アマリス帝国の軍事

アマリス帝国の軍部

                            皇 帝 ───────虹の聖騎士団                             │                            軍事大臣                             │         ┌───────────────────┴────────────────┐         │                                    │       国防庁長官                              対外軍事政策庁長官         │                                    │         └───────────────────┬────────────────┘                             │                           軍事司令官                             │         ┌───────────────────┼────────────────┐         │                   │                │       帝国自衛軍                帝国軍            国際会議に基づく         │                   │            特別派遣軍(臨時)   ┌─────┼─────┐     ┌───────┼───────┐   │     │     │     │       │       │ 白色騎士団 白色魔術団 白色銃化兵  陸軍長官    海軍長官    空軍長官                     │       │       │                  デザートアイズ シーバスターズ サイレントベル

行政府としては軍事省があり、その中で作戦内容に応じて国防庁、対外軍事政策庁の2つのルートに分かれる。軍事大臣と2名の長官までが文官(いわゆる制服組)幹部である(もっとも、軍事大臣は現在二代続けて白色騎士団総師団長兼任であり、同時に武官でもある)。国防庁、対外軍事政策庁いずれのルートも軍事組織と直結はしておらず、指令は軍事司令官という役職を経て実働部隊に伝達される。とはいえ、現実的には軍事司令官もまた軍事省の役職であり、「制服組」3名に軍事司令官を加えた4名での作戦会議が主である。実際の作戦説明では4名合同である場合も多い。

白色騎士団白色魔術団は組織図上「帝国自衛軍」として配置されているが、皇帝直属とも言えるほど皇帝からの指揮権限が強い。将来的にはこの自衛軍も帝国軍内の特殊部隊という位置づけで再編することが想定されている。

虹の聖騎士団は軍事省には属さない皇帝直属の小規模武力集団であり、基本的に皇帝および要人警護専門であり、戦争への直接の参加はない。

皇帝ジアザー・テレビジョン2世
軍事大臣、白色騎士団総師団長アンドリュー・フェルゼン元帥
国防庁長官マクストフ・ネストロヴィチ
対外軍事政策庁長官ナンシー・デイズ・オニール
軍事司令官ジョン・クレイアー
陸軍長官ミハエル・ベルーニ
海軍長官マッド・ステュアート
空軍長官ジョー・ディフィトン
白色魔術団隊長イワン・ヨレフスキー上級大将
虹の聖騎士団リーダーマイケル・ラーダス
白色銃化兵隊長アウグスト・ゲオルク・ヴェーバー中将
白色騎士団戦術指南役ロビン・クリアンストン元帥

自衛軍

白色騎士団(各50)

総師団長Aアンドリュー・フェルゼン元帥
師団長1スコット・ウォーラス上級大将
2セネガー・ヨークライム大将
3デヴィッド・スタンフォード中将
4クラムホルト・フォン・ニルスヴァニア中将
5ピエール・コンドルセー中将
6レオナルド・マッキィヴァー中将
7ウォルター・コーラス中将
8フランツ・メーリンク中将
9レオン・ヴォージア・リカードゥ中将
10エルベルト・フォン・レッシンク中将
11イワン・オスフルスク中将
12デイヴ・タルトランド中将
13オットー・フレールセン中将
14クロード・アドリアン・ディルファーケン中将

白色騎士団はジアザー帝国建国初期に作られた、最初の正規軍である。それは陸軍と海軍の機能を合わせた存在だった。当初は1師団500人構成、全10師団で5,000人であった。実際の作戦行動ではこれらの師団を複数、各師団に一般兵(常備軍30,000、予備軍75,000、特別軍60,000。ただし特別軍は書類上のもので結局実際に組織はされなかった)を最大10,000程度ずつ割り振っていた。戦争期に膨張を続け、1,628年には全20+特別2師団で11,000人となっており、また各師団長はそれぞれの師団内での次席が継ぐようになっていた。

こうした無秩序な拡大は前皇帝ジアザー・テレビジョンにとって納得の行くものではなかった。1,628年、彼は常備軍、予備軍を含めた実働部隊の完全な再編成をフェルゼンに指示した。この結果、白色騎士団は1師団50人14師団、全体で700人にまで厳選された(「師団」名称は当初の名残である)。また常備軍、予備軍は陸軍6兵団、海軍6個艦隊、空軍4戦隊に再編された。白色騎士団の10,000人超はそのまま常備軍に配置換えされ、第一、第二師団以外の各師団長、提督はその中から選出された。

現在の白色騎士団は各人の技量により成り立つ言わば名誉職であり、各州での治安維持の核となったり要人警護を担当したりはするが、形式的には対外戦争とくに侵攻戦には参加しないことになっている。ただし実際には流動的・機動的な運用をすることになっており、軍事大臣および各長官による合議を経て、かつてのように各軍を指揮下として戦いに加わると考えられる。

白色魔術団(130)

隊長イワン・ヨレフスキー上級大将
副隊長アレル・ラ・ヴェルニュ中将
副隊長イルナ・ガリロヴィチ・グリューシコ中将

白色魔術団は、白色騎士団に前後して創設された魔術専門集団である。初代団長ケイト・ホルディングは前皇帝ジアザー自らが見出した天才であり、その後を継いだアルナ・イブン・アル・ミカルクリアンストン将軍の知己だった)も、ケイトに勝るとも劣らない人物だった。現在の団長イワン・ヨレフスキーは三代目である。

魔術師皇帝のお抱え集団であることもあって魔術の研究水準は非常に高く、とくに多数の魔術師による集積・増幅魔術は他の追随を許さぬ域に達している。これは白色魔術団そのものと言うよりは、むしろ白色騎士団の戦闘力を高めるためである。たとえば、白色魔術団の持つ領域型空間転送魔術は、数百人の騎士を他の地点に丸ごと転送する。つまり、敵の只中に突如集団を出現させることが可能である。一日にして数万の兵を転送させることができる。

実際に敵の軍勢の中に転送すれば、よほど敵が寡兵でない限り、はじめはともかく徐々に多勢に無勢、各個撃破の好餌となる。このため、敵陣とは離れたところに送り込むことになるのだが。イルビジアやファルクラムの戦いでは実際国境付近まで転送されているし、フェルナンド王国復活時のアーサー王の軍もまた、一部が白色魔術団によって転送されることによって敵集団の虚を衝いている。

白色騎士団同様、形式的には自衛軍であり侵攻戦には参加しないことになっている。

白色銃化兵(129)

隊長アウグスト・ゲオルク・ヴェーバー中将

初代皇帝ジアザーが、地球にて手に入れてきたピストルを簡易化して大量生産、特別訓練した者たちに持たせたもの部隊である。当初38口径のオートリボルバーだけだったが、1,622年からはライフルを主武器にしている。一部魔法が残っているが、窈湖によって非魔法化が進んでいる。


帝国軍

陸軍(各16,000 常備1師団+予備3師団)

長官 ミハエル・ベルーニ
兵団(Corps)8,000(2個師団)兵団長…中将
  1. ジェームズ・リッチモンド中将 SET-003 × 5
  2. ボンデッド・モンキーニ中将 SET-003 × 5
  3. ゲルマニア・パンプストン中将 SET-002 × 3、SET-003 × 2
  4. デリー・コーン中将 SET-002 × 3、SET-003 × 2
  5. アルヴァス・マルク中将 SET-002 × 5
  6. ギルファ・サルタ中将 SET-002 × 5
師団(Division)4,000(4個大隊)師団長…少将
大隊(Battalion)1,000(5個中隊)大隊長…准将
中隊(Company)200(4個小隊)中隊長…大佐
小隊(Platoon)50(5個分隊)小隊長…中佐または少佐
分隊(Squad)10(2班)分隊長…大尉または中尉
班(Team)5班長…少尉

蒸気戦闘車(SET - Steam Engine Tank)

蒸気機関を使用して設計された戦闘車であるが、煙を出すため現場では不評だった。そのためあまり発展せず、SET-003をもってラインは終了、次の新型戦闘車にその地位を譲ることになる。

形式番号モデル意味シリアルナンバー最高速全高エンジン説明生産数供用数製造年
SET-001サヴェートジャッカルBm000115km/h1.8mポンドOT10E蒸気戦闘車試作機101,628
SET-002サヴェートβBm000220km/h1.8mポンドOT10FSET-001のエンジン載せ替え19161,629
SET-003サヴェートγBm000325km/h1.8mポンドOT10FSET-002のエンジン載せ替え14141,630

戦闘車(ICET - Internal Combustion Engine Tank)

形状は蒸気戦闘車と同じでエンジンのみ換装したもの。キャタピラによって移動。荒れ地などでも供用可能。陸上戦闘に於いては、強行突破などに活躍する。

形式番号モデル意味シリアルナンバー最高速全高エンジン説明生産数供用数製造年
ICET-001スルマスシマウマBm000425km/h1.8mリノCT10ASET-003のエンジン載せ替え--1,632
ICET-002スルマスβBm000525km/h1.8mリノCT10AICET-001の改良型--1,633
ICET-003スルマスγBm000630km/h1.8mリノCT10BICET-002のエンジン載せ替え--1,634

陸戦艇(MS - Mobile Station)

いわゆる移動基地。戦闘車を大型にし、発展させたもの。1,634年にジアザー・テレビジョン2世専用の「クーパー」が実戦配備される予定。その後、師団長クラスの陸戦艇「ムーバ」も実戦配備予定。大きなキャタピラを2本と横移動のための小さな補助キャタピラ4本で高速移動する。また主砲発射用の安定ダンバーを四方に設ける。ただし、現段階の設計での装備はライトニングガンのみで主砲となるものはない。これは数年後に完成するアロゥミサイルを設置するためである。

形式番号モデル意味シリアルナンバー最高速全高エンジン説明生産数供用数製造年
MS-001クーパー(未決)Bm100125km/h6.9mリノCT10B皇帝専用機--1,634
MS-002ムーバ(未決)Bm100225km/h6.9mリノCT10C師団長機--1,636

海軍(各1,500 常備軍1,000+予備軍500)

長官 マッド・ステュアート
艦隊(fleet)
  1. イアドラス・ノースフォード中将
  2. ワイプ・ロージング中将
  3. アンディ・カープネス中将
  4. ロック・ブライアン中将
  5. ブラス・トーキング中将
  6. フラッグ・マーテル中将
分艦隊(Division)
戦隊(Squadron)

艦隊の配備状況は、以下の通りである。

戦艦戦隊×28
高速戦艦戦隊×56
巡航艦戦隊×74
駆逐艦戦隊×24
潜水戦隊×71
補給戦隊×59
特務戦隊×71(パトロール、掃海艇、敷設艇など)

蒸気戦艦(SES - Steam Engine Ship)

スピードの問題から、試作機のみで終わる。しかしその技術は民間用の蒸気船で使われている。

非魔動戦艦(ICES - Internal Combustion Engine Ship)

形状は今までの魔力による戦艦と同じ。エンジン部分だけ変わっている。


空軍(各500 常備軍200+予備軍300)

長官 ジョー・ディフィトン
空挺団
(Airborne Brigade)
4機団長…大佐または中佐
  1. ハンス・トレビア大佐 MWF-005 ×2、MWF-008 ×2
  2. ジャック・ランバード中佐 MWF-005 ×2、MWF-008 ×2
  3. メイル・ホッパー中佐 MWF-004 ×2、MWF-007 ×2
  4. ワルス・ブラグニー中佐 MWF-003 ×2、MWF-004 ×2
班(Team)2機班長…少佐または大尉

ウイングキャリー(MWC - Magical Wing Carry)

主に運搬用に造られた魔動機。1,623年の「ダバダ」完成に始まる。それは円筒状のもので、操作も前面パネルについたレバーを倒した方向に動かし、ニュートラルで停止。足元の上昇、下降キーを押すだけの簡単なものである。

次いでロールアウトした「ダバダβ」は側面の装甲をなくし、金属棒にしたため、軽量化に成功。またエンジンも小型化。これに続き、数人の搭乗が可能な「ダバダγ」も設計される。

1,625年には、偵察用にショットガンをつけ、モデルチェンジした「カリパリ」が設計される。この後、積載量を増やした大型輸送用WCが開発される。これはローターをつけ、大きな揚力を得ている。

以下MWCおよび次のMWFの存在はオープンになっており、他国にも知られている。

形式番号モデル意味シリアルナンバー最高速全高エンジン説明生産数供用数製造年
MWC-001ダバダ(L)インコ-60km/h1.2mポンドOT8Aウイングキャリー試作機第一号
個人移動用
201,623
ダバダ(R)20
MWC-002ダバダβ-1(L)80km/h1.2mポンドOT8B「ダバダ」を軽量・量産化2681051,624
ダバダβ-1(R)23281
MWC-003カリパリ-1(L)カケス100km/h1.4mポンドOT8Cショットガン装備
偵察用
104581,624
カリパリ-1(R)12755
MWC-004ダバダγ-1(L)インコ80km/h1.2mポンドOT8D3~4人用56291,624
ダバダγ-1(R)4435
MWC-005クワイナ-1(L)カッコウ150km/h3.8mポンドOT10E大型化
輸送用
1801,625
クワイナ-1(R)180
クワイナ-2(L)1601,626
クワイナ-2(R)100
クワイナ-3(L)331,627
クワイナ-3(R)22
クワイナ-4(L)111,628
クワイナ-4(R)22
MWC-006コムラッソ-1(L)ツバメ220km/h3.8mポンドOT10F「クワイナ」のモデルチェンジ
輸送用
321,629
コムラッソ-1(R)22
コムラッソ-2(L)221,630
コムラッソ-2(R)22
コムラッソ-3(L)--1,631
コムラッソ-3(R)--
コムラッソ-4(L)--1,632
コムラッソ-4(R)--
MWC-007ダバダδ-1(L)インコ120km/h1.2mポンドOT10F3~4人用
ダバダβのエンジン載せ替えのみ
111,630
ダバダδ-1(R)00

シリアルナンバーは開発時の通し番号。ウイングキャリー開発時点では存在しない。

戦闘機は生産効率のため基本的に2体1組で設計・製造される。

ウイングファイター(MWF - Magical Wing Fighter)

WCの後、ブースターの巨大化などで大きな推力を得たウイングファイターを完成させる。一般の戦闘機と違い、スピードアップを考慮した流線型ではない。このためフライ倍速モードを完成させるまで、他国にスピードの面で遅れをとる。しかし俗に「ウイングアタッカー」と呼ばれるように、カギ爪つきアームを持ち、それを武器に攻撃したり、また発射させることもできる。

形式番号モデル意味シリアルナンバー最高速全高エンジン説明生産数供用数製造年
MWF-001キャルル(L)ツグミAm0001720km/h1.2mブショーLT10Aウイングファイター試作機第一号
戦闘用
101,625
キャルル(R)Am000210
MWF-002マッツェル(L)ライチョウAm0003640km/h1.2mブショーLT10A「キャルル」のリメイク1501,625
マッツェル(R)Am000490
MWF-003チャプリ(L)ジュウシマツAm0005800km/h1.2mブショーLT10C「キャルル」の完成バージョン221,627
チャプリ(R)Am000622
MWF-003SチャプリS(L)Am00071,200km/h1.2mブショーLT10S「チャプリ」の偵察用101,627
チャプリS(R)Am000810
MWF-004カルプトン-1(L)ブンチョウAm0009800km/h1.2mブショーLT10C「マッツェル」の完成バージョン501,627
カルプトン-1(R)Am001030
カルプトン-2(L)Am0011221,628
カルプトン-2(R)Am001242
MWF-005ファーケイル-1(L)ホトトギスAm00131,000km/h1.2mブショーLT10D「チャプリ」のマイナーチェンジ221,628
ファーケイル-1(R)Am001410
ファーケイル-2(L)Am0015211,629
ファーケイル-2(R)Am001611
MWF-006パルファノ(L)トキAm0017M1.61.3mフォーダST10B倍速フライモード使用201,628
パルファノ(R)Am001830
MWF-006WパルファノW Am0019M1.8フォーダST10SVer.アザワイズ(ジアザー2世)111,629
(欠番)Am0020-
MWF-007デュートン(L)ウグイスAm0021M1.51.3mフォーダST10E倍速フライモード安定型111,629
デュートン(R)Am002211
MWF-007SデュートンS(L)Am0023M2.21.3mフォーダST10S「デュートン」偵察用221,629
デュートンS(R)Am002400
MWF-008バイケルン-1(L)トビAm0025M1.51.3mフォーダST10E「デュートン」量産型221,630
バイケルン-1(R)Am002622
バイケルン-2(L)Am0027--1,631
バイケルン-2(R)Am0028--
MWF-009ロマリオン-1(L)ワシAm0033M1.61.3mフォーダST10F「バイケルン」モデルチェンジ--1,632
ロマリオン-1(R)Am0034--
ロマリオン-2(L)Am0035--1,633
ロマリオン-2(R)Am0036--
MWF-010ロマリオンII-1(L)Am0037M1.61.3mフォーダST10F「ロマリオン」マイナーチェンジ--1,633
ロマリオンII-1(R)Am0038--
ロマリオンII-2(L)Am0039--1,635
ロマリオンII-2(R)Am0040--
MWF-011グアンザR(L)ガンAm0029M1.71.2mフォーダST10Gウイングファイター最終形--1,634
グアンザR(R)Am0030--

非魔法型ウイングファイター(ICEW - Internal Combustion Engine Wing)

ウイングファイターのエンジンを内燃機関に換装した非魔法戦闘機。ディスペルによる墜落のない戦闘機を目指し、1,632年の「ジャル」を1号機として設計中である。現時点では武装は従来のものと同様魔法兵器であり、ディスペルに対して脆弱であることは変わらない。別に研究中の非魔法兵器アロゥミサイルを1,636年予定の「ケッペラン」に搭載し、機体にアンチマジックフィールドを施すことで、魔法に対する完全防御が達成される。ただし、現時点でも研究開発費がかさんでいることが徐々に問題とされ始めている。

ジャル、つまり白鳥はアマリス帝国が国鳥として定めている鳥であり、その期待の高さが伺われる。

形式番号モデル意味シリアルナンバー最高速全高エンジン説明生産数供用数製造年
ICEW-001ジャル(L)ハクチョウAm0031M1.11.2mリノCT10A非魔法型ウイングファイター第1号--1,632
ジャル(R)Am0032--
ICEW-002ジャルII-1(L)Am0041M1.11.2mリノCT10A「ジャル」量産型--1,633
ジャルII-1(R)Am0042--
ジャルII-2(L)Am0043--1,635
ジャルII-2(R)Am0044--
ICEW-003モーズガルト-1(L)アマツバメAm0045M1.31.2mリノCT10A「ジャルII」改良型--1,633
モーズガルト-1(R)Am0046--
モーズガルト-2(L)Am0047--1,634
モーズガルト-2(R)Am0048--
ICEW-004バーグリッフォン-1(L)ハチドリAm0049M1.51.2mリノCT10B「モーズガルド」改良型
エンジン効率化
--1,634
バーグリッフォン-1(R)Am0050--
バーグリッフォン-2(L)Am0051--1,635
バーグリッフォン-2(R)Am0052--
ICEW-005ガルフダイナー-1(L)ウミガラスAm0053M1.71.3mリノCT10B完全再設計型--1,634
ガルフダイナー-1(R)Am0054--
ガルフダイナー-2(L)Am0055--1,635
ガルフダイナー-2(R)Am0056--
ICEW-006ガルフダイナーII-1(L)Am0057M1.81.3mリノCT10C「ガルフダイナー」改良型--1,636
ガルフダイナーII-1(R)Am0058--
ガルフダイナーII-2(L)Am0059--1,637
ガルフダイナーII-2(R)Am0060--
ICEW-007ケッペラン-1(L)イヌワシAm0061M1.81.3mリノCT10C「アロゥ・ミサイル」装備
非魔法完成形
--1,636
ケッペラン-1(R)Am0062--
ケッペラン-2(L)Am0063--1,637
ケッペラン-2(R)Am0064--

ウイングファイターII(MICEW - Magical & Internal Combustion Engine Wing)

上記の新ウイングファイターが対魔法用に設計されているのに対し、こちらはスピードを重視して研究中。

新ウイングファイターによって達成される内燃機関エンジンをベースに、魔法によりスピードと出力アップを掛け合わせようとしている。試作機の段階でM2.5を達成すること、偵察機バージョンではフェルナンドの最速偵察機レッドフェニックスのM3.2を上回ることを目標としている(フェルナンドの航空機はすべて魔法である)。これにより、他国に完全に先行する戦闘機が完成する。アンチマジックフィールドを同時に装備できないため、魔法によるダメージを被ることになるが、それを上回る機動性を持っていると言えよう。

形式番号モデル意味シリアルナンバー最高速全高エンジン説明生産数供用数製造年
MICEW-001レーナック(L)アマツバメAm0065M2.51.1mオプティR01非魔法エンジン+魔法増速型第1号--1,638
レーナック(R)Am0066--
MICEW-001SレーナックS(L)Am0067M3.31.0mオプティR02「レーナック」偵察型--1,639
レーナックS(R)Am0068--

非魔法兵器開発

1,622年、ジアザーによって魔法兵器の解体が行なわれた。これに遺憾の意を示したアザワイズ(現ジアザー2世)は、ジアザーに詰めよったが受け入れられなかった。アザワイズは激怒した。

「見せかけだけの平和が何の役に立ちましょうや。まず必要なのは大陸の統一です。それが叶うならば、私は悪にでもなりましょう。もし我が願いをお聞き入れくださらぬなら、この場で我が命お取りください。願いが達せられるのなら、それまでこの命お預けください。その暁には、これから私が成す罪をまとめて償いましょう。」

アザワイズはヨーンのエルメラン教総本山に入り、7日間の祈りを捧げた。意を決したアザワイズは、まず焼却処分されようとしていた設計書を部下を遣って密かに奪った。また影足組の持ってくる他国の情報を地下組織に流し、巨額の金と戦闘機製造に必要な場所を手に入れた。さらにジアザーが研究させていた非魔法原動力をも兵器の開発に用いた。これによりアザワイズは、ディスペルの影響を受けない兵器を完成させることになる。

ジアザーはこうした息子の動きに気付き阻止しようとするが、アザワイズの計画を知っていたジョン・クレイアーによって止められ、結局見て見ぬふりをする。と、時を同じくしてジアザーに暗殺の手が伸びるが、アザワイズと虹の聖騎士団に助けられる。これはアザワイズの仕組んだ茶番ではないかと囁かれるが、ジアザーはアザワイズの才覚を認めざるをえず、すべてを任せることにする。


虹の聖騎士団

虹の聖騎士団は軍人ではなく、軍事省には所属していない。完全に皇帝直属の集団である。

詳細は虹の聖騎士団を参照。


白色騎士団の変遷

1,612年結成当初(ヘレネス戦役・ドーム戦役・スメル戦役)

AS↑ロビン・クリアンストン大将
1S↑アンドリュー・フェルゼン中将
2S↑トーマス・ウールストンクラフト中将
3S↑アラミス・ブルゴーニュ中将
4S↑アウグスト・ジョージ・ノエル・ラ・モーゼ・ドゥ・マイエル少将
5Sスコット・ウォーラス少将
6Sアレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ少将
7S↑テイラー・グラハム・シュムペーター少将
8Sメルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル少将
9Sジャン・ポール・オリオール少将

1,613年(イルビジア会戦・ジェトール戦役・アイスラント戦役)

Aロビン・クリアンストン上級大将
1Sアンドリュー・フェルゼン大将
2S↑トーマス・ウールストンクラフト中将
3Sアラミス・ブルゴーニュ中将
4アウグスト・ジョージ・ノエル・ラ・モーゼ・ドゥ・マイエル中将
5S↑スコット・ウォーラス少将
6アレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ少将
7Sテイラー・グラハム・シュムペーター中将
8S↑メルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル少将
9ジャン・ポール・オリオール少将

1,614年(ファルクラム会戦・混沌戦争)

AS↑ロビン・クリアンストン上級大将
1S↑アンドリュー・フェルゼン大将
2Sトーマス・ウールストンクラフト大将
3S↑アラミス・ブルゴーニュ中将
4Sアウグスト・ジョージ・ノエル・ラ・モーゼ・ドゥ・マイエル中将
5S↑スコット・ウォーラス中将
6S↑アレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ少将
7Sテイラー・グラハム・シュムペーター中将
8Sメルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル中将
9Sジャン・ポール・オリオール中将
10S↑ローラ・ウィスタンリー少将
11D↑ロバート・バーンスタイン少将

1,615年(ロングッド戦役・シーラン戦争・ロングッド興亡戦争)

ASロビン・クリアンストン元帥
1Sアンドリュー・フェルゼン上級大将
2S↑トーマス・ウールストンクラフト大将
3アラミス・ブルゴーニュ大将
4D↑アウグスト・ジョージ・ノエル・ラ・モーゼ・ドゥ・マイエル中将
5Sスコット・ウォーラス大将
6アレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ中将
7S↑テイラー・グラハム・シュムペーター中将
8メルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル中将
9D↑ジャン・ポール・オリオール中将
10Sローラ・ウィスタンリー中将
11Sグエン・チ・ロウ少将
12S↑レオナルド・マッキィヴァー少将
13リチャード・トインビー少将

1,616年(ゼルアンド戦役・ケルマド戦役)

Aロビン・クリアンストン元帥
1アンドリュー・フェルゼン上級大将
2トーマス・ウールストンクラフト上級大将
3アラミス・ブルゴーニュ大将
4S↑マーク・サーティン少将
5スコット・ウォーラス大将
6アレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ中将
7テイラー・グラハム・シュムペーター大将
8メルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル中将
9Sフランソワ・ニールセン中将
10ローラ・ウィスタンリー中将
11S↑グエン・チ・ロウ少将
12S↑レオナルド・マッキィヴァー少将
13S↑リチャード・トインビー少将
14フランツ・メーリンク少将
15クリュシッポス少将
16ピエール・コンドルセー少将

1,617年(エルドレスの乱)

Aロビン・クリアンストン元帥
1アンドリュー・フェルゼン上級大将
2Rトーマス・ウールストンクラフト上級大将
3アラミス・ブルゴーニュ大将
4マーク・サーティン中将
5スコット・ウォーラス大将
6アレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ中将
7テイラー・グラハム・シュムペーター大将
8メルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル中将
9フランソワ・ニールセン中将
10ローラ・ウィスタンリー中将
11グエン・チ・ロウ中将
12レオナルド・マッキィヴァー中将
13リチャード・トインビー中将
14フランツ・メーリンク少将
15S↑クリュシッポス少将
16ピエール・コンドルセー少将
17S↑モスリ・アル・カシム少将
18トマソ・サガラット少将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ少将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン少将
E1ヘンリー・ロードベルトス中将
E2レオン・ヴォージア・リカードゥ中将

1,618年

Aロビン・クリアンストン元帥
1アンドリュー・フェルゼン上級大将
2ブレストフィアンド少将
3アラミス・ブルゴーニュ大将
4マーク・サーティン中将
5スコット・ウォーラス大将
6アレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ中将
7テイラー・グラハム・シュムペーター大将
8メルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル中将
9フランソワ・ニールセン中将
10ローラ・ウィスタンリー中将
11グエン・チ・ロウ中将
12レオナルド・マッキィヴァー中将
13リチャード・トインビー中将
14フランツ・メーリンク少将
15クリュシッポス中将
16ピエール・コンドルセー少将
17モスリ・アル・カシム中将
18トマソ・サガラット少将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ少将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン少将
E1ヘンリー・ロードベルトス中将
E2レオン・ヴォージア・リカードゥ中将

1,619年

Aロビン・クリアンストン元帥
1アンドリュー・フェルゼン上級大将
2ブレストフィアンド少将
3Rアラミス・ブルゴーニュ大将
4マーク・サーティン中将
5スコット・ウォーラス大将
6アレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ中将
7テイラー・グラハム・シュムペーター大将
8メルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル中将
9フランソワ・ニールセン中将
10ローラ・ウィスタンリー中将
11グエン・チ・ロウ中将
12レオナルド・マッキィヴァー中将
13リチャード・トインビー中将
14フランツ・メーリンク中将
15クリュシッポス中将
16ピエール・コンドルセー少将
17モスリ・アル・カシム中将
18トマソ・サガラット少将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ少将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン少将
E1ヘンリー・ロードベルトス中将
E2レオン・ヴォージア・リカードゥ中将

1,620年

Aロビン・クリアンストン元帥
1アンドリュー・フェルゼン上級大将
2ブレストフィアンド中将
3エンペドクレス少将
4マーク・サーティン中将
5スコット・ウォーラス大将
6アレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ中将
7テイラー・グラハム・シュムペーター大将
8メルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル中将
9フランソワ・ニールセン中将
10ローラ・ウィスタンリー中将
11Rグエン・チ・ロウ中将
12レオナルド・マッキィヴァー中将
13リチャード・トインビー中将
14フランツ・メーリンク中将
15クリュシッポス中将
16ピエール・コンドルセー中将
17モスリ・アル・カシム中将
18トマソ・サガラット中将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ少将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン少将
E1ヘンリー・ロードベルトス中将
E2レオン・ヴォージア・リカードゥ中将

1,621年

Aロビン・クリアンストン元帥
1アンドリュー・フェルゼン上級大将
2ブレストフィアンド中将
3エンペドクレス少将
4マーク・サーティン中将
5スコット・ウォーラス大将
6D↑アレクサンドル・イワノヴィチ・ニコライ・ケレンツキ中将
7テイラー・グラハム・シュムペーター大将
8メルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル中将
9フランソワ・ニールセン中将
10ローラ・ウィスタンリー中将
11ロディ・シャストゥール少将
12レオナルド・マッキィヴァー中将
13リチャード・トインビー中将
14フランツ・メーリンク中将
15クリュシッポス中将
16ピエール・コンドルセー中将
17モスリ・アル・カシム中将
18トマソ・サガラット中将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ少将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン中将
E1ヘンリー・ロードベルトス中将
E2レオン・ヴォージア・リカードゥ中将

1,622年

Aロビン・クリアンストン元帥
1アンドリュー・フェルゼン上級大将
2ブレストフィアンド中将
3エンペドクレス少将
4Rマーク・サーティン中将
5スコット・ウォーラス大将
6ポール・サントール・ドゥ・トロフューユ少将
7テイラー・グラハム・シュムペーター上級大将
8Rメルシェ・ドゥ・ラ・カリスダル大将
9フランソワ・ニールセン中将
10ローラ・ウィスタンリー中将
11ロディ・シャストゥール少将
12レオナルド・マッキィヴァー中将
13リチャード・トインビー中将
14フランツ・メーリンク中将
15クリュシッポス中将
16ピエール・コンドルセー中将
17モスリ・アル・カシム中将
18トマソ・サガラット中将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ少将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン中将
E1ヘンリー・ロードベルトス中将
E2レオン・ヴォージア・リカードゥ中将

1,623年

Aロビン・クリアンストン元帥
1アンドリュー・フェルゼン上級大将
2ブレストフィアンド中将
3Rエンペドクレス中将
4デイヴ・タルトランド少将
5スコット・ウォーラス大将
6ポール・サントール・ドゥ・トロフューユ少将
7Rテイラー・グラハム・シュムペーター上級大将
8アイユール・スノール・セルセラニ少将
9Rフランソワ・ニールセン中将
10ローラ・ウィスタンリー中将
11ロディ・シャストゥール少将
12レオナルド・マッキィヴァー中将
13リチャード・トインビー中将
14フランツ・メーリンク中将
15クリュシッポス中将
16ピエール・コンドルセー中将
17モスリ・アル・カシム中将
18トマソ・サガラット中将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ少将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン中将
E1ヘンリー・ロードベルトス中将
E2レオン・ヴォージア・リカードゥ中将

1,624年

ARロビン・クリアンストン元帥
1アンドリュー・フェルゼン上級大将 → A
2ブレストフィアンド中将
3リアス・メドリアヌス少将
4デイヴ・タルトランド少将
5スコット・ウォーラス大将
6ポール・サントール・ドゥ・トロフューユ中将
7クラムホルト・フォン・ニルスヴァニア少将
8アイユール・スノール・セルセラニ少将
9ジャン・ピエール・オリオール少将
10ローラ・ウィスタンリー大将
11ロディ・シャストゥール少将
12レオナルド・マッキィヴァー中将
13リチャード・トインビー中将
14フランツ・メーリンク中将
15クリュシッポス中将
16ピエール・コンドルセー中将
17モスリ・アル・カシム中将
18トマソ・サガラット中将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ中将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン中将
E1R↑ヘンリー・ロードベルトス中将
E2レオン・ヴォージア・リカードゥ中将

1,625年

Aアンドリュー・フェルゼン元帥
1ジェノヴ・キーンタール中将
2ブレストフィアンド中将
3リアス・メドリアヌス少将
4デイヴ・タルトランド中将
5スコット・ウォーラス大将
6ポール・サントール・ドゥ・トロフューユ中将
7クラムホルト・フォン・ニルスヴァニア少将
8アイユール・スノール・セルセラニ中将
9ジャン・ピエール・オリオール少将
10ローラ・ウィスタンリー大将
11ロディ・シャストゥール中将
12レオナルド・マッキィヴァー中将
13リチャード・トインビー中将
14フランツ・メーリンク中将
15クリュシッポス中将
16ピエール・コンドルセー中将
17モスリ・アル・カシム中将
18トマソ・サガラット中将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ中将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン中将
E1Rウォルター・ドゥ・ラ・クレール中将
E2レオン・ヴォージア・リカードゥ中将

1,626年

Aアンドリュー・フェルゼン元帥
1ジェノヴ・キーンタール大将
2 ブレストフィアンド中将
3リアス・メドリアヌス中将
4デイヴ・タルトランド中将
5スコット・ウォーラス大将
6ポール・サントール・ドゥ・トロフューユ中将
7クラムホルト・フォン・ニルスヴァニア中将
8アイユール・スノール・セルセラニ中将
9ジャン・ピエール・オリオール中将
10ローラ・ウィスタンリー大将
11ロディ・シャストゥール中将
12レオナルド・マッキィヴァー中将
13 リチャード・トインビー中将
14フランツ・メーリンク中将
15クリュシッポス中将
16ピエール・コンドルセー中将
17モスリ・アル・カシム中将
18トマソ・サガラット中将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ中将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン中将
Eレオン・ヴォージア・リカードゥ中将

1,627年(この年のみ、翌年の改編前の記事)

Aアンドリュー・フェルゼン元帥
1Rジェノヴ・キーンタール大将
2Rブレストフィアンド大将
3リアス・メドリアヌス中将
4デイヴ・タルトランド中将 →12
5スコット・ウォーラス大将 → 1
6Rポール・サントール・ドゥ・トロフューユ中将
7クラムホルト・フォン・ニルスヴァニア中将 → 4
8Rアイユール・スノール・セルセラニ中将
9ジャン・ピエール・オリオール中将
10Rローラ・ウィスタンリー大将
11Rロディ・シャストゥール中将
12レオナルド・マッキィヴァー中将 → 6
13Rリチャード・トインビー大将
14フランツ・メーリンク中将 → 8
15クリュシッポス中将
16ピエール・コンドルセー中将 → 5
17モスリ・アル・カシム中将
18トマソ・サガラット中将
19イオシフ・シュガシヴィリ・ガリロヴィチ・ドブロリューボフ中将
20クロード・アドリアン・ディルファーケン中将 →14
Eレオン・ヴォージア・リカードゥ中将 → 9

1,628年(ジアザー前皇帝の改編)

Aアンドリュー・フェルゼン元帥
1スコット・ウォーラス上級大将
2セネガー・ヨークライム大将
3デヴィッド・スタンフォード中将
4クラムホルト・フォン・ニルスヴァニア中将
5ピエール・コンドルセー中将
6レオナルド・マッキィヴァー中将
7ウォルター・コーラス中将
8フランツ・メーリンク中将
9レオン・ヴォージア・リカードゥ中将
10エルベルト・フォン・レッシンク中将
11イワン・オスフルスク中将
12デイヴ・タルトランド中将
13オットー・フレールセン中将
14クロード・アドリアン・ディルファーケン中将

1,629年

Aアンドリュー・フェルゼン元帥
1スコット・ウォーラス上級大将
2セネガー・ヨークライム大将
3デヴィッド・スタンフォード中将
4クラムホルト・フォン・ニルスヴァニア中将
5ピエール・コンドルセー中将
6レオナルド・マッキィヴァー中将
7ウォルター・コーラス中将
8フランツ・メーリンク中将
9レオン・ヴォージア・リカードゥ中将
10エルベルト・フォン・レッシンク中将
11イワン・オスフルスク中将
12デイヴ・タルトランド中将
13オットー・フレールセン中将
14クロード・アドリアン・ディルファーケン中将

白色騎士団の師団長の旗艦

白色騎士団の司令官(あるいは師団長、将軍)への昇進と同時に、専用の艦が与えられる。水上作戦時は1師団50人が全員この艦に乗り込むことになる。これは建国当初の陸海軍兼任の名残であり、1,628年の改変でもそのまま残された。なお、実際に与えられる艦はそれまで艦長として乗艦していたものがほとんどである。以下に現在までの師団長とその旗艦を記す。

クリアンストン元帥オークランド
フェルゼン元帥シャルマーニュ
キーンタール上級大将ローリング
ヨークライム大将オスマルドルフ
ウールストンクラフト上級大将クロマティックドラゴン
ブレストフィアンド中将ザールドルフ
ブルゴーニュ大将ル・モール
メドリアヌス中将パルテナ
マイエル上級大将ミラージュ
タルトランド中将エイシャ
ウォーラス上級大将エンタープライズ
ケレンツキー上級大将デミトロフ
トロフィーユ中将ラ・フォーレ
シュムペーター大将フォーランス
ニルスヴァニア中将ニールラント
カリスダル大将フォーレイル
オリオール大将トリレーユ
ウィスタンリー大将アイザック
ロウ中将サイゴン
シャストゥール中将ウェストファリアン
マッキィヴァー中将トルネード
トインビー中将グラッドヴァーン
メーリンク中将オーリエット
クリュシッポス中将アブダルガヤ
コンドルセー中将エスアリス
カシム中将エル・サワジ
サラガット少将フィルオセロ
ドブロリューボフ少将ナフカ
ディルファーケン中将リューラル
スタンフォード中将ゲイザー
コーラス中将スルーバック
レッシンク中将アルティマ
オスフルスク中将イルクツク
フレールセン中将カイゼルベルク
ロードベルトス大将ハイエロファント
クレール中将サン・ダーム
リカードゥ中将リディーマー