人物

フリット・ラウディス(Fritt Loudis)

画:hashiya

M10 ALNE AC5 hp7 S11 I14 W6 D12 C15 Ch9 Cm7

1,601.4.22生, 28歳(見掛け25歳). 身長5'11" 体重134 lbs.

アルファティウス帝国の皇子

ややベージュがかった髪を少し伸ばし気味にしている。瞳は黒に近い青。金の装飾を施した黒色のローブをまとい、いかにも魔術師然とした姿をしている。造形は悪くないが、表情は暗く、いつも不満そうな目をしている。

現在アルファ人民共和国と名を変えた亡国アルファティウスの皇子で、ディンロミンナルア9世となるはずであった。混沌戦争の末に祖父が死に、1,616年の民主革命によって父も捕らえられて処刑されると、彼は自分にもその手が及ぶであろうことを悟り少数の仲間とともに国外脱出、同じ混沌神の崇拝で知られるアナーティア王国へと亡命した。彼は現在復讐を企図しているが、より強固な王国を建設するため、まず南にある大国ラムサダス帝国の軍隊を吸収することを考えているともいわれる(現実を知る者なら、それが如何に荒唐無稽な話であるかは判りそうなものである)。

ただ、彼はもとより思慮浅く、教養もなく、傲岸不遜で部下以外からの尊敬もほとんど勝ち得ていない。人を信じることも知らない。彼がもしアルファのセルナンデスらに復讐を果すことができたとしても、彼ら以上に良い統治ができる可能性は皆無だろう。このため王国の支配者層も、彼の絵空事には表面上の同情と協力姿勢を装ってはいるものの、その実ほとんど手助けらしい手助けも行っていない。「時期尚早」などと丸め込まれる毎日が続いている。小さい頃から欲しいものは何でも手に入れる生活をしてきたため、現在の状態に非常に不満を持っている。ただ、帝国の支配者層というものがずっとこうしたものだったのである。彼だけにこの責任があるわけではない。

小鼻から下を金属のマスクで隠している。表情を読まれないようにするためでもあるが、施された魔法により常に清浄な空気で呼吸する。

彼の持つ柄が紫色の魔法のダガー(+2, vs. リピタイル+4)は、リングホーンという名前である。他にマジカルパワースタッフ、ファイアボールワンドなども所持している。装備の面から言えば、かなり強力な存在ではある。

リカルド・コエントロ(Ricardo Coentro)

画:ruder/あいぼん

F20 AC2 ALNE hp74 S13 I15 W15 D7 C14 Ch10 Cm9

1,579.9.7生, 50歳(見掛け同じ). 身長5'3" 体重187 lbs.

国王

鈍い銀色の短い髪、土色の肌、肌と同じ色の瞳を持ったタレ目の壮年の男。口髭、顎髭とも短く揃えている。1,618年に父王メルチョルが病死して王位を継いだ。即位以来、11年に渡り国王の地位にある。若い頃はそこそこの戦士で一軍を指揮してもいたが、筋肉はたるみ、肉体的にはかつての面影はない。鎧を身につけることもなくなっている。民の前に現れる際は、ベージュの長い衣装を腰紐で留め、その上に黒に近いグレーのコートを付けていることが多い。コートの前面は二本の銀の鎖で留めている。銀の半冠は主神アナーティアの紋章と角を模したものである。表情はなお締まっており、頭脳も健在。実利優先の性格も手伝って、国家をそれなりにうまく運営している。

表面上はアナーティアを信仰しているが、信心はほとんどなく、都合の良いときにだけ神の名を口にする程度である。実際、家族や側近には「肝心なときに、神は助けてはくれぬ。結局自分でやるしかないのだ」と語っているほどである。これは父王の口癖でもあった。神官はこれを快く思っていないが、相手が国王では何も言えない状況である。三人の后を持ち、それぞれを本名ではなく魔界の3レディの名(ンディアナ、サーマイン、タク)で呼んでいる。無論リカルド自身はこれらの女神を崇拝しておらず、単に混沌の女神の名で呼ぶ仕来りに従っているだけである。

実母は彼が3歳のときに死去しており、メルチョルは第二妃を取ったが結局現在生き延びている子供はリカルドだけである。実母や兄弟の早世はリカルドに影響を与えた。彼は早くから后を複数持ち、子供を多く産ませている。8人の王子と4人の王女がおり、リカルドは数年中に長男のパスクアルに王位を引き継ぐつもりである。彼らもまた、父親と同様に神々のことは大して気にしていない。

アナーティアは混沌神支配の国として知られているが、現実にはすでに大きくはない。リカルドの曽祖父エスタヴァンの時代(およそ半世紀前)でさえ、すでに心の底から混沌神に信心を捧げる国民はそう多くはなかった。混沌戦争時に実際に混沌の神が地上に現れた際には、その名を口にする国民たちもいたが、それは信心というよりは恐怖心からだった。なお、アナーティアは表面的には混沌神崇拝であるため、混沌軍の進行ルートからは外れており、国境付近に多少の被害を受けた程度だった。

混沌戦争の終結後、リカルドは国家として混沌神たちと決別する道を明確に示した。「神官に強制されて呼ぶ神の名は信仰の発露ではない」と言い、事実上信教の自由を認めたのである。かつては国軍によって大なり小なり取締が行われてもいたが、「混沌神以外の名を呼ぶ者があっても、睨むだけに止めよ」と内々に指示を出した。この国の神官は私欲に溺れる者ばかりで信仰を極めようという者は少なく、神から特別な力を授かっている者は多くない。この堕落ぶりも、国民たちの混沌神離れを招いていた。いずれにしても、国王が決めた方針に公然と反対できる神官などいなかったのである。それまでは家の中でしか言えなかった混沌以外の神の名が、街中でも聞かれるようになった。

父メルチョルは、同じ混沌神崇拝だったアルファティウスからの亡命者ということで、一応はフリット・ラウディス皇子を迎え入れ、不自由のない生活と将来の協力を約束した。しかし、リカルドは最初から彼の存在を気に入らなかった。彼の存在は単なる毒饅頭だと考えている。そのため丁重に扱いつつも実質的に無視し、他者を動かせるような力を与えないようにしている。パスクアルもこの考え方を引き継いでおり、味方に引き入れようとするフリットの口車には決して乗ろうとしていない。

ただ、末娘のニルダはフリットの雰囲気や魔術にのぼせているところがあり、リカルドはそこに警戒を怠らないようにしている。