。安直ですね。後々「それではあまりにマヌケだ」というのでシェリンというのを考えましたが、使う前に氏がGMをやめました。合掌。

実はケイトは、私の中学時代の同級の女の子から。彼女は「恵糸」と書きました。れっきとした日本人です。

ゲイナー

(混沌の戦士)

ムアコック先生、何もいえません。エルリック8巻で出されましたね。けっこういいです。しかしチャリオンを仕えさせてたのは何かうらやましいぞ(バカ)。

ケーナ・シーア・アルフレット・ロングッド

(ロングッド王国の王女)

元ネタは某アンデス少年のヒロインです。しかし元ネタからは想像できない程ヒドイ娘でしたね(自分でいうな)。ペペロという名前は、そういえば使ってないです。

「黄金のコンドルよ〜 大きな〜 羽を広げて〜」懐かしい…

ゲオルク・ルエンカシフォン

(放浪の聖騎士)

コルコランド貴族にしようと思ったんですが、浮かばないので前に使ったルエンカシフォンを使い、「男性名は…」と考えてこうなりました。なんか安直ですね。

遠い親戚にしようかと思ってたんですが、「鮮血の殺人鬼」を書いているときに即席で系図を作ってしまいました。そのために、ルエンカシフォン家の人間がたくさんできてしまったんですが。なんとコリントにもおります、はい。

しかし、ちょっと過去を悲惨にしすぎた気もします。とくに妹…。

ケダーディ

(ムーンクレアの黒の教母)

(2021)なぜこんな発音しづらい名前にしたのか、まったく思い出せずにいます。

ケント・マルクス

(ダブリンの商人)

経済学者・革命家のカール・マルクスです。娘(エリナー・マルクス)の名前と愛称(タッシー)はそのままです。

ゴール

(古き者)

(2020)イメージとしてはムアコック先生のクウィルあたりでしたが、名前は「ゲッターロボ」の恐竜帝国だった気がします。

コード・イヅー

(フェルナンドの戦士)

美夕がニネヴィですので、ラヴァ→溶岩→ Huzed Rock の逆読みなわけです。

コジモ・パガニーニ

(ラムサダス帝国)

「イタリア」というだけでつけてしまいました。関係ないですが、インギーはパガニーニ、好きなようです。私もバロックは好きです。パッヘルベルとか。

シルクシアの旗艦がパッヘルベルなんですよね。

コジモ・マヴァケリ

(スメル帝国の経済学者)

マキャベリ、わかりますね。

ゴッド・フルネルソン

(フェルナンド帝国の提督)

「宇宙家族カールビンソン」(あさりよしとお)ですか。「神のようなヤツ」ということで、ゴッドなる名前になったわけです。

コホリン・ドリュー

(アーティファクト、ルーンワールドの地名)

(2018)人形(メロウ)の持っている赤い帽子の名前。一時TPRG仲間で自前のルールを作るのが流行ったとき、私はこの名前を使いました。

サガルマート

(テルドア山脈)

(2018)エヴェレストのネパール名(サガルマータとも)。

ザクサクス

(イモータル)

(2019)TAM氏による。ゼクセクス(コナミ)ですね。

サートスター

(フェルナンド帝国の街)

(2021)エルガイム(サンライズ)でフル・フラットさんがいたところ。

サトリアナ

(クルート、ミラードの神様)

ジョー・サトリアーニです。わかりますね(?)。

ザナック・エーヴリング

(エリカのお兄ちゃん)

ザナックはその昔のパソコンゲームです。でも内容知りません。きっとBear.氏やTAM氏がやったことあるでしょう。

サニー・クレッソン

(ファームズのコートボールプレイヤー)

(2018)プレイ当時から存在していたNPCです。が、その頃は貧民街出身の強いプレイヤーというくらいで具体的な人物像はとくに考えていませんでした。プレイにも登場させませんでしたし。ロジャー・フェデラーをイメージし始めたのは2010年くらいだったと思います。フェルナンド八星衆のラファエル・カルネイロスも参照。

(2019)hashiya様にビジュアルを与えて頂きました。フェデラーイメージと伝えたら片手バックハンドです。嬉しかったです。

ザモラ、キンメリア

(ロングッドの都市)

Bear.氏命名の街。いやはや…。コナンからとったそうです。といっても未来少年ではありません。

(2018)もちろん名探偵でもありません。我々がプレイしていたのは名探偵の連載開始前の話です。

サヨコ・サララ・イデナリ

永世王国宰相)

(2018)プレイ当時、永世王国は26人衆の名前があるくらいで実質的に設定がありませんでした。そのため宰相という役職ができたのも2017年であり、既存設定との融合には多少気を遣いました。彼女がロリロリなままなのはまあ趣味です。そして2ちゃんねるの某所でお世話になった(?)沙夜子さんの名前とキャラを、そのまま使わせてもらいました(このため、探していますというページを作りました)。サララについては、前々から鵜野讃良皇女(a.k.a.持統天皇)の名を使いたいと思っていたので、ぶっ込みました。

サンターナ

(クルートの神様)

もう…ですね。「メキシコに吹く熱風」というわけです(ウソ)。「医学薬学は世界一ィィィ」はワールドヒーローズに使われたので。

そういえば超人ロック(聖悠紀)にもストロハイムって奴がいました。「死神ストロハイム」と呼ばれてましたが、やはりロックにはかなわなかったようで。

シア・ランセス

(ファームズ帝国ランセス男爵の娘)

(2018)フィアとエリアの子はみんな〜アにしよう、と最初に決めて、「太陽の子エステバン」(スタジオぴえろ)あるいは「マリーのアトリエ」(ガスト)のシアちゃんになりました。

シーザー・シュナイダー

(もと26人衆)

もとは近未来漫画の主人公で「最強のスナイパー」でした。そういえば、コレの最初で死んでしまうのが、ミリィだったのです(ミリィ・トゥルカスのこと)。

「最強のスナイパー」といえば、ジリオンのチャンプを思い出しますが、シーザーはオチャラけてないです。

ジェームス・バンド

(フェルナンド帝国情報部)

世界的に有名ですからねぇ。やっぱり「二度死ぬ」のでしょうか?

(2019)確かBear.氏が作った名前の一つだったと思います。

ジェフ・アントラー

(ラムサダス帝国の軍人)

なにも言いますまい…。合捷、ちがった合掌。サン・ヴェル・レイソルなんてどうでしょ。

シェラリーフ

(コリント王国の元姫)

(2021)エルガイム(サンライズ)にシェラ・リーフというキャラがいることを、Wikipediaで初めて知りました。まったくの偶然です。こっちは女性ですし。

ジェラルド・マクミラン

(ラムサダス帝国の大臣)

マフ・マクトミン(エルガイム)からだそうで。マフの一族でしょ。そういえば、ティバーサティン(S先輩の創造した偉大なワールド)にもマフ一族がいたなあ。「マフの森」とかいうところに暮らしてましたが。

そういえば、超人ロックも、一時ロック・マクミランだったみたい。

(2021)当時気づかなかったのですが、上記「マフの森」は「ポーの一族」(萩尾望都)との組み合わせだったのかも知れません。

シェリー・ミュリエル・イングリス

(ラムサダス帝国の魔法使い)

名前は、好きな名前2つです。イングリスは「アボンリーへの道」(NHKでやってた海外フィルムもの)から。イラストはぷよぷよ((c)COMPILE)のウィッチの、独自ヴァージョンなわけです。

アラート・サイクスの弟子なわけですが、彼のエジキになるかどうかは決まってませんな。いや、しないとは思うけど。

四聖獣騎士団

(ファームズ帝国の騎士団)

「ふしぎ遊戯」(渡瀬悠宇)の七星士です。って二十八宿自体は中国のものですが。

(2019)二十八宿がなんでイギリス風のファームズに使われてるんだというと、当時は何も考えてなかったから、というのが答えです。

ジブリール

(イモータル)

(2019)名前は(天使の)ガブリエルのアラビア語名です。ビジュアルイメージは、Vtuberの名取さなちゃんになりました。

シャオリー

(K氏PC)

元は「さおり」という名前で…「エルフらしい名前にしてくれ」といったら、こうしてくれました。結構いいかもね。とあるクソゲー(会社名がそのままやが)の後でなくてよかったです。

ジャック・シュナイダー

(フェルナンドの空将軍)

何を隠そう、もともとエルヴァート世界は彼のために作られたものでした。最初は、ホーメルトもセイレイもありませんで、もちろん裏や地下なぞなおさらでした。

彼とスメル皇帝であるシュメール・シャイダーの戦いが、エルヴァートのはじまりだったのです。そういうわけで、真の主人公は彼!?

ジャック・バルバロッサ・バンコラン

(TAM氏PC)

私この名前知らないんですが、TAMさん、どうやって付けたのでしょうか?(大ウソ)

まあ、美少年キラーではなさそうでした。

シャナ

(アマリス帝国の村)

(2018)灼眼の…。でもイラストがかわいいと思っただけで作品は未見。

ジャフト

(フェルナンド技術総監)

ラインハルトなんかは許されても、コイツは許されませんね。ただ裁かれるために作られたと思えば、些か哀れではありますが。

シャリー・アリス・ミキ

(26人衆)

私の少女漫画用のキャラ、春日美樹です。現代っ子でミーハー、おちゃらけた&男大好きな性格はそのまま。元はセーラー服(それも色々なデザインの)着せるために作ったともいえるキャラでした。うひゃー。

「堕天使」3人娘とは関係ありません。

(2018)<ミストレイ>は当時から考えていたものですが、それが何かは2017年までまったく考えてませんでした。で、設定盛り盛りでミストが霧なので霧のように捉えられない戦い方をすることにしました。さらに<撃墜王>ならぬ<撃墜姫>なんて称号まで作ってしまい、男をたんまりたらし込んでいる娘にしてしまいました。カタブツと考えていたヨセフも、その毒牙に…。さらにさらにじゃあ「撃墜」は一般的に知られているのか?僧侶なので神様を決めなきゃ…と考え、それを一挙に解決する設定として双子のシルフを従えていることにしました。

双子のシルフ・リズとピズのイメージは、「ゴシックは魔法乙女」(ケイヴ)の双子ラピズとラズリです。

(2019)当初はアリス・ミキにしようと思ったのですが、26人衆に参加させるに当たってAだとエール・ブラーンシュと重なるので欠番にしなきゃ、ということでシャリーを付けたんだったと思います。

ジャンヌ・ファームズ

(ファームズ25世の愛妾)

ロザリーちゃんがいるんで、ジャンヌも出しました(ベルばらです)。きっと性格もあんな感じでしょう。平民出身って設定もそういうことを安慈じゃない暗示してますです。

ジュディス・ジェファソン

(フェルナンドの画家の少女)

ジュディスは辺境警備の眼鏡っ子からいただきました。ジェファソンのほうは、Bear.氏がつけた名前なのでなんとも。やっぱトマスなんでしょうか。

今のところ、私と誕生日が同じなのは彼女とマリア(マリー)・ロングッドの双子だけですね。2,000人のうちで3人か…。ダイス目なんでなんともいえませんね。ひとりも当たってない日もあるのに。

(2018)その後ティアンナも同じ誕生日になりました。これはランダムではなく意図的に。

ジョージ・ドゥーカス

(フェルナンド王国史)

もとはドゥーカスだけでしたが(確かBear.氏が付けた名前)、名前を考えようとしたら、パッと出てきました。ルーカス先生申し訳ござらん!

ジョー・ビッグフォレスト

(ラムサダス帝国に住む魔法使い)

実は、大森丈雅(仮名)という先輩が、「ワシを強力な(最強の、だったかな?)キャラクタとして登場さしちくりー」と言ってきた(言葉どおり)ので、作ったのです。名字英訳しただけですね。「そいつに逆らうことは、死を意味する!」状態です。でも誰もこんな人がいること知りません。

(2018)この名古屋出身の大森丈雅(仮名)氏、大学を卒業して以来その行方が杳として知れません。心当たりのある方は是非教えてください。

ジョシー・ラフィマ

(アマリス帝国の男爵)

「アルスの翼」(田中雅子)でジョシュア・ラフィマという美形が出てきたのです。そんだけ。なんでこの人も美形です。

ジョン・マーカス

(ロングッド王国の提督)

Bear.氏が、「どっかで聞いた名前」と言っていました。心当たりのある方、教えて下さい。名付け親の私はまったく知りません(マジ)。

シラカン

(ライトネア王)

(2021)シラカシから考えたのを思い出しました。

シルヴァームーン

(フェルナンド帝国のシーアルフ)

マイクローンさんの歌の歌詞から取りました。ええ、そんだけです。レッドムーンはおりません。ゴールドムーンでもないんです。ついでにセーラームーンもいません(ォ。

シルヴィア・タランティス

(コリント王国の美少女魔術師、アリエッタ・ホーランス)

シルヴィアは「レイン」(吉野匠)のシルヴィア・ローゼンバーグ…ですが名前だけです。タランティスは、当初タランだけだったんですが、語呂も悪いし「タラン…何年私の副官をしている」(宇宙戦艦ヤマトIII(アカデミー)のデスラー総統)を思い出したのでちょっと変えました。

シルヴェーヌ・シルヴァプラナ

(ジェトール王国テンプルナイツ)

(2021)シルヴァプラナはスイスの湖から。シルヴェーヌは当時シルベーヌというお菓子が存在することを知らなかったので、単純に響きだけです。ただし、「シル〜シル〜」という韻踏み(?)は、アマンダラ・カマンダラやカクリコン・カクーラーといった富野キャラの要素が入っています。

ジルセット・リー

(ミア・ラマルクの女王の妹)

悪役ということで、魔王のジルを使いました。で、ドラグナーに、ソウル・ジルセットという名前の、たくましそうなおばあさんがいたので、そうしたわけです。

シルクシア・ムライトルーク

(フェルナンドの提督)

シルクシアって、確かファイブスター物語のキャラの名前だったのですが、出てこなかったみたいですね。トイズプレスで見た覚えがあったんですが。見間違い?

シルフィード

(シルフの神様)

PC88やら77AVやらメガCDのゲームとはあんまし関係ないです。スペル違うでしょ?

風の精霊の女王という伝説がありまして。

(2018)当時は知らなかったんですが、ゲームのシルフィードのスペルが違うのは、タイトルロゴの見栄えを考えてわざとそうしたんだそうです。

シロル・ロゼッタ海

(ホーメルト - セイレイ間の海)

シロルは忘れたんですけど、ロゼッタは石ではなく、メガロマンの母星です(一緒だろ)。

スヴィンダル

(ド・トゥ教国のかつての王)

(2018)アクセル・ルント・スヴィンダル選手から。

洲界

馬具笊ギルドの街)

(2018)堺の町です。

スキッドロウ、Gリンチ

(神様)

だから名前に困ってたんですってば。

ズギューン!!

(ゲーム)

「ドギューン!!」です。

スティーブ・ルカサー

(ラムサダス帝国の魔法使い)

メタルの人と同姓同名ですね。本当は、スティーブ(・ヴァイ)+ルカサーだったんですが、ルカサーの方、名前知らなくて…。あとあとルカサーの名前を調べてみたら、同じくスティーブだった(--;

スティーブン・スティルバード

(フェルナンド王国史)

ま、ジョージ・ドゥーカスと一緒に、ということで。スピルバーグ先生申し訳ない!

スノウ・エルヴェ

(アマリス帝国の貴族)

「暗闇の鎮魂歌」(真崎春望)で、雪のエルヴェってキャラが出て来たんです。けっこうカッコよかったんで。

スパークリングダガー、ホーリーダガー、ハリケーンダガー

(ティアンナ・マークレットの持つアーティファクトのダガー)

(2018)キュアソードの「スパークルソード」「ホーリーソード」「ソードハリケーン」からです。プリキュアはみんなかわいく描かれてますが、個人的にソードはツボでした。

スフィア

(カプルカントの姫)

(2018)また超悲惨なキャラを作ってしまいましたが…名前はUltima Onlineにいた同名のプレイヤーからです。

セイリアン・ダルス

(魔法使い)

とあるところでD&D®のPCとして作ったのが最初。ほんの数回の冒険でした。しかしそれからオリジナル漫画に使われて、レベルを上げてしまい、その後36レベルに固定し、バグキャラに仕立ててしまったというわけです。

プレイ中はなんかマスターの陰謀もあって、偏った呪文しかもたせてもらえませんでしたが。「ファイアボールとか出すと、ダークシュナイダーやりそうだ」とかいって。えーえ、どうせ。

セイレイ

(大陸名)

(2019)たしか「ファイブスター物語」(永野護)のコーラス王の子、セイレイ姫から取ったのだったような…。

セーラ・スタンリー

(ラムサダス帝国。エドの孫娘)

NHKでやってた外国モノの、「アボンリーへの道」で、そのまんまの名前の金髪の(当然か)少女が出てきたのです。とってもよい子で気に入ってたので使ってしまいました。

調べたところ、赤毛のアンの作者モンゴメリーの書いた別のお話だということです。

で、さらに調べていたら、「バロン」に出てくるサリーと、「アボンリーへの道」のセーラが同じ役者さん(セーラ・ポリー)であることがわかってびっくり。かわいい子はどんな役でもかわいいですね。

ゼオン・バーリアン、クリスタル・ジェロード・リシュター

(ルーンワールド)

某このどんと先生のマンガのキャラ。カッコいいので使ってしまいました。バーリアンは「バーバリアン」を縮めただけです。コナンに似ていたので。あ、クリスタル〜の元はリシュタル・ジェロードです。

(2019)このどんと先生の訃報がありました。ご冥福をお祈りします。そして勝手に使ってごめんなさい。

セリナー・ファームズ

(ファームズ内親王)

セリナーというのは、CM7モジュールで出てきて、その後ガゼッタにも入った、アルフハイムのセリナー湖沼地帯(Lakes of Selinor)から取りました。なんだかこの子もおぢさんに狙われてますが、利発な子なのでうまく切り抜けるでしょう(?)。

セルマリア・リー

(ミア・ラマルクの王女)

僧侶のセルさんです。でも娘がいるということは、女王は結婚していたんですね。アリスに当てるような男なんて思い付きませんが。

セルミアス・ミルフ

(ファーランドの市長)

もともとはモンスターメーカーのルフィーアでした…が、紅色のローブを着ている以外は無関係になってしまいました。おまけにセイリアンの直弟子ってことで、めちゃ強いやつ(バグキャラという)になってしまいましたが。

(2018)その後いろいろあってバランス調整が図られ、<愚者>より弱くなっちゃいました。まあそれでも十分強いですが。姪( 想悠を描いてくれました。

ゼロス・エルディオレ

(もとフェルナンド帝国の提督)

ゼロスフォースとは関係ありません。これはCOBOL言語のZEROS命令…でもないんです。ホントにオリジナルです。

ロサ・プリソール

(混沌神)

(2018)元々ゾーリンソールでした。当時どこから思いついたかは忘れましたが、ぐぐってみると「ガイア・ギア」に出てくるモビルスーツがヒットするので、これが頭の片隅にあったんでしょう。

(2019)ビジュアルイメージは、「鬼畜王ランス」(アリスソフト)のシルキィ・リトルレーズンです。今年になってググってみたら、最近のシリーズでも登場しているようですが絵描きさんが違うためだいぶ印象が異なりますね…。

(2020)名前を変えました。

ソニックブーム、サマーソルトキック

(ラムサダスの攻撃)

(2018)当然、ガイル少佐(ストリートファイターII、CAPCOM)の技です。

ソフィア・ラムサディ

(ラムサダスの次女)

どうしても、エメラルドのショートカットが思い浮かぶ。え?判りません? 某未来警察ですが。←古いってば。(c)乾はるか しかしウラシマンはジリオンとダブる…。

ソフィー・シャーロット・ワトキンス

(ファームズの経済学者)

実は…ソフィーというのは少女ヌード写真のモデルなんですね。名前がいいので使っただけですが。シャーロットの方はモンスターメーカーです。けっこうお気に入りでした。

私は金髪のきれいな外人の女の子が大好きです(ろりこんぢゃない…はず)。La museも、表紙が可愛い女の子のから買ってました。だからソフィーも、とても可愛いので気に入ったのですが、聞いてみるともう10年前のモデルなんだそうで。

(2018)…と書いてからもう20年経っています。

ソマリア

(イモータル)

(2019)名前は国名のソマリアからだったのですが、ビジュアルイメージはなぜか立華かなで(Angel Beats!)になってしまいました…。

ソラリス

(イモータル・ソルのモータルの頃の名)

(2019)Unix系のOSの名前で、当時はまだ出たばかりでした。良い名前だったので使っちゃいました。

ソリア・ギース

(フェルナンド帝国の少女)

ソリアはリリアで、ギースはイースです。キッスではありません。

タキウス

(イモータル)

(2019)「ドラゴンランス戦記」(M.ワイス、T.ヒックマン)の闇の女神タキシスから。

ダグラス・エース

(ファームズ帝国議会長)

「荒野の天使ども」の主人公&大学時代の友人のスコアネームです。彼が「仏のACEさん」と呼ばれていたので、いい人にしました。

彼が生きて脱出できるかどうかは、ハリエット三部作の結果如何なわけですが、あんまし考えてません。だって第一部もろくに書いてないのに第二部(鮮血の殺人鬼)書き始めてるんだもん。

ダム・ブラーンシュ

(シヴィルスクの氏族長)

フランスでは有名な「白い姫様」なんですが。しかし「贅沢三昧」というヘンな設定ができてしまいました。

最初に辞書で読み方間違えて、「はあ、フランスではこれでブラーシュと発音するのか」ってんでブラーシュでした。

(2018)そして2018年にもなってみると。日本語で検索してもデザートが出ますし、他にもオペラが作られたり地下組織のコード名としても使われていることが分かりました(EnのWikipediaから)。「贅沢三昧」という設定は消えています。

タルカス、ブルフストス

(ブルフストス国王)

イギリスの伝説で、「メアリ・ステュアートの騎士」というのがありまして、タルカスとブラッフォードというんです。でも後者はファイブスターで使われていたので元が分からないくらいにいじりました。

ダンオーギュ・ストギ

(ヘルメス共和国首相)

(2020)「ガンダムZZ」のオーギュスト・ギダンですね…。

チェルフェ

(モクレインの守護獣)

チリの火山に住むと言われる竜です。

チハヤ・クリアンストン

(ロビン・クリアンストンの最初の妻)

(2018)チハヤは、「ちはやふる」の主人公です。名前だけですが。

月咲ノ門草結沙耶佳

馬具笊地方の修験者)

(2019)プレイ当時、大井ノ門円美桔梗という修験者が作られてました。ただしD&Dシステムには修験者なんていないので、イラストだけですが。2019年になって、せっかくD&Dシステムを離れたのだから適当設定だったキャラを何人か膨らませようと思って、オリエンタルな修験者と拳法家(マリーン・セーレーン)を掘り下げました。で、修験者の長を考えてるときに、駆け出しの桔梗を厳しく、それでいて優しく育て上げる凜々しい女修験者というイメージが瞬間的に沸きました。月咲は彼女のイメージの漢字2つ、草結は適当、沙耶佳は使おうと思っていた名前に適当に漢字を当てました。

単純に天才ではおもしろくないので、「実は才能ないけど夢を壊したくなくて常人の10倍努力する存在」にしました。時間のアーティファクトの設定は、ちょうど「宇宙戦艦ヤマト2202」を見ていたため…時間断層です。月色様にを描いていただきました。黒髪イメージ→黒雪姫(アクセル・ワールド、川原礫)でそれを参考画像にお願いしました。

ティアマト、クラーケン、リッチ、ナーガ

(混沌の神)

ファイナルファンタジーの中ボスたちです。

(2019)当初ナーガはマリリスだったんですが、マリリスはどうもD&D固有でファイナルファンタジーがパクったものとのこと。ので上記の「中ボス」は、マリリスのことです。FF固有と勘違いしたこともあり名前を変えてしまいましたが、いずれにしても固有のものをそのまま流用するのも何なので、変更して良かったと思っています。

ティアンナ・マークレット

(ルーンワールドに住む魔法使い)

(2019)なぜかエントリを作り忘れていました。一応プレイ当時からいるNPCです。アーサーがルーンワールドを訪れた時に出会って、瞬殺されました(笑)。元26人衆でルーンワールドに移住した辺りはその頃からの設定。紫の髪も。当時は絵的にはぼやっとしたイメージしかなく結局そのままプレイを終えました。2017年に過去設定をまとめたり補強したりしているときにゲーム「フェイト・グランドオーダー」(TYPE-MOON)のエレナ・ブラヴァツキーのイラスト(の吊り目とぺったんこ度合い)を見て「こ、これだ…」と思ってしまい、以降私の中のイメージはエレナになりました…が、もちろんFGOはプレイしてません。姪( 想悠を描いてくれて、とても嬉しいです。

ディーム・スティーン

(クルートの神様)

「デイ・ヴムー・ステイン」はBASTARD(萩原一至)でやられてたので。

ディオーネ・アミュレール

(ラムサダス帝国のおばかさんアルフ)

書いておきますが、土星の衛星とは関係ありません。某バーサーク姫様です。翔企画さん、もう新作出さないんですかね? 出しませんね、さすがに。

(2018)と思っていたら2017年末に新作(リメイク)が出たようです。分からないものです(モンスターメーカー)。

ティカ・ハイフォール

(コリントの侯爵令嬢)

(2018)漫画用のキャラ、高林知佳です。

ティシアラ、ヒアナ、ミズキ、カリミア

(コリントの王女守護戦士)

セーラームーン(武内直子)ですね。なにもいうまい。ミズキは、名前についてはガイバー(高屋良樹)から取ったとも言えます。そういえばガイバーってどうなったのやら。

(2018)当時ビジュアルイメージまでは固まっていなかったのですが、その後ヒアナは「緋弾のアリア」(赤松中学)に、ミズキは「ソードアートオンライン」(川原礫)のサチに落ち着きました。

なので、ヒアナは「緋(弾の)ア(リア)」というわけではないのです。

デイジィ・マーシャ・マフピオタ

(26人衆)

ミリイやシーザーと同じ漫画が元です。思えばセイリアンがゲスト出演していました。一番最初に入れ込んで「可愛く描きたい」と思った女の子キャラかも。

ティナ・モーデンケルン

(ラムサダス帝国、アンナの妹)

ティナは、「ワイズクラック」(松田南)です。

ティミル・アンダーソン

(ロングッド王国の歌歌い)

(2018)はい、「堕天使」のともちゃん(レモンエンジェル AIC、声優 櫻井智)ですよ。そうなんです。はい。みきちゃんはいません。しかし…声優になるとは当時は思っていませんでした。

デヴィッド・アッテンボロー

(もとフェルナンド帝国の将軍)

動物の人です。そのまんまですね。まあ確かに、ダスティを最初に考えたわけですが、すぐ思い出せたので。

デヴィッド・デューラー

(ラムサダス帝国の大臣)

Ray!氏による。ミュラーからだそうです。

テシアス

(勝利の女神)

(2019)名前は古代ギリシャの医師クテシアスからです(と、検索して思い出しました)。ビジュアルイメージは、五河琴里(デート・ア・ライブ)になりました。

デススター

(ロングッドの要塞都市)

Bear.氏による。スゴイですね。Bear.氏は、スターウォーズが大好きなのです。

デッド・アリヒュート

(フェルナンド帝国の元帥)

ネクロマンサーズということで、「死」に関連した名前を考えようとしたんですが、出てこなくて、結局安直に。まだモルト(仏語で死)の方が良かったかな? しかし「モルト・アリヒュート」ってビールみたいでちょっとかっこ悪い。

デモス

(悪魔)

(2019)名前はデーモンのもじりです。ビジュアルイメージは最終的に達人王(東亜プラン)の5面ボスになりました。

テール・ドゥ・ヴェール

(フェルナンドの将軍)

もとはテラ・ド・ヴィリエでしたね。まったく、銀英伝(田中芳樹)にはお世話になったものです。

(2021)フランス語読みのテールに変えました。

トーマス・ムーア

(ファームズ帝国の経済学者)

もちろんトマス・モアです。「ユートピアン」のかわりに「エーゲリアン」です。エーゲ海とは関係ありませんが。

ドラゴン、フェニックス

(「魔術師」、アーサーのこと)

ウォーターミラー先生がいうのですから。ただ、落鳳破で死にそうにはないですね。あ、五丈原もですか。これみよがしにファイヴヤード・プレインとか用意しておきましょうか。

(2018)そういえば、最初は「ドラゴン」ということで26人衆にいたドラゴンと同一人物にしようと思ってたんですが(そうすれば顔イラストもあるし)、26人衆のドラゴンはファイターだったので諦めました。

(2019)D&Dシステムから離れた今なら同一人物とすることも可能ですが、今更なのでそのままに。

トリスタン・ラトリアル

(かつてのエルメラン教皇)

円卓騎士トリスタンの名前を使いたかったわけです。奥さんがイゾルデかどうかはしりませんが。

トレレーサ

(グリトニルに角が生える現象)

(2018)古ノルド語で「木に変わる」ような意味。

ドン・ファン

(K.S.K氏PC)

まったく彼には毎回驚かされます(笑)。

ナーサ・リューイ

(ファーランドの次期市長)

名前の元は、某Hゲームの中原唯ちゃんなんです。今でこそ言いますが。あのゲームでは、唯ちゃん(同級生みたい)以外やんなかったんで名前この子しか覚えてません。

(2019)上記は「きゃんきゃんバニー」(カクテル・ソフト)です。

ナジャール・グウィンバード

(もとフェルナンド帝国の提督)

ナジャールとは、「夢幻夜想」(佐々木みすず)に出てくる魔術師の名前です。

ナスク

(コルコランドにあった国)

(2021)当初はナスカで、地上絵あるいは宇宙戦艦ヤマト(アカデミー)から。

ナタリア

(ド・トゥ教国)

(2018)「ゴシックは魔法乙女」(ケイヴ)の使い魔の一人の名前をいただきました。

ナミー・エルキュン・アダミス

(もと26人衆)

島田奈美です。アダミスはシマダのアナグラム(単に逆読み)で。単純ですね。単なる逆読みは、他にもいろいろいます。

(2018)エルキュンは当時「マイト&マジック」(NWC)のエルキューンの街と言われたのですが、とくにそこから取ったわけではありません。ただスペルはエルキューンと同じにしました。

ナリス

(月の女神)

緊急発進しちゃう某窓際さんと思われることを覚悟していたんですが、そうはならなかったようで。化粧品会社の方です。

(2019)上記は「くりいむレモン」(フェアリーダスト)ですね。

名吏和良、リベローク

馬具笊の神)

(2021)カンスラ密教の神を全部他宗教からの借り物とした関係で、大半の神に新たに名前を考えることになりました。レイアリスは「形」から物事を定型に落とし込む「和歌」を連想し、さらにイモータルレベルからして獲得は800年〜900年くらいだろう、というところから、在原業平を想像し、縮めた名前にしました。業平は鷹狩りも上手かったということでしたが、これをひとつの神の属性にするのはちょっとどうかと重い、平(leveler) + 業(work)でリベロークという別の名前も考えました。

ナンネル・ルエンカシフォン

(ゲオルクの姉)

ナンネルってのは、モーツァルトのお姉さんの名前です。

ニエブラ

(霧の神)

(2021)カンスラ密教のトリスに新しく元の名前を付けようと思っていろいろ考えたのですが、結局安易にスペイン語の霧にしました。

ニケ

(裏エルヴァートの美少女)

サモトラケではありません。何かというと、「ナコ」(侍魂 SNK)のもじりで。とはいえ「ヌク」とは関係ありません(ぉぃ)。しかし設定がひとつもできてないな。

超人ロック(聖悠紀)を読み返してみると、すげー「ニケ」が出ていた。

(2019)結局使いどころもなかったので、同じく設定ができてなかったザ・スコーピオンと同一人物ということにしちゃいました。

ニコ・リーゼロッテ・ヒュールベルク

(ラムサダス帝国の歌手)

(2018)最初に「男として育てられた美少女」というオスカルな設定を考え、では男の名前をということでニコ・ヒュルケンベルクの名を使うことにしました(ヒュールベルクはヒュルケンベルクを少し変えたもの)。さらにそこに「歌手」という属性を追加したのですが、矢沢にこ(ラブライブ! 角川他)の存在を知って「まあこれでいいか…」とそのイメージになってしまいました。

ニーチャ

(コルコランドにあった国)

(2021)ガンダムZZ(サンライズ)のビーチャ・オーレグから。

日光月読

馬具座教の神)

「孔雀王」(荻野真)に出てくる裏高野の日光、月読。

ニネヴィ・チューブ

(ヨーンのノスフェラトゥ)

美夕(垣野内成美)を英語訳して、Yを後ろに持ってって逆読みして下さい。そういうわけです。

ニンキ・ナンカ

(モクレインの聖獣)

(2018)アフリカの沼地に住むと言われるモンスターです。

ヌミノーゼ

(ファームズ帝国にいた魔女)

(2018)ドイツの神学者が作った概念。聖なるもののうち非合理的な部分を言うのだそう。

ネイサン

(シトカ王国の首都)

(2018)プレイ当時はグリーンベイと付けていたのですが、2016年だったか17年だったかに「なんで英語名なんだ」と疑問が沸き。グリーンベイはファームズ帝国での呼び名ということにしました。シトカはフォントの名前なのでフォント+グリーンで検索していたら、「Nathan is Green」というフォントを見つけたのです。要するにネイサン・グリーン(ゴルファー)なんですが、まあネイサンならいいか…と採用しました。同時にブルー・サファイアもポーデスに変えました。

ネム

(眠れる美女、イモータル)

(2018)「ゴシックは魔法乙女」(ケイヴ)の使い魔の一人です。合歓という漢字はネムノキですが、もうひとつの音夢は、「ダ・カーポ」(CIRCUS)の朝倉音夢ちゃんです。

ネルマン・ホーランス

(コリント王国の男爵)

(2018)ネルマンは、ネルソン・マンデラの略だったりします。

ノズミー

(国名)

(2021)30年くらい前ですが、国名を考えたとき、知り合いの希美ちゃんの名前をもじりました。かわいこちゃんだったな…。

ノルヴァ

(混沌の神)

手塚治虫先生の「火の鳥」望郷編に出てくる両性両有の種族の人から。ああ、手塚先生…ご冥福を…。藤子F先生もご冥福を…。

(2018)その後も昭和の大漫画家さんが、どんどん旅立たれていきました。合掌。

バークレオ・フェイズ

(フェルナンド帝国宰相)

当初は、「名前はバンだろ」と言われまくったサブキャラですが、出世して宰相にまで登り詰めました。ここで造反したら、アーサーはどう思うでしょうか?(意味深)

…などと言ってる間にラインハールがやっちゃいましたけどね。そういえば、後継者でオレステス・デストラーデが出るのかって笑い話もありましたな。

(2019)そういえば彼の名前はどこからついたのだか。Bear.氏の名付けです。最初バークレオだけで、「バン」「バン」言われまくったからか「フェイズ」がつきました。デストラーデはRay!氏の冗談だったと思います。

バート

(審判の神様、フィスリー)

PCの皆さん、セサミストリートかと思われたようですが、実はランス2(アリスソフト)だったとは…。そうです、バードだったんですね。モータルの頃の名前をみればわかるという。あ、元はリスフィーですが。

バードって、あの後どうなったんだろう…。今日子さんとヨリ戻したのかな。

バーナダム

(キュート国の外交議長)

ノリコにホレてしまった彼です…なんて書いてもわかる人しかわからん。「彼方から」(ひかわきょうこ女史)です。バカ正直でまっすぐで笑える奴です。

ハイアス姫

(アルファティウス史に出てくる)

なんかこう、「清純なイメージで」考えはじめたらすぐ出てきたものです。なんか元ネタがあったとは思うんですが、思い出せません。

しかし、この子も14歳でディンロミンナルア1世にピーされちゃうんだから…よくないです。もう少し救われるエピソード考えないと。なんか最近多いなぁ。ハリエットもそうだし。

ハイン・ルートヴィヒ・フォイエルバッハ

(ドバヌール王国の提督)

「銀河英雄伝説」(田中芳樹)の影響で、ドイツ名前ばかり作っていた頃のもの。フォイエルバッハ氏を使いたかっただけです。思えばケスラー夫人はマリーカ・フォン・フォイエルバッハでしたね。羨ましい奴です。

バウディ

(ラムサダス帝国の建築家)

まあ…建築家ということで。ちょっと違うけど。

(2019)これはRay!氏が付けたのだったような。

(2021)名前がないのも…ということで、適当にルシアノになりました。

パチアラ・ススマン・ハルマヘラ

(ハルマヘラの国王)

地図を引っ張り出して、南太平洋あたりを眺め回して下さい。3つとも見つかるでしょう。確か。

パットン

(Nyam氏PC)

北アフリカ戦線のねずみさんだったのか、ランス(アリスソフト)のようなジューコフに対してそう付けたのか。

バトラス、ウォーニス

(ケルマドの戦いの神)

北欧神話のフレイとフレイアのようなのを作りたくて…。で、「戦い」を意味するバトルとウォーをもじったのです。

パトリック・レーベルラント

(ラムサダス帝国)

パトリックという名前を使いたかっただけ。

バラカンス4世

(バラカンス王国の王)

「バカランス」でもゴロはいいですな(Bear.氏の勘違い)。でも関係ありません。本当にパッと思い付いた名前です。それに「ランス」(アリスソフト)より古いですから(多分ですが)。

頭文字が「B」の王国を作ろうとして考えた名前です。A アルセン、B バラカンス、C コリント、D ドバヌール、E エルスルム、F フェルナンド、と。

(2019)プレイ当時からいるにも関わらず、ビジュアルが付いたのは2019年になって。長次郎様にお願いして描いていただいたのがこちらになります。カッコいい…。

花の舞

(ジアザーの魔法)

(2018)プレイヤーであるTAM氏が自分で付けた名前ですが、同名の(ただし「はな」)居酒屋さんができるとは思わなかったし、同名の脱衣麻雀(ただし「華」)ができるとも思っていませんでした。

パニアゼミナール

(フェルナンド公国の学校)

(2018)当時私やプレイヤーの大半が浪人生で、代々木ゼミナールに通っていたことによります。

ハリエット・ジンツァー

(アマリスの隠密)

ハリエットってのは結構好きな名前なんですが、生い立ちがヒサンです。小さい頃に両親死んでるし、その後盗賊ギルドでオモチャになってたし。うーむ、それがこのように更正するんだから、クレイアー家の教育はすさまじいモノだったんでしょう。

モチーフとしちゃ、剣心(和月伸宏)そのままなんですが…小柄で古流剣術(殺人剣)の使い手、と。恋愛ごとに疎いのは、設定的にあまりにおもしろみがないな、と思ったからで…幼少時の設定はその後できました。影を背負った少女…というわけです。

まあイメージ的には操ちゃんが入ってます。操ちゃん好きです。太ももが…じゃなくて、蒼紫への一途な思いが。

ハリオン・メディール

(ローラン・メディールの忘れ形見)

(2018)最初に「眠れる美女」を考えて、ローラン・メディールの親族だとおもしろいかなと思ったのですが…名前は…なんだったかな(汗。

(2021)カレー屋さんだった気がします。

ハルモニクス

(イモータル)

(2019)ハーモニクス(ギターのフラジオレット奏法)。

(2021)ペンタトニック教の設定を起こし、カンスラ密教で音響神だったカトリスを取り込み、ペンタトニック(5、CDEGA)に合うようにあと3柱増やしました。

ハルモニクス日本音名のハにハルモニクスを当てた
デルフィーヌ英語音名のDから連想
カクトリン中国音名(五声)の角をカトリスに当てた
グリマルディ英語音名のGから連想
イザヤ日本音名のイから連想

パレスレステナト・ファミリアル

(ジェトール王国の宮廷騎士)

顔が柚木桂くん(別名桐生翔くん)でした(吸血姫美夕 垣野内成美)。何となくです、単に。

(2021)テンプルナイツの設定を大幅に拡大し、彼の設定も詳細にしました。顔のイメージは変わってません。

バレラス

(フェルナンド帝国首都)

(2018)当時アーサー・フェルナンド担当のPC Bear.氏が、好きだった「宇宙戦艦ヤマト」(アカデミー)のガミラスの首都の名を拝借したものです。

(2021)これも本当は変更すべきなのですが、ちょっと今からだと手を入れるところが多すぎる…。

バロン・ミヒャルハウゼン

(ラムサダス帝国の提督)

「バロン」という映画がありまして、それの主人公がバロン・フリードリヒ・フォン・ミュンヒハウゼンというんです。「ほら男爵の冒険譚」という感じで、おススメの一作です。サリーって女の子が可愛いんですよね。あ、アニメではありませんよ。

先日(1998)ジュマンジを見たら、そこに出てきた女の子(20年後の方)もかわいかったです、はい。女の子がかわいいかどうかは実写作品における最重要事項です。

(2019)上記については、ここを参照。私が見たのはこれですね。

ハンス・エレフセン・ヘンドリクス

(クルート連邦)

エレフセンですね〜。ま、いーでしょ。

ハンス・ブリューゲル

(ラムサダス帝国の大臣)

1つ目の濁点を取って、読んでみましょう。彼(Ray!氏)のひいきでしょう。でも、ブリューゲルって画家は過去にいましたが。フリューゲルスは身売り問題、どうするんでしょ。早く景気がよくなって欲しい。

ビッグ

(巨人の神)

巨人といっても、長嶋さんとの関連はゼロで。星飛雄馬とも関係なくて。もとはMr.ビッグなんですが、Mr.つけるとロコツすぎるので…って変わらないって。そういえば龍虎の拳ではそのままでした。

飛天

(ファーランドの巫女さん)

シルクロードのBGM集のタイトルから。何か、ストーリィ考えるつもりだったんですが、やりませんでした。

そういえば、知り合いで巫女さんの女の子が2人もいます。何だかスゴイ…。

(2018)あれから20年以上経ちますが、巫女さんたちは今どうしていることやら。

ヒミンビョルグ

(鳥の里にある街)

(2018)北欧神話に登場する神様の住まい。

ヒュー・ゲーリック

(ラムサダス帝国図書館の係)

「荒野の天使ども」(ひかわきょうこ)のヒューがカッコいいので。

ヒュール・レストール

(ラムサダス帝国の強化有翼魔法中隊(F.W.M.C.))

ヒュールとは、砂漠のマスターの母国で…はありません。ハインド・キルを縮めたら、そうなったんです。永野先生スマン!

ファームズ

実は、イギリス風の名前にしようとして、ホームズが思い付いたのでそれをもじっただけなんです。

ファーレイ・ペトロメリン

(コリントの王)

(2020)ファーレイは「地球へ…」(竹宮惠子)のハーレイから取ったんだったと思います。ペトロメリンはなんとなくです。

ファラント・モールド

(モールド王国の国王)

ファラントは、「妖精国の騎士」(中山星香)の白い魔法使いです。あとエドストレームも好きです。

ファリス

(カンスラ密教の大地の神)

気付いてみるとロードス島でした。シーリスもいましたしね。でも別ものです。ウィリスはいません(違うって)。

フィア・ランセス

(ファームズ帝国の貴族)

同人サークルstudio θの「竜騎士物語」という同人ゲームのキャラです。中心の町であるフィードランドは、同じ登場人物のエリア姫からとりました。

皇帝から信頼されているという設定は、「封神演義」の武成王のイメージなんでしょうか。でもランセスくんの方は頭はよくないです、あんまし。

(2018)その後結局この元ネタのイメージを捨てきれず、ファームズの中では頑張ってる人、ということになっています。また、奥さんの名前も「エリア」にしてしまいました。湖がシータ湖なのもサークル名、近くの森がター森なのも作者さんのお名前です。探していますも参照。

フィロソファー

(放浪の賢者)

(2018)紫堂恭子さんそのままです。

(2021)元々は、そのまま「グラン・ローヴァ」でした。中世以前は科学を分離して考えることがなかったため、学者と哲学者に明確な区分けが存在せず、「広範な知識を持つ者」くらいの意味でこの語が使われていたそうです。

フェリル

(南極王国の国王)

名前の元は、PC88の同人ソフト(SSG)の女の子ですが、この人は男ですよ。単にきれいなので使っただけです。

(2019)ただし綴りは元がFerylですがFerrylとしています。

フェルスタッペン

(アマリス帝国のスポーツ)

(2018)TAM氏の造語(?)です。ゲーム「ペンゴ」のコピー「ペンタ」をタッペンにして、F1レーサーのヨス・フェルスタッペンを思いついたそうです。調べてみたら、今は息子がお父さんの後を継いでレーサーをやってるそうで。

フェルナンド・グレー

(ラムサダス帝国の提督)

確か、南北戦争の頃に同姓同名の人がいたような…?

フォーメイム

(混沌のイモータル、スレイアーン・ブラーンシュ)

(2018)MEIMUという漫画家さんから取りました。

フォスター・レンデル

(ジアザー帝国の忍者)

国民音楽のフォスター+イワン・レンドルです。変えてあるけど。

フォゾン湖

(南極にある湖)

(2018)その昔のナムコのゲームです。スペル違うけど。

ブライアン、デイヴ、フランク・グランドスター

(ラムサダス帝国)

ゲイリー(・ガイギャックス)先生がいるのだから、ブライアン(・ブルーム)も、デイヴ(・アーンソン)や、フランク(・メンツァー)も、というワケで。

今度はトム(・モルドヴェイ)や、ハロルド(・ジョンソン)とか、ドン(・ケイ)なんかでしょうかね? いや、もしかすると、ラリィ(・エルモア)、ジェフ(・イーズリー)なんかでしょうか? やりません、はい。

ブラウニング・サンタバーバラ

(フェルナンド帝国のヘイン市長)

ブラウニングは何となく、サンタバーバラは、考えているとき偶然父親がサンタバーバラ(アメリカ西海岸)のペンフレンドへ手紙を書いていたからです。

ブラックモウ

(炎の神様)

ビッグなんかと違って、これはメタルのブラックモウとは偶然です。もちろんBASTARD!(萩原一至)とも偶然です。と今からいっても誰も信じないけど。いーんですよ、信じなくても。

ブラッドサン

(26人衆)

これも「血生臭い」というように考えたのですが…「血の申し子」そのままですね。

フラニー

(ソーディッヒ王国の王妃)

(2021)「キャンディ・キャンディ」(水木杏子、いがらしゆみこ)の看護婦さん。

フランクリン・マーシャル

(ラムサダス帝国の僧侶団長)

フランクリンは、実は某カミーユ君の父親だったんです(サンライズ)。名字は、マーシャル群島からです。「元帥」の英語になっていますがそういう意味はありません。

フランシス・ボナパルト

(ラムサダス帝国の情報部)

Ray!氏が「フランスらしい名前」として考えたそうです。何かやりすぎの感が…その…。

ブラン・ジャコメッティ

(アマリス帝国の貴族)

丁度、ジャコメッティの美術展の資料が出てきたもので。

フリードマン

馬具笊の神様)

だって…好きなんですよ、マーティ氏は。でも最近日本語上手になってしまったのでおもしろくない(コラコラ)。「今僕は日本語があまりできません。でも、いつかきっとうまいです」です。

(2018)最近は頻繁に顔出ししていますが、もう日本語にはまったく問題ないようですね。

(2020)馬具笊でイモータリティを得たということで、不離弩馬という当て字を考えました。

フリードリヒ・フォン・クラインゲルト

(コルコランドの貴族)

実は、銀英伝でアムリッツァの前に出てきた子爵と同姓同名だったのですが、気付いた人はいなかったらしい…。ケスラーが、「クラインゲルトには…私が行く」と言ってましたが。でもこれが元ネタってわけじゃないんです。

ブリュンヒルデ・フォン・ドバヌール

(スロリクトラとリサの娘)

何だかプレイヤーにすら忘れ去られている気の毒な少女。恋人が、ジークフリートでないことを皆で祈りましょう。ラインハルト、というのもイヤですが。え? シュタインメッツ?

まあもうそろそろ家に帰してあげる予定ではありますが。

(2021)…と言っている間に20年経ってしまいました。

プリル 他

(ド・トゥ教国のマンスリーナイト)

早坂由梨乃ちゃんの設定((c)ぴるぐりむ)をパクった。4月のリルが気に入ったので、この子を後々何かにしようと、第二王女にした。しかし…何か起こるのだろうか?

(2019)この数年で色々とドロドロした設定を組み込みました。

フレア・レイアスト

(フェルナンド王国の貴族の娘)

リヨン伝説(宇宙企画)です。はい。姉のライナはオリジナルですが。ロードス島と関係ないです。

フレイア島

(北方の島)

(2021)「イズァローン伝説」(竹宮惠子)から。遺跡のミラも。

ブレイズン

(もと26人衆)

なんだかシューティングですが、関係ありません。アレが出たときすでにコイツ死んで久しかったくらいですから。

この頃のプレイ記録なんてないから、こいつの反乱がいつ頃だったのかすでに良くわかりません。確かセイリアンが大怪我して、ラムサダスだかが「大丈夫?」と言いながら傷口をぐりぐりした覚えが…。

(2018)その後の整理で、永世王国の危機に先だってブレイズンの反乱があったことがはっきりしました。といってもPCには関係のない事件なので何かが変わるわけではないですが。

(2021)上述の「大丈夫?」は、そういうわけでブレイズンの反乱とは関係なく永世王国危機の際の話です。

フレイ・ド・カーテルノーズ

(フェルナンド帝国の八星衆)

ボケた少女魔導師(「へぇわだなぁ」、「らとくさん…」)ではありません(「Xak」「FRAY」マイクロキャビン)。北欧神話の戦いの神様からです。カーテルノーズは、エルヴァートを取り巻く星域のひとつなのですが、まあ関係ないでしょう。

フレイミア・サリスファネル

(26人衆)

で、こっちがボケ少女(「Xak」「FRAY」マイクロキャビン)から取った名前なんです。実は。全然ボケはしませんが。

フレデリック・フランソワ・シュネル

(フェルナンドの音楽家)

もちろんショパンです。-pin が -ner になっただけですね。

フレビィ

(ダクトニアン2世の本名)

(2018)レイズナー(サンライズ)で、月で救出した子供の一人でした。

プレルビー

(アルジャストエッル帝国の皇帝)

(2018)もちろんエルピー・プル(機動戦士ガンダムZZ サンライズ)です。

(2020)プレルピーでしたが、まんまなので、アルジャストレルのプレルビーに変えました。

フロウド・リックス

(アマリス帝国の男爵)

もともとは、リックスだけで、「バロン・リックス」だったんです。あ、ジリオン(タツノコプロ)ですね。でもプレイで登場しなかったので、活かされませんでしたけど。

フローリン・ヘンリエッテ・フォン・ルエンカシフォン

(ゲオルクの妹)

フローリンってのは、中世ドイツの通貨の名前です。

しかし…ああ、悲惨すぎる…自分で設定しておいてなんだけど。

(2018)ヘンリエッテは2017年になって再整理したとき、貴族なんだから名前1つじゃ弱いなと思って付け足したものです…と言いたいところですが、実は名前を忘れていてもう1つ名前を作ってしまい。後から既に名前があったことに気づいて、それなら両方とも使っちゃえと。かわいいし。

プロポシディアン、オルディナリアン、アングラン

(パキダミオンの種別)

(2021)パキダミオン(Pachydermion)はD↦Dに登場するモンスターで、直立象族です。当初はこの公式設定そのままだったのですが、ふと「Pachydermは厚皮類(Pachydermata)だから、ゾウに限ったものではないよな」と考えました。そこで厚皮類の3つの区分け…Proboscidea、Ordinaria、Solidungulaをサブ分類として使うことにしました。それぞれゾ、サイやカバ、ウマ。ただしウマは長すぎると考えてsolidを除きました。

Ordinariaにはサイ、カバの他にもいろいろ含まれますが、全部持ってきても仕方がないのでこの2種だけに。ブタも含まれるそうですがオークという類種がいるし。サイの人種がアダーなのは、「エルガイム」(サンライズ)のサイ・クォ・アダー老、カバの人種がトットなのは「カバトット」(タツノコプロ)です…。

フロリアーナ・ニヤーミャ

(ラムサダスの妹)

誰も「おいしそう」とは言ってくれなかったですね。

…わからん人にはアブナイ表現にも見えるので説明しますと、フロリアーナという名前の洋菓子のメーカーがあるんです。

(2019)フロリアーナは本来街の名前ですね。

フロレンティナ・ラムサディ

(ラムサダスの長女)

当初はラミアナと名付けられそうになりましたが。マスターお気に入りのキャラのひとりなので、そのうち(いつだ)小説ができるやも知れませぬ?

(2019)「ラミアナ」は蛇人間ラミアを思い出す、ということでボツになりました。結局彼女も、大した設定もなく30年引っ張っちゃってますね。残念。

ベアトリーチェ・デルスター

(コリントの貴族)

(2018)ベアトリーチェは、「野望円舞曲」(田中芳樹、荻野目悠樹)の主人公ベアトリーチェ・ロッセリからだったりします。ベアトリス(Re:ゼロから始める異世界生活)ではないです。

ベッキー・ルクソニア・ハッカビー

(ラクナティス・ファルティアンの妻)

(2018)ベッキーはベッキー・クルーエルです。ルクソニアは適当、ハッカビーはアメリカの政治家だったと思います。

ベッテル・スターン

(ブラックアルフの姫)

(2018)ベッテルはセバスチャン・ベッテル、スターンは適当に選んだものです。

ベネトナーシュ

(混沌の神様)

北斗七星の、ひしゃくの持ち手の先端の星の名前です。同様にドーヴェ(同じく混沌の神)は椀の先、α星なんですが…。

聖闘士星矢のテレビオリジナルのストーリーで、アスガルドを題材にしたのがあったんですが、敵方の戦士(神聖衣)が北斗七星のひとつひとつでした。α星ドーヴェのジークフリートとか。

ベルザンディ・ケイダント

(ヨーンに住む)

とある人に「女神さまなんですか?」と聞かれ、思わず「そうです」と答えてしまって…以後の会話に苦労しました。私は「ああ!女神様」の話をしたわけではなかったのですが。キライな漫画の内の1つなので。

実在の神話の女神の名前です。だいたい、アレってばベルダンディーじゃなかったっけ? ま、発音ですがね、結局。ノルンでもウルトとスクルトはでてませんが。

(2018)その後「ああ!女神様」は別段嫌いというわけではなくなりましたが、結局読んではいません。

ヘル・ナリム・スィトゥラン

(シルヴァーピークの支配者)

ヘルはドイツ語で男爵なんですが、単に響きだけでつけました。しかしこのあたりの裏エルヴァートの国家の設定は、いつまで経ってもできません。

(2019)2017年あたりから、やっとポツポツとでき始めました。しかしまだまだ薄すぎます。

ペルニーナ・エネルス

(クリューガーの祖先)

最初は、ニーナだけだったんです。で、ロングッドのニーナの町も同じなのですが、某ミラクル大作戦のヒロインです((c)タツノコプロ)。

「オカルト オカルト ハーンマー パックン叩きゃ見てごらん」というやつです(EDでいうな)。やはし大杉久美子さんの歌声は最高です。

ベルン・セルナンデス

(アルファの大統領)

別にこのひと自身がどうってことないんですが、Ray!さんの希望(?)によってアルファの人名はすべて10文字になってしまいました。

ポール・ライトマン

(ラムサダス帝国の情報部)

ドラグナー(サンライズ)の、ライト・ニューマンからです。安直ですね。

(2018)ポールは、ギタリストのポール・ギルバートだったと思います。

炎の妖精王

(ヴァンガード・クロイエンのこと)

「妖精国の騎士」(中山星香)のヴァルナイ・ヴィンドガルダンをアレンジしたもの。

ホワイトアヴェニュー

(アマリス帝国の道路)

たしかロンドンだかパリだかに同じ名前の通りがありますね。

マーク・クレイトン

(ロングッドの宰相)

レイズナーで、エリザベスさんと結婚したクレイトンさんです。

マーク・サイクス、アラート・サイクス

(ラムサダス帝国海軍、雷光魔術団

ジョン・サイクスです。はい。

マーストリヒト

(ハルト国の首相)

マーストリヒト条約の地名です。あの頃、そんなに有名になると固有名詞は思ってなかったんですよぉ。

マードル・リューベック

(ラムサダス帝国の提督)

(「アルスラーン戦記」(田中芳樹)の)ギーヴのような奴を作ろう!と思ったら、次に連想したのは鉄壁のミュラーでした(何故)。で、彼の旗艦の名前をいただいたのです。しかし双刀はキシュワードだ。

(2019)ごま子様により、ビジュアルを与えられました。感謝です。

マーリン

(ルーンワールドの預言者)

アーサー王伝説より。ルーンワールドの設定にはこの他にもかなりアーサー王から持ってきています。IBM OS/2とは関係ないです(この「マーリン」は死語か?)。

(2018)もうとっくに死語ですね…。

マイカ・トリビュート

(アマリス帝国の貴族)

(2018)トリビュートは母親(アンヌ)からの引き継ぎで、とくに意味はないです。マイカは雲母のこと。イメージソース的には「ゴシックは魔法乙女」のピオニーです。

(2019)秋川ひぐらし様によってビジュアルができました。美しいです…。

マイ・ガルド・ターチェック

(アマリス帝国の知事)

(2018)名前はTAM氏が作ったものなので不明ですが、ビジュアルを与えようとしたときに、「マイ」という名前から知り合いの真衣子さん(美人)をイメージしました。別名のコバルトフィールドもそこから…。

マウリア王国

(裏エルヴァートの国)

アラルコン少将の旗艦より。

マクシミリアン・リリエンフェルト

(ドバヌール王国の提督)

「はい!どうぞ」(中山星香)にリリエンフェルトさんという文学青年(笑)が出ていたのです。

銀の教母黒の教母

(ムーンクレアの巫女さん)

(2018)銀と黒という色だけを考えていたときには、とくにイメージはありませんでした。「ふたりはプリキュア」(東映アニメ)まんまなんですが、プリキュアより10年は前からある設定だし。必殺技の光線でイメージしたのは、ランスシリーズ(アリスソフト)の黒色破壊光線と白色破壊光線でした。最近になって詳細設定と合体技を考えたとき、「プリキュアまんまじゃん…」となりました。

マダムヤン・ヒャスターレ

(モンゴル大帝国の酋長の妻)

なんですかね、この名前は(苦笑)。

マデイラ・レアルド

(レアルド王国の王)

(2018)マデイラはジブラルタルから西南西の方角にある島々(ポルトガル領)の名前です。ワインで有名です。レアルドはそれっぽい名前として選んだだけです。ラス・パルマスも使おうと思っていますがまだ使っていません。

マドゥーラ

(イモータル)

(2021)元々は「マドゥーラの翼」(サン電子)のつもりでしたが、前から入れたかった白鯨のイモータルと併せて結局「ムーの白鯨」(東京ムービー)になりました。

マドーラ

(ド・トゥ教国の貴族)

(2018)「ムーの白鯨」の姫様(のアンドロイド)(東京ムービー)から。

マドル・ギース

(フェルナンドの少年)

マドルはアドルで、ギースはイースです(ファルコム)。しょうゆではありません。

マヌエル・モント

(ラムサダス帝国の軍人)

歴史上の人物そのままです。アメリカの西部開拓時代だったかな。

マラク・タウス

(イモータル)

(2018)クルド人が信奉するクジ孔雀ャクの神様。エルヴァートでは孔雀明王と同一視しています…って漫画の「孔雀王」(荻野真)とまったく同じですが。

マリア・オレーグ、マーガレット・オレーグ

(ダロキンの富豪娘)

オレーグは、ガンダムZZのビーチャより、名前はイギリスだったかのお話に出てくる娘達から。

マリー・ルーン

(もと26人衆)

もとはメカもののヒロインとして設定したのですが、シーザーやらセイリアンと同じくD&D®に持ってこられました。マリアとの双子というのはそのとき設定したものなのですが、プレイに絡めることはついにありませんでした。これからもないでしょうね。

…うーん、エピソードでも書いてあげようか、かわいそうだから。

(2018)最近の設定盛りで、最強の剣士の一角に格上げされました。そして26人衆最強の剣士であるシーザー・シュナイダーの奥さんにもなりました。

(2021)唐突に思い出しました。マリーの名前は適当につけたのですが、元々Marryというスペルだったのを「妖魔の騎士」(葉月秋子)の鞠絵からMarieにしたのでした(実際マリーさんは普通MarieあるいはMaryですね…marryは結婚)。レオナルド・ジェームス・グレイフィールドの項に「毬絵ちゃんはいません」と書いていながら、いました。

マルボリッチ

(ライトネア王族の故郷の外界)

(2019)KEITAN氏のキャラクター、グスティンズ・マルボリッチからいただきました。

マンダナグル社

(ファームズ帝国が裏エルヴァートで経営する会社)

(2018)名前にはとくに意味ありませんが、イメージは東インド会社です。

ミアヴィル

(ファーランドの近くの村)

(2018)ミアはリル・ミア、ヴィルは村。そのままです。

ミア・ラマルク

(国名)

(2018)旧名トフォセシーラはALICE SOFTの逆読みです。

(2019)…という名前がどうかと考えて、思い切り違う名前に変えました。

ミアン

(シュマイン教の女神)

エルガイムのミアン・クゥ・ハウ・アッシャーから(サンライズ)。島津冴子さんの声が妖しかったですね…。

ミード

(コルコランド地方にあった国)

(2020)望遠鏡メーカーのミードから。

ミゴル

(ファームズの暗殺者)

名前はオリジナルなんですが、この設定自体は「超人ロック」を読んだことがある人ならすぐにパクリであることがわかるはず。

まあろりろりな殺人鬼ってのはけっこうおもしろいと思うし…。

ミザール・アルコル

(混沌の双子の神)

別に教皇とカノンに対抗したわけではないのですが。双子といえば、この名前が浮かんだので。でもどっちかというと単なる兄弟という感じの名前ですね(視二重星だし)。

でも、この二人はそれより遠くて、単なる義兄弟なんですが。

ミスティーン・リカリ

(コリント男爵)

(2021)リカリは忘れましたが多分響きだけです。ミスティーンは「辺境警備」(紫藤恭子)に出てきた少女から。ついでに父親のファーブは、「フィニアスとファーブ」(ディズニー)から何となく。

ミミア

(ロングッド7賢人のひとりのイモータル名)

「ふしぎのRIN」(赤石路代)の宇宙人がミミウというのです。

ミラード・レオフリック

(ミラード帝国の初代皇帝)

思えば、確かTAMワールドにもミラードという国があったような気がする。

ミリアム(・フォン)・ローゼンベルク

(フェルナンドの盗賊)

「荒野の天使ども」(ひかわきょうこ)のミリアムちゃんですが、もととは比べ物にならないほど使えないヤツでした。

ミリアム・レスナー、グレース・レスナー

(PC)

こっちも上と同じ。グレースももちろん。

ムアタズィラ

(シリアの剣流派)

アラビアの中世神秘思想学派でムウタズィラ派というのがあります。だからこの流派自体も形而上学的な要素を持たせました。

ムナ・ティマサダ

馬具笊ギルド史)

(2018)最近の改変で天政田佐宗に変更され、より元の名前に近くなりました。伊達政宗です。

メアリ・ヘレフォード、ローラ・ハイランダー、キャリー・ケント、グレース・ティアット

(クリスティアの学友)

(2019)名前は「大草原の小さな家」の4姉妹です。ヘレフォード、ハイランダー、ケントは、「王室スキャンダル騒動」(遠藤淑子)の1エピソードに登場する人物の名前。「王室スキャンダル騒動」自体で「大草原の小さな家」ネタを使っているので、何とも…ですが。ティアットだけ独自。

(2019)神絵師花兎*様に、キャリーグレースを描いて頂きました。破壊力バツグンです。もちろん他も描いて頂く予定です。

(2021)同じく花兎*様に、メアリローラを描いて頂きました。あとはクリスティアだけです。

メアリ・タブリッツ、メアリ大彗星

(サイ国の代表)

メアリのチョコレート、好きなんですよ。元としちゃそんだけです。

メイザース

(レンクス6世付の僧侶)

(2018)「黄金の夜明け団」のマグレガー・メイザースです。アレイスター・クロウリーはいません…というより「とある魔術の禁書目録」(鎌池和馬)で有名になっちゃったので、今からは使いづらいです。

メートルリンク島

(アトランティスのある島)

(2018)メーテルリンクの青い鳥から。

メディア

(リューファイオン公爵の妻)

もとはギリシャ神話に出てくる残忍な魔女です。まあもともとメディアって名前が好きだったっていうのはありますが。

メテオール・リム

(イモータル)

(2018)ファームズは英語圏なのでMeteor Limbは当初「メテオ・リム」にしようと思っていたんですが、「ウルトラマンメビウス」(円谷プロ)を思い出して「メテオール」にしました。

タムサルス(シュタルアルフ)の姉がイモータルになったという設定を作った際、既存のイモータル・アステリアを充てました。星に関係した名前なので。それを元にステリスという名前も考えました。

しかしその後20年前に作った資料を見返していたら、アステリア=カロリーヌ・フィシスとなっていました。すっかり忘れていたのです。仕方なく新しいイモータルを作りました。「スターシンガー」なので星に関係した名前にしたというわけです。

30年作り続けているもので、こうした「実は作っていたのにすっかり忘れていた」設定はいろいろ出てきています。つじつま合わせのためにいろいろ変更することも。

メラン

(フェルナンド帝国の青年)

バレバレでした。しかし、とりあえず名前になってたでしょ? イメージとしては、聖闘士星矢の貴鬼だったんですが。

(2018)バレバレだったのは、「メラン少年がエルメランの使いだった」ということです。この時メラン少年を護ってナミー・エルキュンが一緒に出てきましたが、とくに何かをすることはなかったような。

メリル・ミネス

(ミネス王国の女王)

名前としては一番気に入っています。しかしメリルって実際にある名前だとはあの頃思いませんでした。しかも証券会社でもあったんですね。

メルメトン2世

(ロングッド最後の王)

高校時代にK.S.氏に指摘されたのですが、元ネタとしてはメフメト2世です。

メロス

(第二の光の神)

太宰治です。レイズナーという言い方もできます。でもセリヌンティウスは出ません。

メンデル共和国

(裏エルヴァートの国)

遺伝の法則。

モーリス・オーソン

(ファームズ帝国の伯爵)

ボレロの作曲者と、某エヴァンジェリン(使徒は出てこない)姫((c)遠藤淑子)のお目付役です。何とも安直ですね。でもサブキャラのネーミングなんてこんなもんです。

モクレイン

(裏エルヴァートの国)

(2018)「ダーウィンズ・ゲーム」(FLIPFLOPs)のモクレンさんとレインちゃんをくっつけ、さらに分割(モクとレイン)しました。ハーフアルフかつ近親婚という救いようのない設定ですが。守護獣の設定を加味することでそれなりになったかと。「音楽の国」というのは、オーストリアのことでもディズニーの昔の映画のことでもなく、「ホアズブレスの龍追い人」(パトリシア・マキリップ)収録の「音楽の問題」の国をいただいたものです。

モンサルヴァート

(ワールドの名前、艦の名前)

騎士たちの集う城がここにあるとされています。パーツィヴァル等ですね。

ヤミカ・ミゼルニヤコノヴナ・モストキン

(26人衆)

モストキンはもともと先輩のつくったティバーサティン(サトモワールド)のハッシャ帝国の公爵家だったのです。実は2つのワールドはつながっているのです。そのうち使うぞー(いつだ)。

(2018)結局プレイで使われることもなく、ヤミカにも設定もなにもないままになっていたので、設定盛り盛りで旦那まで用意しました。ちまっこくて動きが速く、感覚がおかしいのはつい最近増やした設定です。

(2019)hashiya様にをつけていただきました。ありがとうございます。

ユイ・サンサーラ・クルーザス

(雪の女王、ヴィルヘルムの妹)

(2018)最近「雪の女王」と言えば完璧にエルサですが(そうか?)、もう25年以上前に作られた設定なので少なくともあの映画とは無関係です。ユイは好きな名前だから使っただけで、特段これというものはありません。「コレクター・ユイ」(麻宮騎亜他)を少し思い出したりしましたが、強いて言えば「ふしぎ遊戯」(渡瀬悠宇)の唯ちゃんでしょうか。サンサーラは輪廻のことですが、とくに意味があって付けたものではなく「境界のRINNE」(高橋留美子)とも無関係です。

ユリウス・エンディール

(アマリス帝国の貴族)

「暗闇の鎮魂歌」(真崎春望)に出てくる光と闇の王子、ユリウスとエンディリオン(エンディミオンにあらず)からです。そういえばエンディミオンというのは、アルテミスが処女の誓いを破った美少年だそうです。むーん。

ユリフィア・ティルクラマネイト

(エルヴァート、ルーンワールドの剣士)

ティアンナです。ティルクラマネイトとはティアンナマークレットの逆読みなだけ。

(2018)設定盛りにより、ティアンナは最強の魔術師という設定に落ち着きました。当初ユリフィアも魔法使いの設定でしたが、この改変により剣士の名前になりました。D&Dシステムではそういうことはできないので、システムから外れてようやくできた、とも言えます。。

ユロス・ノワール

(アマリス帝国の貴族)

ノワールはフランス語で黒です。「暗闇の鎮魂歌」(真崎春望)にエロス・ノワールって奴がいたんです。

窈湖

(アマリス帝国の便利屋さん(にさせられた(いつのまにか)))

BASTARD!!(萩原一至)ではありませんことよ。アレより(多分)前だったから。

ヨーン

(ロングッドの首都)

ヨーン・バインツェルなんです(ファイブスター物語(永野護))。

(2019)ただ、当時まだヨーンは名前とビジュアルしかなかったと思います。その後どういう役回りで出てきたのかは、読まなくなったので判りません。

ラーロン遺跡

(ラムサダスにある遺跡)

シルクロードにある遺跡、楼蘭から。

ラインハール・フォン・ハインスリッター

(フェルナンドの将軍)

モノモノしい名前になってしまいました。ラインハールは「フィアリィブルーの伝説」(中山星香)に出てくる騎士団長です。

ライガース・ハインド

(アルファの反乱を起こした人物)

西郷南洲(隆盛)です、はい。西郷キライです、はい。

(2018)当時なんで西郷が嫌いだったのか分からないですね…。まあ今でも大久保利通の方により好感を持っているのですが。

ラインハルト・フォン・モーデンケルン

(コルコランドの貴族)

銀英伝(田中芳樹)知るより前です、念のため。実は銀英伝見た頃は、こいつの存在すら忘れてましたが。だってワキ役でしかないんだもん。

ラサール・フェルディナンド

(フェルナンド王国の貴族)

フェルディナンド・ラサールを逆にしただけなんですが、一応名前になってますよね。学校は造ってませんけど。

(2019)考えてみたら彼の父親が女子校を作っていたのでした(汗。

ラファエル・カルネイロス・バレアレス

(八星衆のひとり)

(2018)2018年になって増やしたNPCです。プレイ当時八星衆は結局3人しか作れませんでした。ですので残り5人がずっと気になっており、2018年になってやっと揃いました。まずラファエルの名を選び、そこからラファエル・ナダルを連想し、ナダルが二重姓なのでこちらもそうなりました。ただし絵的には巨漢です。これは島田魁あたりでしょうか。

ラッセル・バリノーフ

(時間旅行者)

エイミ・リンナのお兄ちゃんなのです。しかし彼と冒険を共にしたことがあることなど、プレイヤーたちにはすでに忘れられている。ラムサダスなど2回もあるんだけど。

(2019)エイミ・リンナの過去設定を作るにあたって、彼女は今でも兄を探しているということになりました。大昔に死んでるんですが…どうするか。

ラムサダス

(Ray!氏PC)

当初R&Rという名前で、これは他のキャンペーンからのキャラ持ち込みだったと思います。それではエルフらしくない…ということで私が考えました。ギルサナスあるいはタンサラスのように、Rを頭にしたらと考えただけなんですが、結構合っていたようで(Ray!氏が気に入ってくれたようで)よかったよかった。

もしかしたら、「ダーリン待つっちゃー!」(「うる星やつら」高橋留美子)とか思われるのではなかろうかとか取り越し苦労してました。

(2021)R&RはRay!氏が好きだったガンダムから…というのは覚えていたのですが、今ググってみたら「ガンダムセンチネル」のリョウ・ルーツだそうです。

ラル・ケイト・ジャスパース

(リリュー帝国のハーフリング)

テキトーにつけた名前。しかしイラストはぷよぷよ((c)COMPILE)のハーピーさんなわけです。シェリーと違って、こっちはイラストが先にできてしまい、ハーフリングらしい名前をと思ったわけです。なってませんが。

友人の言。「ラルって、くりぃむれもん?」 うぅぅ、そんなこと聞かないでくれ、ガール(ただし22歳(当時))。しかし、ぷよのハーピーは、単なる天使にしか見えませんね。

ラルセス

(ミラルト王朝のファラオ)

ラムセスです。エジプトの。メルメトンと同じで。

リア・フィースティマル

(ファーランドの軍隊司令)

「リア」というのは、ある悪魔の女の子の名前です。終わり。でも別に「ご主人様(ハートマーク)」とはいいませんよ(おーい)。(とらぶるEVOCATION(龍炎狼牙))

署聞

(マリーン・セーレーンが憧れる伝説の拳法家)

(2019)神槍李書文、そのままです。李書文は「拳児」を読んでいたからです。

リーハ・マルクス

(エリナーの妹)

この頃、CM1モジュール(TSR)を買って、そのスゴさに驚いていました。で、はずれの方にあるリーハというハーフリングの氏族を見付けたわけです。別にロードス島のリーフではないです。

リコ

(神造人間の少女)

(2021)「魔法使いプリキュア」ですね。

リセル

(アルファ人民共和国の街)

(2018)「マロリオン物語」(デヴィッド・エディングス)に出てくるかわいい女の子です。

リゾレット・グウィネル

(フェルナンドの大臣の娘)

(2018)リゾレットは「花冠の竜の国」(中山星香)の主人公ですね。

リック・ギルバート

(ラムサダス帝国の魔法使い)

メタルの…。ポールですか。

リトルウィッチィズ

(リル・ミアの変化(へんげ)した姿)

コ○ケで買ったビンセンの中に、リトルウィッチィズと名打った、とても可愛いものがあったのです。そこには、3人の少女魔術師が描かれていました。で、そのままです。

リノ・ファストフォード

(ラムサダス帝国の僧侶)

理乃。名前のもとキャラです。早瀬を英訳してファストとフォードなわけです。お兄ちゃん子&ドジなどは元からあります。ブレザー+チェックのスカートを着せるために作ったキャラ(^^;

リビエラ・ピアズ

(スメル帝国史の地理学者)

(2018)リビエラは森進一さんの「冬のリヴィエラ」から。スペル違いますが。

リヒトホーフェン

(ラ・セル・ラミアーノの王)

シルクロードの名付け親です。スタインという説もありますが。

リュー・コーネリアス

(オリンピック開催委員会の委員長)

今だと絶対ストリートファイター(カプコン)になるんですよね。でも違います。「マジシャンロード」(島田ひろかず)のリューでした。

そういえば、リュウとケンって、「原始少年リュウ」(石森章太郎、東映動画)と「狼少年ケン」(東映動画)なんでしょうかね。←んなわけねぇだろ。

(2019)過去設定を作るにあたって、悲劇のマラソン選手ということにしました。そこでググっているうちに出てきたのがフランシスコ・ラザロで、こんなビジュアルにするか…と思っていたところ、NHKの「いだてん」で先に取り上げられてしまいました。

リョン・キョンファ(龍京和)

(ファームズの名ヴァイオリニスト)

(2019)実在のヴァイオリニスト、チョン・キョンファ(鄭 京和)からです。

リリス

(混沌の女神)

美衣暁の同名の漫画です。性格もそのままです。ご一読あれ(ウソ)。

リル・ミア

(魔法使い、女神)

漫画を描くためのキャラでした。橘利瑠です。超自信過剰。でも、大概のことはできてしまうので過剰ともいえない。ろりこんオヤジから金を巻き上げることが楽しみ、というガキです。

名前は「リル・リーン紀譚」(しまだひろかず)です。ミアは…たしか「破邪大星ダンガイオー」(バンダイ)の主人公?

リン、クウィル

(はじめの10者)

ムアコック先生のそのままですので。

リンダ・タルシス

(もと26人衆)

何やら壮絶な死に方で記憶されているこの人。リンダはドラグナー(サンライズ)の人です。絵はアルテミス(フェリオス(ナムコ))ですが。

リントヴルム

(モクレインの守護獣)

(2018)ドイツや北欧に伝わる竜の名前です。

リンフィア・フィン、ディルフィア・フィン

(イルゾニアアルフの王)

「グラン・ローヴァ物語」(紫堂恭子)より。セレンフィアは使わなかったですね。今思うと。彼が一番気に入ってたのに。きっと、パナケアの方があっていたからでしょう。

(2019)セレンフィアもイモータル フィンのモータル時代の名前ということで、使いました。

リン・ベーベル

(ラムサダス帝国の陸軍)

リンは「北斗の拳」(武論尊、原哲夫)です。はい。

レイキナ・ブリュエル

(ローランドの娘)

ラキシス(ファイブスター物語(永野護))をもじりました。原形留めてませんが。

レオナー・ザ・ジャスティス

(シーカーズのリーダー)

後で見てみたら、ロードス島(水野良)にレオナー王子ってのが出てました。でも一応オリジナルのつもり…。

レオナルド・ジェームス・グレイフィールド

(ラムサダス帝国の軍人)

もとはムア・グレイフィールドでした。「妖魔の騎士」(葉月秋子)です。でも毬絵ちゃんはいません(当然だ)。次はアルバート・アードレーとかなんでしょうか(バカ)。

(2019)この人も設定がなかったので、フェルナンドの元貴族グレイフィールドと一緒にしてしまいました。

(2021)唐突に思い出し追記。上記「毬絵ちゃんはいません」は嘘でした。マリー・ルーンのスペルMarieが、毬絵から来たものでした。

レガレイラ

(ド・トゥ教国史、八星衆)

(2018)ポルトガルにある宮殿の名前です。

レジーナ・アダミス

(ナミー・エルキュンの娘)

(2018)「ドキドキプリキュア」(東映アニメーション)のレジーナちゃんからいただきました。

ローザネロ

(フレンダーノの国王)

(2018)フレンダーノはだいたい、古代ローマ帝国の皇帝の名を使っています。

ローザ・ヘルベルト・オルバッハ

(ラムサダス帝国の提督)

性格設定まだですが、どんな女性なんでしょうね。まあアークセイバーは撃たないと思いますが。でも撃ってもおもしろいかも(んなはずない)。

ローザってのは、ローザ・ルクセンブルクから取ったのです。

(2018)上記で触れている「アンダーカバーコップス」(アイレム)のローザのキャラを入れて、男勝りの将軍ということにしました。

ローズマリー・エーベルト

(フェルナンド・バレラス日報記者)

何故か某「角材娘」(普通知らない)を出したくなりまして…。ひぐらしさんスミマセン! つまりミリエーヌ(モンスターメーカー(翔企画))なんですが。

(2019)花兎*様によるビジュアルがこちらです。ちょっと可愛すぎな気もします(汗。

ロール・アレルスン

(ラムサダスの戦士)

確か、ダンガイオー(バンダイ)の男の子がこんな名前だったと…。

ローム

(民族)

(2020)関東ローム層から。

ロザーリオ・ネストレ・テスタネーヴェ

(<愚者>の本名)

(2018)最初に考えたのはテスタロッサでした。フェイト・テスタロッサなんてキャラがいたっけ?(リリカルなのは(都築真紀))と思ったんですが考えてみたらこいつ別に赤くないので、テスタロッサ=赤い頭の代わりにテスタネーヴェ=雪の頭にしました。ロザーリオとネストレは、それに合いそうなイタリア男性名を適当に。

ロザリィ・ファルマス

(クラウドの娘)

もちろんベルばらです。かわいくて好きです。

(2018)2017年になって「ゴシックは魔法乙女」(ケイヴ)のロザリーも入りました。趣味丸出し。

ロディ・シャストゥール

(アマリス帝国の白色騎士団

確か、ガラット(サンライズ)から取ったような覚えがあるのですが、忘れました(ガラット実際には見てない)。

ロニー・ペンローズ

(ラムサダス帝国の魔法使い)

パソコンオタクなら「ショーコちゃんから取ったな!」なんていうのでしょうが(古いか…)、ロジャー・ペンローズ博士です。天文物理の。

(2019)hashiya様によりビジュアルが与えられました。同時に雷光魔術団の正装もデザインしてくださり、感謝に堪えません。

(2020)ノーベル物理学賞を受賞されたことで、一躍日本でも名前が知られるようになったと思います。おめでとうございます。

ロバート・クライヴ

(アマリス帝国の大臣)

セポイの反乱で東インド会社軍を率いた人ですね。

ロミナ

(フェルナンドが侯爵領のとき…無カミザ時空で出てきた魔法使い)

(2018)名前も設定もD&D®マガジンの付録そのままです。途中からはまったく違いますが。でもミルビン・ウィンブリーは使わなかった。

(2019)その後クラウドの祖先ということで、ウィンブリーではないですがルシール・ウィンフリーを設定しました。

ロリーヌ・アスタルテ

(恋愛小説の作家)

ロリーヌは忘れましたが、アスタルテは古代の月の精霊の名前です。タイムリーに月をイメージしようと(バカ)思ったのですが、余りに根が専門的すぎたようです。

(2018)考えてみればアスタルテはアスターテでした。銀英伝(田中芳樹)。

(2021)最近調べてみると、「月の精霊」という記述が見つからないので当時なにか誤解をしたものと考えています。アスタロトやイシュタルと同語源の女神のようですね。そしてアフロディテ(ヴィーナス)のイメージソースでもある。

ワイズ・ドリアバード

「ワイズクラック」(松田南)ですが。

(2018)設定増しによって筋骨隆々な魔法使いになってしまいました。元ネタのワイズはふつうの魔術師だったような…。

ワイルド

(混沌の神)

まあ…そうですね。ザックって感じです。メタルつーかプログレ系からも、いろいろ借りてます。